何とかアカヤシオに間に合った 西上州 烏帽子岳~シラケ山

平成29年5月4日(木)

烏帽子岳・シラケ山(南牧村・上野村)
20170504-055.jpg

烏帽子岳駐車場(7:53)-奥の二股(8:45)-烏帽子岳コル(9:07)-烏帽子岳山頂(9:15/9:34)-
烏帽子岳コル(9:39)-マル分岐(9:46)-岩稜ルート分岐(9:51)-<岩稜ルート>-
シラケ山(10:56/11:00)-<巻道ルート>-岩稜ルート分岐(11:30)-マル分岐(11:33)-
マル山頂(11:38/12:25)-奥の二股への降下点(12:31)-奥の二股(12:43)-烏帽子岳駐車場(13:29)

20170504-001-2.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]
※危険マークは当方が危険と感じたところ

GWに入って山の師匠Sさんから
「烏帽子岳でアカヤシオ見頃だって言うから登ろう」と
お誘いを受けた

ただネットを調べると
4月29日の山行でアカヤシオが見頃とあった
「えっ大丈夫かな?」

師匠の家を6時半に出発
一般道を走り続け
1時間15分で到着
ただ・・・・駐車場には当方の車だけ

装備を整えていると
大仁田ダムから単独で登ってきた女性が
追い抜いていった

10分ほどで装備整え出発
20170504-002.jpg

登り始めは沢沿い
20170504-003.jpg

二人して
「ここ岩魚居そうだな」
「居てもおかしくない渓相だね」

しかし魚影は確認できない
居たとしてもこの落差は
さすがの岩魚も遡上できないだろう

沢沿いのルートを登り30分ほどで
最初のロープ場に到着
20170504-004.jpg
3mほどの高さなので
ロープ無しでも登れる

途中見上げると
斜面にアカヤシオが咲いている
20170504-004-2.jpg
「ここで咲いているんだから、山頂はもう終わっているのでは」

ブツブツ言いながら
水無川のがれ場を更に20分ほど登ると
ザレ場の斜面に奥の二股がある
直進するとマルのコルになる
しかしここには道標が無い
注意してみると左側にリボンがある
ここを左折
すると下山時には見える方向に道標が・・
反対側に付いていたほうが良いんだけど
20170504-005.jpg

ここから更にザレ場の傾斜がキツくなる
10分ほどで
多連ロープ場のお出ましだ
20170504-006.jpg
最初のロープをクリアし登り続ける

更に傾斜はキツくなる
足元も滑るので
ロープが無いと登れない
20170504-007-2.jpg

コルが見えてきたが
まだまだロープのお世話にならないと登れない
20170504-008.jpg

最後のロープのお世話になって
20170504-009.jpg

登り始めて1時間15分ほどで
20170504-010.jpg
烏帽子岳のコルに到着

まだアカヤシオは咲いている!!
20170504-011.jpg
散り始めてはいるけれど
充分楽しめる
「良かったね咲いてて」
「嘘にならずに済んだ」

アカヤシオが咲いているのを確認した後
登ってきた道を覗き込む
昨年マルから奥の二股への下りが
ザレ場の急斜面で難儀したため
今回は往路と同じこの烏帽子岳コルから下る計画をしたのだが
「やめよ、ここ下るのは、まだマル側のジグザクザレ場の方がまし」
師匠が提案した
「マル側の下り嫌だって言ったのに」

当初はこのままマルの巻道に向かう予定だったが
復路はここを通らないので
予定変更し
往路で烏帽子岳山頂を目指す

山頂までの標高差は大してないのだが
ザレ場の垂直な急登なので
20170504-012.jpg
ロープのお世話にならないと登れない

3つほどロープのお世話になり

20170504-013.jpg
烏帽子岳登頂
登り始めて1時間20分ほど

すると朝駐車場で追い抜いていった
単独の女性が登頂していた

女性は朝三ツ岩登ってここに来たので
今日はこのまま下山だという

挨拶すませ、まずは
烏帽子岳の神様にお参りする
今日も無事に山に登れたことの感謝を祈る
20170504-014.jpg

山頂からの展望
20170504-015.jpg
以前購入した
スマホカメラへの広角レンズのアタッチメントを装着し撮影

こちらはコンデジでのパノラマ
20170504-p001.jpg

北西に視線を移すと
20170504-016.jpg
白馬から鹿島槍までが見える
(山並みの後ろの白い峰が北アルプス)

この後岩稜ルートの山行が待っているので
山頂での展望をそこそこにコルへ下山
20170504-017.jpg
下りは結構怖い

マルの巻道を通って
20170504-018.jpg

7分ほどでマル分岐
20170504-019.jpg

ここから痩せ尾根を通って
20170504-020.jpg
巻道ルート(横道ルート)と岩稜ルートとの分岐
20170504-021.jpg

昨年は直進したが
今回は左折し下る
20170504-022.jpg

下るとピーク7への取り付き
20170504-023.jpg
しかしピークへの道とそのまま進む踏み跡がある
ピークやったら戻って踏み跡を行くんだなと思った

岩場を登りピーク手前で
「次のピーク目指そう」と降りたら
後ろから来た登山者が
「もうシラケ山から岩稜ルート終わったの?早いね」と言われた
「イエここ降りて次のピーク6目指すんです」というと
「ピーク6はピーク7の先だよ」
「でもそこに踏み跡が」
「こんなの行ったら遭難しちゃうよ」
あやうく迷うところだった

ちゃんとピークまで行っていれば判ったのに

降りてきた岩場を再度登って
20170504-024.jpg
最初のピーク7
左にマルと右に烏帽子岳が見える

ここからだと烏帽子岳の山頂にいる人が見える
20170504-025.jpg

この先あと6つのピークを越え
シラケ山まで進む
20170504-026.jpg

結構アップダウンが続く
「山と高原地図」でシラケ山まで
巻道は25分
岩稜ルートは1時間50分というのが
頷ける

この岩稜ルートは整備されていないので
岩場で踏み外せば100m近く滑落する
20170504-028.jpg

ピーク6を目指し下山
20170504-027.jpg

ピーク6ピーク5と続く
20170504-029.jpg

途中迷ったせいも有るが分岐から
30分でピーク5に到着
20170504-030.jpg

ピーク6と7とその先にマルが見える
20170504-031.jpg

岩稜ルートは登りも下りも
未整備の岩場が立ちはだかる
20170504-032.jpg

ピーク1の手前に道標
真っ直ぐ行けば天狗岩とあるが・・・・?
20170504-033.jpg

まだピーク1をやっていないので
斜面を登る

シラケ山山頂手前で後ろを振り返ると
20170504-034.jpg
ピーク7の向こうに烏帽子岳が見える

岩稜ルート分岐から
1時間5分でシラケ山到着
20170504-035.jpg
山頂は狭く
既に昼食を食べている人もいるので
「下山してマル分岐辺りで昼食にしよう」

シラケ山から下山開始
20170504-036.jpg

降りてくると
昨年巻道から登った分岐だ
20170504-037.jpg

このまま巻道を歩く
シラケ山からだと
緩やかな下りになるので
楽々歩ける
20170504-038.jpg

30分ほどで
岩稜ルート分岐に戻ってきた
20170504-039.jpg

その後痩せ尾根を通って
マル分岐
20170504-040.jpg

ただ目の前にマルの斜面がある
「昼食後いきなり登るのは嫌だから
このままマルの山頂まで行って昼食にしよう」

重い足を引きずり
5分で山頂
20170504-042.jpg
もうヘトヘト

山頂の木々の間から
烏帽子岳山頂で昼食食べている人が見える
20170504-041.jpg

昼食時足を伸ばしてストレッチ
当方だけが大腿四頭筋痛いのかと思いきや
師匠のSさんも痛いという

結構岩稜ルートはヘビーだった

昼食を済ませ
下山開始
5分ほどで
奥の二股への降下点
20170504-043.jpg

覗き込むと急傾斜
20170504-045.jpg
ただ昨年このザレ場を降りているので
経験有るが、心して下山開始

ザレ場の降下は痛い大腿四頭筋に
更なる追い打ちをかける
師匠も踏ん張りきれずザレ場で滑る

何処かで休憩しないと転倒しそうだ
丁度標高的に半分で、沢を渡渉した場所で休憩
流れる清水で顔を洗い
足を伸ばしてストレッチ
10分ほど休憩し下山開始

マルから1時間で登山口に帰還
20170504-046.jpg

当方も師匠もヘトヘト
20170504-047.jpg

いやぁ無事下山できて良かった!!

昨年はシラケ山往復を巻道でやったので
ハイキング気分で
下山時も全くダメージ無かったのが記憶にあり
ちょっと岩稜ルートを甘く見ていた


******************
今回出会った花
20170504-048.jpg
ハシリドコロ(ピンぼけ)

20170504-049.jpg
コガネネコノメソウ

20170504-050.jpg
ニッコウネコノメソウ(お初です)
ネコノメソウに似てるけど何の花か、なかなか判らなかった

20170504-052.jpg
エイザンスミレ

20170504-053.jpg
ワチガイソウ

20170504-054.jpg
ミヤマハコベ
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索