空き缶アルコールストーブの制作 & 100円ショップのパーツで作る五徳

YouTubeでフライフィッシングの動画を探していたら
「アルミ缶 アルコールストーブの自作」というタイトルが見えた

観てみると
ビールの空き缶2本使って細工している
動画を全て観終わったら
「これ俺にも作れそう」

20170226-023.jpg


キッチンを探すと空き缶が2本転がっている

では作業開始

今回制作にあたりs. river sideさんの空き缶アルコールストーブの作り方(1)のページを
参考にさせてもらった

缶ビールの底フランジ部分に穴を空ける
当方は100円ショップで入手した
円形カッターを使用
20170226-001.jpg
これをフランジの中心部に刺して回転させるのだが
刃がなまくらになっているせいか
上手くいかない
何回も何回も回転させ筋を付けた

その筋にカッターのはを刺していく
押し込むという感じだ
20170226-002-2.jpg

深く筋が入っていると
勝手に割れていってくれる

何とか空けられた
20170226-003-2.jpg

この行程が一番時間がかかる

次にジェット孔を空ける
8箇所のポイントを事前にマークし
裁縫で使う目打ちで刺す
20170226-004-2.jpg


事前に目打ちにノギスで3mm径を測り印を付けた
それ以上入れると3mm径より広くなる
8箇所のマーク間それぞれに
更に2個空け24個ジェット孔を空けた
20170226-005-2.jpg


次に本体を30mmの高さで切断する

当方雑誌を積み重ね
カッターの刃だけページに差し込み
曲尺でテーブルから刃までの高さを
調整する
20170226-006.jpg
この刃に空き缶を当て
くるくる空き缶を回していく
何回目かに刃が空き缶に食い込む

食い込んだら刃から離し
筋を指で押していくと
パッカーンと開く
20170226-007.jpg

もう1つの空き缶は穴を空けず
高さ27mmで切り出す

切り残った缶をハサミで切り開き
37mmの帯を作る
帯を丸め(勝手に丸まるが・・)
筒状にする
下図左の底になる部品の
窪みに合わせ
1cmほど余りシロを取り切断
合わせ部分をホッチキスで上・中・下の3箇所留め
筒にする

筒になったら底側を3箇所3mm程度の▲を空け
オリフィス(燃料経路)を作る
20170226-008.jpg

これで3つの部品が完成
20170226-009-2.jpg

筒を底部品に入れ
上部品と底部品をはめ込むのだが
このままだと入らない
20170226-010-2.jpg

そこで
20170226-011.jpg
縁にひだを付ける

これで上部品と底部品を差し込んで完成
差し込み時は無理せず少しずつ差し込む
20170226-012.jpg


燃焼させてみる
20170226-013.jpg
かなりの勢いだが
成功なのか失敗なのか
初めて作ったからよく判らん

2号機も作った
ジェット孔の大きさは2mm径
綺麗な丸にするため、ドリルで空けた

燃焼実験は
・trangia(トランギア) ケトル0.6リットルに300cc水を入れ
 沸騰までの時間を測定
・気温:12℃
・水温:水道水
・風:1m

1号機ジェット孔3mm径
沸騰まで8分

2号機ジェット孔2mm径
沸騰まで10分

何とか5分で沸騰してほしいものだが・・・

何せコンパクトで
ヤカンの中に入ってしまう
20170226-022.jpg
このコンパクトさは捨てがたい

強力なコイル型にも挑戦してみよう

******************

続いて100円ショップのパーツで五徳を作った

今回はYoutubeで
尾上祐一郎さんの「100均(ダイソー)でコンパクト五徳作り」を
参考にさせてもらった


購入したのは
スマートフォンスタンド2個
アルミスリムミラー2個
20170226-014.jpg
このスマホスタンドは
ドーム船ワカサギ釣り用の
リールスタンドでもお世話になった
20151107-011.jpg

今回は完全にパーツを利用
スタンドをバラシ
20170226-015.jpg
一番大きいフレームとボルトを利用

ミラーは
20170226-016.jpg
6角レンチを差し込んで
軸を撤去
1個は簡単にできたのだが
もう1つは上手く行かず
アルミ板をこじって撤去

大きいフレーム2個をボルトで固定
付いていたナットはプラスチックの取手が付いているので
熱に耐えられないので使用できない

そこで5mmナットと5mmワッシャーを用いてフレームを固定
この時ナットが絡む部分に
瞬間接着剤を付けておくと
ナットが緩まない

そしてミラーの蓋部分をフレーム固定し完成
20170226-017.jpg

実際に乗せてみる
20170226-018.jpg
不安定で危険だ

そこで2番めに大きいフレーム2本と
残ったミラー側のアルミ板を採用

ミラーは接着剤で付いているだけなので
優しく剥がすと外れる
20170226-019.jpg

大きいフレームに2番めに大きいフレムを噛ませる
そもそも輪になっているので
少し開き大きいフレームに噛ました後ペンチでカシメる

ミラーから取ったアルミ板は折りたたみ時
干渉しないようハサミで大きさを調整
20170226-020.jpg

四方を囲め4枚の風防もあり完璧
20170226-021.jpg

この五徳
Esbitポケットストーブの風防にも使えそう
20160221-001.jpg


******************
追記

20170226-024.jpg
夜になって炎の撮影が可能になったので
1号機(右側)と2号機(左側)並べて燃焼してみた
風は3mほど有るため
炎が飛ぶが
両方共ジェット孔からのカスに燃焼していた
赤火は見えていなから
ちゃんと燃焼しているようだ

ただ2号機の方が炎が高い
ということは1号機の方が燃焼効率が高いのかな?

それが沸騰時間の差なのか
1号機は3mm径 2号機は2mm径
だったら5mm径だと・・・
挑戦してみるか・・!!
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon