今年はこれが最後の赤谷湖かな?(泣き2束)

平成28年11月11日(土)

赤谷湖(アカムシ、白サシ)

20161112-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

謝罪:ずっと桟橋の位置を誤っておりました。
この図が正しい桟橋の位置です。


まだ鳴沢湖はターンオーバーが起きていなく
底釣りが難しい状況だという

そこでワカサギ釣りの師匠Sさん、職場の先輩KさんOさんと
赤谷湖釣行となった

SさんとOさんは桟橋ロープに係留
20161112-002.jpg

当方とKさんは前回の釣行
僅か2時間で80匹釣った、桟橋の南側ポイントに係留した
20161112-003.jpg
後からFさんが単独でやって来て
前回同様当方達のボートに縦列した

見回すと小出俣山も頂上は前回同様
薄っすら雪を被ってる
20161112-004.jpg
それに周りは紅葉一色
良いときに来た

当方とKさんは読み通り
前回同様に快調にアタリ連発
その旨をSさんに伝えると
当方のボートの前に付けてきた

しかし面白いもので
わづか2m程度離れているだけなのに
SさんとOさんのボートにはアタリが少ない

当方達が係留した場所が
丁度駆け上がりの上部のようだ

10時近くまでアタリが連発し
一束(100匹)を越えた

しかしそこからは魚探に映る群れは小さく
当たっても2投で居なくなってしなう
そんな小さな群れのアタリで釣果を伸ばしていくと

隣のボートのSさんが大声を
どうも掛かったワカサギに50Cmクラスの岩魚が食らいついたようだ
煽るが完全にワカサギを飲み込んでいないのと
小さな1.5号の針ではフッキングできず
岩魚に逃げられてしまった

そんな岩魚騒動で
ワカサギは散ってしまった

しばらくして、ポツポツとアタリが戻ってきた
隣のKさんが叫んだ
「下から岩魚」

Sさんの時とは異なり
掛かったワカサギを喰ったのではなく
餌のサシを岩魚が喰った
Kさんは他の竿を上げている間
当方が仕掛けを持ちゆっくり岩魚の動きに合わせる
途中からKさんに変わり
ゆっくり引っ張らず・・・・
20161112-005.jpg
40Cmの岩魚を手で上げた

産卵後のメスなのか
やたらヤセている

その後岩魚のせいか
アタリは無くなった

2時半で納竿

今回一束(100匹)が目標だったが
数えてみると
20161112-006.jpg
198匹
あと2匹で2束の泣き2束だった

でも目標の一束越えできたので大満足

それと魚探に使ったモバイルバッテリー
20161023-005.jpg
6時から使い始め
14時半に終了しても
残量ランプは3/4で3つ点灯
充分1日使えるシロモノだった
スポンサーサイト

theme : ワカサギ釣
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon