恒例 お泊り釣行 笠科川・片品川

平成28年5月27日~28日(金・土)

***27日***
笠科川(水温:11℃)

師匠と恒例のお泊り釣行

桐生を5時に出発
現地には7時に着けた

下流部には既に2台の先行者の車
我々が目指す津奈木橋上流のポイントには
先行者は居るのだろうか?

実は津奈木橋~水上側は5/27(当日)の10時に
開通予定だったが
今年は雪が少ないので
1周間前の20日に開通していた

現地に到着するが先行者は居ない
装備を整え入渓
20160527-001.jpg
少し霧雨が振っているので
レインウェアを着た

入渓してすぐのポイントで師匠は8寸イワナをゲット

当方は30分ほど釣り上がって初ヒット
20160527-002.jpg
18Cmのイワナだ

釣り上がっていると
川岸の崖に
20160527-003.jpg
シラネアオイが咲いている
2年前尾瀬の山ノ鼻へ下る登山道で出会ったきりだ

その後
20160527-004.jpg
7寸イワナ

20160527-005.jpg
8寸イワナをゲット

退渓ポイントの橋に来ると
これから釣り上がる餌釣り師に遭遇したが
当方たちはここで退渓

下流部に入渓するが
異常に水位が低い

それでも何とか
20160527-006.jpg
16Cmイワナをゲット

ゴルジュを高巻きするが行けど行けどゴルジュが続く
そのうち滝が見えたので
最初の高巻きまで戻り退渓

すると道路脇に
20160527-007.jpg
クリンソウが咲いていた

途中昼食を済ませ
午後はどこに入ろうか?

予定通りに車沢へ入ろうか?

すると師匠が
「片品川本流の学校裏で、尺が出たとネットに有った」
笠科川下流部の高巻きで、結構疲労が溜まった
平地で釣りたいので
片品川本流を目指した

片品川(水温:13℃)
20160527-008.jpg

魚道の落ち込みから
20160527-009.jpg
8寸ヤマメ

更にゴロゴロした石の流れから
20160527-010.jpg
18Cmイワナ

そして
石の間の流れから
フライを追いかけ大口を開けて喰いに来た
しかしタイミングが合わずフッキングしなかった
かなり大きな口だった
針に触れてないから
再び流すと
今度はしっかり喰い付いてきた

引きが激しく、走り、潜る
何とか引き寄せネットイン
20160527-011.jpg
9寸イワナだ

時計は4時近い

退渓しようとするが
護岸で退渓できない
何とか橋の下をよじ登り退渓

何か歩きにくい
そう思ってウェッダーを脱いだ時
靴を見ると
フェルトの上の層が剥げている
それも両足
誤って古い靴を持ってきてしまった

4時に旅館へ到着
20160527-012.jpg
今回も旅館はぎわら

6時の食事まで時間有るので
天然かけ流し温泉
20160527-013.jpg
硫黄アルカリ泉だ
ツルツルして気持ちいい

***28日***

さぁ2日目はどこ入る?

「昨日の片品川の下流をやりたい
先行者居たら車沢にしよう」

下流部に8時前に到着
20160527-014.jpg

靴が剥げているのが心配
何とかもってくれるだろうか?

小さな流れから
20160527-015.jpg
チビッコが出た

しかし流れが緩く
石も小さいのでポイントが無い

直ぐに退渓し
昨日のポイントに入った

昨日釣れなかったポイントは
竿を出さずに進む

師匠は8寸ヤマメ
18Cmイワナを釣った

当方は無反応

昨日の退渓点の先まで釣り上がる
しかし師匠も当方もアタリが無かった

見ると道を下ってきて
橋を渡る先行者を見た

あぁ先行者が居たならアタリ無いのも判る

護岸に唯一有る階段から退渓

戻り道の脇に
20160527-016.jpg
オドリコソウが咲いている
お初です

2日目はチビッコ1匹だったが
今回の釣行満足の行くものだった
スポンサーサイト

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon