妙義山(中道)縦走

平成25年11月30日(土)

妙義山(中道)(富岡市・下仁田町)

妙義神社駐車場(11:18)-妙義神社南口登山口(11:20)-妙義神社(11:25/11:30)-
第一見晴(11:44)-第二見晴(12:05/12:15)-タルワキ沢出合(12:23)-
本読みの僧(12:43)-東屋<四阿>(13:10/13:55)-大砲岩分岐(14:49)-
石門広場<第四石門>(15:00)-第三石門(15:04)-第二石門(15:11/15:22)-
第一石門(15:26)-石門入口(15:37)-中之嶽神社駐車場(15:45)

20131130_myougisan-012

以前から妙義をやってみたいと思っていたが
「危険!」「あぶない!」と言われ
ずっと登らずにいた

先週のBSフジ「山へおいでよ」で群馬出身の元宝塚「彩乃かなみ」さんによる
妙義神社から石門までの縦走が放映された

番組を見ていると危険箇所は出てこない
強いて言えば最後の第二石門の鎖だろうか・・・

危険と言われているのは山頂尾根のことだった

しかし縦走するには下山点から入山点まで戻らなければないないが
この区間に定期バスは走っていない・・・
そこで今回従姉妹夫婦と行くので
車2台で行くことにした
1台は入山点の妙義神社駐車場
もう1台は下山点の中之嶽神社駐車場に置いて
中道(関東ふれあいの道)を縦走することにした

20131130_myougisan-001

妙義神社駐車場に到着したのは11時
紅葉シーズンが終わった直後のためか
駐車場は空いていた
20131130_myougisan-002

駐車場から2分程で妙義神社南口登山口
20131130_myougisan-003

この道は妙義神社に荷揚げ用のコンクリート道路のようだ

途中
20131130_myougisan-004
小紫の綺麗な実

5分程で登山届のある分岐
20131130_myougisan-005

その先には
20131130_myougisan-006
妙義神社が見える

これは安全祈願に参拝さないと
20131130_myougisan-007
今日も山に登れることの感謝と
無事登山できるよう祈願した

今回も
20131130_myougisan-008
登山届を提出して
シュッぱぁ~つ!!

登山道は木漏れ日穏やかな道で始まる
20131130_myougisan-009

しばらくして
20131130_myougisan-010
大の字分岐

その先には
20131130_myougisan-011
第一見晴
今回時間も心配なので
見晴に寄らず先を急ぐ

周りはまだ紅葉が残っている
20131130_myougisan-012

20131130_myougisan-013

途中大黒の滝
20131130_myougisan-014
残念ながら水は落ちて無かった

第一見晴から20分程で第二見晴
20131130_myougisan-015
見晴台にはちょっと鎖が
20131130_myougisan-016

第二見晴からの絶景
20131130_myougisan-017

20131130_myougisan-018

20131130_myougisan-019

第二見晴からどんどん高度を増す
20131130_myougisan-020
こういった鉄梯子が随所に現れる


タルワキ沢の出合
特に道標は無い
木に吊るされた相馬岳への道標
20131130_myougisan-021
それと
20131130_myougisan-022
おの先上級者コースの案内

途中赤い実が成っていた
20131130_myougisan-023
スグリの実のようだ
子供の頃食べた記憶がある

しばらく行くと
岩庇下の道となった
しかし、TVで放映された部分とは違うようだ
20131130_myougisan-024
「山と高原地図」を確認すると
この地点も岩庇下を行くとある

すると本読みの僧はもうまもなく

しかし登山道が所々険しくなったり、緩やかになったり
20131130_myougisan-025

ようやく本読みの僧に到着
20131130_myougisan-026
ここが中道の中間点だ
結構歩いた気がするが・・・

この像、彫ったものではなく自然石だという
確かに俯き真剣に本を読んでいるようだ
ここでも参拝

本読みの僧の周りも紅葉が残っている
20131130_myougisan-027

ここを過ぎると道の険しさが増してくる
20131130_myougisan-028

またもや岩庇下の道も
20131130_myougisan-029

本読みの僧から25分で東屋(四阿)
山ごはんに夢中で写真忘れた

前回はカレーだったので
今回は牛丼・・

すると従姉妹が煮込みうどん作り始めた

山で醤油の汁の匂いは格別に食欲をそそる
カップヌードル目じゃない!!
旨い

東屋から白雲山を望む
20131130_myougisan-030
あんなとこ登れるのかな・・?

登るにはハーネスが必要となる
来年は装備を用意して登ってみたい

東屋を出ると道はアップ・ダウンし
20131130_myougisan-032
ながぁーい鉄橋子を登ると

20131130_myougisan-033
岩庇下の道が出てきた
ややこごまないと頭を打つ
20131130_myougisan-034
従姉妹の夫Sさんは頭打ったようだ^^;

絶壁脇の岩庇下の道はまだ続く
20131130_myougisan-035
ここ柵がなければすごい高度感で怖い・・・

途中上から滲み出る水が凍っていた
寒くなってきたんだなぁ
20131130_myougisan-037

東屋から55分で大砲岩分岐
20131130_myougisan-038
手すりに掴まりながら先へ行ってみると

20131130_myougisan-039
奇岩の絶景と
20131130_myougisan-040
大砲岩

大砲岩まで鎖で登れるが
今回はここまで・・・

見上げると
20131130_myougisan-041
金洞山のピークが・・

右下に第二石門が見える
20131130_myougisan-042

分岐から降りて
見上げると大砲岩
20131130_myougisan-045
この位置からだと大砲だとよく分かる

第四石門の穴の先に
石門広場の東屋が見える
20131130_myougisan-044

石門広場から大砲岩を望む
20131130_myougisan-046

ズームしてみると
20131130_myougisan-047
先ほどすれ違った女の子が
大砲岩から手を振っている

石門広場の先には
第三石門
20131130_myougisan-048
小さいので写真だけ撮影

すると第二石門と石門入口の分岐に出た
混雑時はこちらから第二石門へは行けない
今回全く混雑していないので
第二石門へ

看板に石門群の地図がある
20131130_myougisan-050
地図によると
第二石門へ行くのに鎖場が2箇所
降りる側にも2箇所

従姉妹に「どうする?」
「行くっきゃ無いでしょ(^^)」

まずは
20131130_myougisan-051 20131130_myougisan-052
片手さがりの鎖場
従姉妹も難なくクリア

続いて
20131130_myougisan-053 20131130_myougisan-054
つるべさがり 結構長い鎖
ここは左側の壁沿いの鎖のほうが安定しそう
従姉妹も何とか登ってきた

しかし穴の中で方向転換するのだが
足が溝にハマると難しい
Sさんが
「ここは尻を岩の上に置いて方向転換するんだとTVでやってたぞ」
20131130_myougisan-055
Sさんのアドバイスで
従姉妹も無事方向転換し
大きなお尻をこっちに向けた

続くはカニの横ばい
20131130_myougisan-056
ここは苦労なくクリア

Sさんも続く
20131130_myougisan-057

お転婆な従姉妹はこの鎖場が気に入ったらしく
また来たいと喜んでいた

第二石門を過ぎると
第一石門が見えてきた
20131130_myougisan-059 20131130_myougisan-060
絵になる光景だ

大砲岩の先「天狗の評定」だろうか
人が見える
20131130_myougisan-061
やはりあそこまで登りたい・・・

途中にレリーフが
20131130_myougisan-062
妙義山の奇岩奇峰は「柴垣はるさん」の個人所有地だったが
県に寄贈され、県立妙義公園となったのだそうだ
寄贈してもらったおかげで、楽しく登れる

第一石門直下に来た
見上げると
20131130_myougisan-063
案外薄い岩なんだと驚いた

「カニのこてしらべ」という鎖場が出てこないなと思ったら
20131130_myougisan-064
横にあった

ようやく石門入口へ到着
20131130_myougisan-065

登山口から東には金鶏山に沈み始めた陽がさしている
20131130_myougisan-066

駐車場まで歩いていると
20131130_myougisan-067
寒桜が咲いている
この辺一帯は「さくらの里」
寒桜まであるとは知らなかった・・

登山開始から4時間半
ゴールの中之嶽神社駐車場に到着
20131130_myougisan-068

しかし車もう1台こっちに置いておいて良かった
ここを妙義神社まで道路を下る(一本杉、大人場経由で)と
1時間半かかるようだ

ザックを降ろしていると
更に陽が傾いてきた
見上げると妙義山が紅く燃えてきた
20131130-p1

従姉妹はやはり石門群の鎖場が気に入ったようで
また来たいと言っている
次回はもう妙義神社からの縦走はいいから
この石門群で楽しもうね

さっそく先ほどICI石井スポーツへ行ってきた
定員さんにハーネス、スリング、カラビナについて
色々聞いてきた
ボーナス出たら買おっと^^;



スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon