紅葉を求め鹿俣山

平成25年11月3日(日)

鹿俣山(沼田市)

玉原センターハウス(09:55)-探鳥路登山口(10:00)-ブナ平分岐(10:26)-
ゲレンデ(10:53/11:00)-スキーパーク駐車場分岐(11:59)-
鹿俣山山頂(12:04/12:13)-スキーパーク駐車場分岐(12:17)-
東ルート中間点<昼食>(13:00/14:00)-銅金沢ルート分岐(14:25)-
探鳥路登山口(14:48)-玉原センターハウス(14:55)

従姉妹夫婦とせっかくの連休
山行計画を立てた

2日夜テレビ東京で「土曜スペシャル(軽井沢~赤城山 縦走ふれあい旅)」を
放映していた
浅間隠山、榛名山、赤城山の3山縦走である
ロケ日は10月中旬

標高1400mクラスはもう紅葉は終わりだろう

赤城の黒檜山か地蔵岳~長七郎山縦走も検討したのだが
放映日翌日では混雑するだろうという意見

鹿俣山はどうだろう・・
従姉妹と当方はT君の山デビューで登ったが
従姉妹の夫Sさんは登っていない

玉原センターハウスからブナ平までは
紅葉が期待できるかもしれないし・・・・

ということで
従姉妹夫婦、従姉妹の友人Tさん、当方の4人で鹿俣山へ

途中当方のフライフィッシングのホームグランド
H川上流部を脇目にカーブの続く道を登っていく
この辺りが紅葉真っ盛り
センターハウスから上は紅葉望めないかもしれない・・

今回はセンターハウスから探鳥ルートを登りブナ平へ
そのまま尾根を歩き途中ゲレンデを通過し山頂へ
帰路は東ルートを下山し
銅金沢ルートから戻る
20131103_kanomatayama-001


10時に登山口をスタート
20131103_kanomatayama-002

前回直進してしまった分岐を
今回はちゃんと左折
20131103_kanomatayama-003

ブナ林の中は紅葉は終わり
ブナの落ち葉でいっぱい
20131103_kanomatayama-004

いつもは女子は従姉妹一人だが
今回はTさんと二人
さすが女子二人となるとおしゃべりが始まる
女子たちのおしゃべりで
「熊鈴」が要らないようだった^_^;

途中「銘木 ミズメ」があった
昨年は枝が折れていなかったと思うが・・・
20131103_kanomatayama-005

登山口から25分程でブナ平分岐
20131103_kanomatayama-006

湿原ルートから来たカップルと出会った
今回紅葉も終わりとあって登山者が少ない
分岐を右折しなだらかな尾根を進む

分岐から25分程でゲレンデ
20131103_kanomatayama-007
ここで小休止

ここからの眺望は良い
20131103_kanomatayama-008
南西に榛名山

20131103_kanomatayama-009
西に玉原湖と尼ケ禿山

20131103_kanomatayama-010
北西には谷川岳

ズームすると
20131103_kanomatayama-011


ゲレンデから結構急登となり
急登が終わると尾根道になる
20131103_kanomatayama-012

ゲレンデから1時間程で
20131103_kanomatayama-013
鹿俣山登頂

今回は従姉妹夫婦とTさんもパシャ!!
20131103_kanomatayama-014

山頂南端からの眺望
20131103_kanomatayama-015
西に迦葉山、三峰山、子持山

20131103_kanomatayama-017
南に赤城山

20131103_kanomatayama-016
東に上州武尊が目の前に迫る


山頂は静かだと思いきや
東ルートから団体さんが登ってきた
山頂は狭いため
今回もここでの山ごはんは諦め
下山途中でのゲレンデで食べることにした

ピークを下がると
東ルートへのスキーパーク駐車場分岐となる
20131103_kanomatayama-018

今回はここを左折し東ルートを下る
20131103_kanomatayama-019
急斜面だがジグザクの登山道

しかしゲレンデは見えるのだが
ゲレンデへ曲がる道がない

段々腹も減り焦ってくる

途中「シャクナゲ群生地」があった
20131103_kanomatayama-020
シーズンに来ればシャクナゲのトンネルのようだろう・・・

さらに下山すると
20131103_kanomatayama-021
な・・何だこれ?
サルノコシカケ?
いや・・触ると硬い
20131103_kanomatayama-022


調べたらブナのコブ
木は表皮が傷ついたり、枝が折れたり
虫が木の中に入った時
自身を修復するため「ヤニ」を出しコブになるのだそうだ
珍しいものを見た

下山から45分掛って
やっとゲレンデに出られた
20131103_kanomatayama-023

ブナ平で逢ったカップルもリフト降り場の脇で
山ごはんしてる
当方たちもカップルの反対側で山ごはん
20131103_kanomatayama-024
今回Tさんが「おかず」いっぱい持ってきてくれた
果物、漬物、とんかつ、チーズ等々

さらに従姉妹も「サラダ」等の「おかず」の他に
「ごはん」と「レトルトカレー」も持参し
Tさんのトンカツとレトルトカレーで
「カツカレー」!!!
山でカツカレー最高・・
真夏でなければ・・ジップロックに入れた「ごはん」も傷まないだろうから
次回山行には「おむすび」ではなく
「ごはん」持参し「レトルトカレー」と
コンビニで「カラアゲ」購入すれば
カラアゲカレーができる

いつもは「カップヌードル」と「おむすび」
段々侘びしくなってきた

従姉妹夫婦と登ると
「おかず」がいっぱいで、山ごはんが楽しみなのだ・・^_^;

山ごはんの後は
ゲレンデがなだらかなので
東ルートに戻らず
そのままゲレンデを下山
20131103_kanomatayama-025

ラベンダーパークの下に銅金沢ルートの入り口
20131103_kanomatayama-026

分岐を入ると
20131103_kanomatayama-027

リフトの下には
通路用トンネル(土管だなこれ・・・)
20131103_kanomatayama-028
トンネルをくぐり
樹林帯を進む
20131103_kanomatayama-029

気持ちのよい平坦な樹林帯歩きをしていると
20分程で朝の登山口へゴール
20131103_kanomatayama-030

湿原に行こうか考えたが
時計は3時近かったのでセンターハウスに戻った

沼田ICまでスムーズに車を走らせ
高速に乗った
すると赤城-渋川伊香保間で事故渋滞
5Kmの渋滞を抜けるのに70分かかると表示

止む無く赤城ICで降り
下道で戻った


今回いつもの3人ではなく
4人での山行
人数多いと結構楽しいものだった

それと登山靴AKU
今回も履いていったが
今回はどこも当たらず快適だった
ただ・・・重い・・・

次回は山でカレーを実践する!!!


スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon