マツムシソウを探しに蓼科山

平成25年8月26日(月)

蓼科山(長野県茅野市、立科町)

大河原峠(08:49)-赤谷の分岐(09:52)-将軍平<蓼科山荘>(10:03/10:08)-
蓼科山山頂(10:37/10:49)-将軍平<蓼科山荘>(11:22/11:56)-天祥寺原(12:59)-
亀甲池分岐(13:13)-亀甲池(13:36/13:42)-双子池<雌池>(14:09)-
双子池<雄池>(14:22/14:26)-双子山山頂(15:11/15:15)-大河原峠(15:37)

当初8/24・25で
北アルプス唐松岳~五竜岳の縦走予定だっかが
都合で中止となった

では単独でどこか登ろうかと思ったが
土日とも天候はイマイチ
やっと26日に天気が回復したので
以前から考えていた北八ヶ岳全山制覇にむけ
まずは八ヶ岳連峰最北の蓼科山から挑んだ

6時に自宅を出発
当初女神湖側の7合目登山口を目指した
しかし7合目登山口からだと
ピストンになってしまう
7合目登山口で予定を変更し
夢の平林道をそのまま進み
大河原峠から登ることにした
大河原峠からだとピストンだけでなく
他に2ルートの周回コースが可能となる

20130826_tatesinayama-000

今回
大河原峠-将軍平-蓼科山-将軍平-天祥寺原-亀甲池-双子池-双子山-大河原峠
というコースを考えた
天候等の状況によっては
天祥寺原から亀甲池は行かず、そのまま大河原峠へ戻ることも可能だ

8時半大河原峠に着いた
20130826_tatesinayama-001
平日だというのに既に10台ほど停まっている

北側を望むと
20130826_tatesinayama-002
浅間山・四阿山

さらに北には
20130826_tatesinayama-003
妙高山・黒姫山が望める

今日は良い天気だ頂上の360度の眺望に期待できそう

20130826_tatesinayama-004
蓼科山へは大河原ヒュッテの前を通って行く
この大河原ヒュッテ
2011年にオーナーが亡くなってずっと閉じている
雑誌では息子さんが跡を継ぎ再開するとの記事があった

ヒュッテ前の登山口に行くと
あらら・・・今回の目的にしていた「マツムシソウ」が咲いてる
20130826_matumusisou

それに子供の頃見たことのある
クジャクチョウにまで出会えた
20130826_kujakuchou

蓼科山登らないで、もう帰ろうかな?
目的達成しちゃった

まぁまぁそんなこと言わずに・・と心の声^^;

登山口を入ると
20130826_tatesinayama-005
20130826_tatesinayama-006
笹原を進む

しかし直ぐに
20130826_tatesinayama-007
ガレ場の急登に変わる

この急登も40分ほど登るとなだらかな登山道に変わる
しかし所々ぬかるみがあり滑りやすい

登り始めて1時間ほどで
20130826_tatesinayama-008
佐久市最高地点に到着
前掛山の頂上という道標ではない・・・?

道標を進むと
蓼科山山頂が見えてきた
20130826_tatesinayama-009
この辺も縞枯状態になっている

佐久市最高地点の道標から5分程で
20130826_tatesinayama-010
赤谷の分岐

この辺から蓼科山山頂が更に大きく見える
20130826_tatesinayama-011
ガスもかかってない
これは眺望が期待できそう

分岐から10分程で
20130826_tatesinayama-012
将軍平にある「蓼科山荘」

少休憩して山頂を目指す
100m程で
急登のガレ場
20130826_tatesinayama-013
それも岩がでかい

暫く登ると
20130826_tatesinayama-014
鎖場になる
しかし鎖に頼らなくても登れる

途中振り返ると
20130826_tatesinayama-015
休憩した蓼科山荘が小さく見える
それと前掛山の縞枯状態がはっきり見える

前を行く単独の女性のペースに合わせて登ったら
(スケベ心丸出し^^;)
30分程で
20130826_tatesinayama-016
蓼科山頂ヒュッテ

ヒュッテのすぐ先に
20130826_tatesinayama-017
蓼科山山頂だ

サッカー場が2面くらい入りそうな広い山頂

ふと目を横やると
20130826_tatesinayama-018
蓼科神社奥宮だ

さっそくお参り
今日も山に登れたことに感謝感謝!!

将軍平から見たときはガスが掛かってなかったのに
ガスで眺望は望めないし
濃くなったら危険なので
さっさと下山

蓼科山荘で山ごはん
20130826_tatesinayama-019
手ぬぐい買おうと思ったら
6月に硫黄岳山荘で買ったものと同じなので
諦めた

山ごはん食べ終わって時計を見ると
12時前・・
天気も問題無さそうなので
予定通り天祥寺原へ降りることにした
20130826_tatesinayama-020

降り始めると
20130826_tatesinayama-021
狭い樹林帯の道
石が無くて歩きやすいと思いきや

少し進むと
20130826_tatesinayama-022
石だらけの道に変わった
このガレ場道いつまで続くの・・

石が無くなるどころか
20130826_tatesinayama-023
河原のような状態

安定した石の上を
選びながら歩くので
すげぇ疲れたし
余分に踏ん張るので太ももは痛くなるは
膝まで痛くなった

こんなコース降りるんじゃなかったと、べそをかいたら
20130826_tatesinayama-024
河原の対岸への案内
ここからやっと河原のような登山道とお別れできた

しかしその後は笹原の湿地状態が20分続き
やっと天祥寺原に
20130826_tatesinayama-025

蓼科山を振り返ると
20130826_tatesinayama-026
あれ・・ガスが消えてクッキリしてらぁ
くそぉ~!!

前掛山も
20130826_tatesinayama-027

ここは凄く気持ち良い場所
カラマツが美しい

このまま亀甲池への分岐へ向かう
20130826_tatesinayama-028
石のない笹原を歩けて幸せ
(通常どこにでもある笹原の道だが、先ほどのガレ場道から開放され幸せ)

笹原を20分ほど行くと
20130826_tatesinayama-029
亀甲池分岐

時計は1時ちょっと過ぎ
頭上には少し厚くなった雲もちらほら
どうしようか・・・
当初予定通り亀甲池-双子池方面に決定!!

ここからはやや登りの登山道
ガレ場道でなくホッとした
(本当に蓼科山荘-天祥寺原のガレ場道にはこりた^^;)
20分程登ると
20130826_tatesinayama-030
亀甲池
20130826_tatesinayama-031
静かな池だ

ここから北横岳に行ける

亀甲池の名の由来は
20130826_tatesinayama-032
ご覧のように池の底に亀甲模様が出てる
すげぇ不思議・・・・

亀甲池から双子池に向かうと
樹林帯の急登
20130826_tatesinayama-033

しかし北八ヶ岳名物の苔むした登山道
20130826_tatesinayama-034
神秘的だ
(モノノケ姫を思い出した)

亀甲池から25分で双子池の雌池
20130826_tatesinayama-035
水が凄く綺麗な翡翠色

パノラマで
20130826_tatesinayama-p1

雌池のすぐ隣が

雄池
20130826_tatesinayama-036
こちらも美しい池だ

湖畔に
不動明王と空海の像
20130826_tatesinayama-037
鉄瓶の賽銭箱にお賽銭入れて
お参り
ここまで無事来られてありがとうございます
感謝感謝

湖畔には
双子池ヒュッテ
20130826_tatesinayama-038
ここで水タンクからペットボトルに水を移して小休止
見てたら車が来る
えっここまで車入ってこられるの?

次回北横岳山行のプランニングにこの双子池ヒュッテも使えそう

ヒュッテの横を通って双子山へ登る
登り始めから急登
30分程登ると
樹林帯を出て森林限界に
20130826_tatesinayama-039
目の前に前掛山と奥に蓼科山

広くなだらかな尾根道が続く
20130826_tatesinayama-040
凄く気持ちいい

尾根の道標
20130826_tatesinayama-041

樹林帯を抜け
10分程で山頂
20130826_tatesinayama-042

双子池方面を振り返ると
なだらかな尾根が美しい
20130826_tatesinayama-043

パノラマで
20130826_tatesinayama-p2

山頂を過ぎると下りになる
少し下ると
もう大河原峠が目の前だ
20130826_tatesinayama-044

山頂から20分程で
大河原峠のゴールだ
20130826_tatesinayama-045


今回蓼科山登頂の目的以外に
「マツムシソウ」と「ヤナギラン」を見るけることだった
しかし残念なことに
「ヤナギラン」はもう遅かったようだ

続きは北横岳・・いつ登れるかな・・・^^;


*********************************

今回見つけた花

20130826_matumusisou
マツムシソウ:大河原峠

20130826_gankouran
ガンコウラン(実):蓼科山山頂

20130826_gomana
ゴマナ:大河原峠

20130826_hakusanhuuro
ハクサンフウロ:大河原峠、双子山

20130826_hanaikari
ハナイカリ:亀甲池分岐~亀甲池

20130826_kibananoodamaki
キバナノオダマキ:亀甲池分岐~亀甲池

20130826_kokemomo
コケモモ(実):蓼科山山頂

20130826_miyamaakinokirinsou
ミヤマアキノキリンソウ:全域

20130826_miyamaoguruma
ミヤマオグルマ:亀甲池分岐~亀甲池

20130826_noazami
ノアザミ:大河原峠

20130826_oyamarindou
オヤマリンドウ:大河原峠

20130826_sudayakushu
スダヤクシュ:亀甲池-双子池

20130826_yamahahako
ヤマハハコ:蓼科山山頂

スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト