やっとFlashAirを設定できた + 低山用登山靴を衝動で買い換え

普段山行には

OLYMPUSのXZ-10を携行している
XZ-10

しかし絶景を撮した後、その写真を仲間に送りたい時
スマホを取り出してもう一度撮影し、LINEで送っている

場合によってはタイミングで、その絶景を再び撮せない場合もある

また集合写真をその場でシェアできない

そこで考えたのが
WIFI転送可能な「FlashAir」
20160131-000.jpg
近頃のカメラはWIFI機能内臓だが
残念ながらXZ-10はWIFI機能を内蔵していない
ただ、「FlashAir」対応機種だった

さっそく購入するが
設定が厄介
OLYMPUSの場合
SSIDやPWをカメラで行わなくてはならない

やっとカメラに設定し接続試験
20160131-001.jpg
ワンタイム接続で接続

スマホを立ち上げ
20160131-009.jpg
WIFI接続を確認し

アプリを起動
20160131-004.jpg
(FlashAirとOLYMPUSのOl.shareのどちらも対応)

しかし接続画面にならない
何度やってもダメ

途中で気づいた
20160131-003.jpg
メッセージ(画面を下スライド)に出てくる
このWIFIネットワークにログインを押した
するとブラウザでhyyp://flashair/に繋がった
フォルダーが見え、その中に写真も見えた

しかし説明書にはWIFIネットワークログインをクリックとは
どこにも書いてない

このログイン後
20160131-004.jpg
アプリを起動したら

おぉ見えた見えた
20160131-005.jpg
アプリからだと、そのまま共有でLINEに送れる(モバイルネットワークLTEで)

使っているスマホは SHARP Aquos SH-03G
WIFIネットワークログインを、クリックしなければアプリに繋がらないのは
SH-03Gだけなのかは不明だが
ネットのどこを探しても
WIFIネットワークログインについて、記載されているものが無かった

「FlashAir」の東芝さんだか
カメラのOLYMPUSさんだか
SH-03GのSHARPさんだか
どこかで「WIFIネットワークログイン」をサイトに記載してください。^^;

それとWIFI接続はカメラのバッテリーを非常に消耗する
転送が終わったら即時
20160131-006.jpg
WIFI接続を停止したほうが賢明


**************************

昨日ジャージを買いに「ヒマラヤ高崎店」に行った
お気に入りのメーカーのものが40%引だったため

かみさんから、
「また道凍ると怖いから、スパイク買ってきて」と
頼まれていたので
ジャージを買った後、登山靴売り場へ

お目当てのスパイクは
20160131-010.jpg
3つしか残っていなかったので
慌てて購入

ホッとして登山靴売り場を散策

実は4年前から低山用に使っている
c1-02
CARAVAN C1-02

ソールも固く足にフィットしてお気に入りなのだが
初心者の時、店員さんがあまり登山靴に詳しくない店で
購入したものだから、やや小さい
登りは良いのだが、下山時若干当たる
前々から気になっていて

もう4年穿いたから買い換えようかな・・
(ソールなど全く磨り減っていないのだが・・)

すると
20160131-007.jpg
サロモン コンケストGTX

持ったら軽い
穿いてみたらフィット感が良い
それにGOATEX

更に
20160131-008.jpg
定価17500円が9250円の47%引き

思わず店員さん呼んで
「これください」と口が勝手に喋った

値札の履歴
1:当初定価の17500円
2:その後10%引きの15649円
3:更に37%引きの11019円
4:そして47%引きの9250円

売れ残りと思ったら
店員さん「サイズありますから言ってください」
いっぱい売れ残っていたのかな?
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

般若心経のガーゼタオル

今日かみさんと、娘が東京ドームで開催された
「キルト展」のツアーに行って来た

今回のおみやげが
20160123-001.jpg
ガーゼタオル

ただ般若心経が書かれている

一昨年奥穂高岳から重太郎新道を下るとき
変な感覚を覚えた
先輩は帰宅するなり、娘さんに「誰か連れてきたね」と言われ
塩で清めた

あれから、時折難度の高い山で
変な感覚を覚える

だから・・何か避けるものが欲しかったのだが

20160123-002.jpg
山行時こうして巻けば
護られるし、避けられるって感じがする

次回の山行から使おう

theme : 登山
genre : スポーツ

平成28年 初登山 水沢山 

平成28年1月16日(土)

水沢山(渋川市)

20160116_mizusawayama-005.jpg

駐車場(11:25)-登山口(11:30)-勢至菩薩ベンチ(11:54)-お休み石(12:10/12:15)-
十二神将(13:00/13:05)-水沢山山頂(13:30/14:15)-十二神将(14:40)-
お休み石(15:17)-勢至菩薩ベンチ(15:30)-登山口(15:47)-駐車場(15:55)
20160116_mizusawayama-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]


元旦に榛名富士で、初日の出を拝んだが
登りはロープウェイを使ったので
今回が初登山

従姉妹は脚の調子がイマイチ
当方も前日ボートのワカサギ釣りで股関節に違和感がある

朝従姉妹から
「脚の調子イマイチだけど・・水沢山を登れるとこまで登ろうと思うけど・・」

当方も体動かしたいので
直ぐに合流
従姉妹の夫Sさんと3人での山行となった

スタートが遅かったため
駐車場スタートが11時半になってしまった
それでも登っていく人達が居る

まずは登山口までの林道
20160116_mizusawayama-002.jpg
従姉妹のためにも
速くならないよう
林道からゆっくりペースで歩く

5分で登山口
20160116_mizusawayama-003.jpg

登山口からいきなり急登!!
いつもよりゆっくり登る

時折従姉妹が
脚を気遣いストップ

「何とか登れそうな気がする」
ペースはゆっくりで登る

勢至菩薩ベンチまで普段より時間を掛けて登ってきた
「どう?お休み石まで行ける?」
「行けそう!!」

後ろからの数パーティを先に行かせ
ゆっくり登る

当方も息が上がる事が無い

ベンチから15分でお休み石
20160116_mizusawayama-004.jpg
普段この時期
ヤマガラ、コガラ、シジュウカラ達が
チーチー鳴いているのだが静かだ

「暖かいせいかな?」

石を見ると、クルミを割った跡が
誰か餌を与えているようだ

従姉妹が残っているクルミを、手のひらに乗せると
近くに3羽ヤマガラが寄ってきた

すると
20160116_mizusawayama-005.jpg
手のひらに乗ってクルミを啄んで行った

あぁ今年も手乗り体験できた

5分ほど休憩し
十二神将を目指す
ここからが岩場も有る急登

岩場の危険箇所は
20160116_mizusawayama-006.jpg
階段が作られ
安全に登れる

その先の岩場も
20160116_mizusawayama-007.jpg
補修され安全に登れる

この山はボランティアの方々が
常に補修してくれるので
非常にありがたい
感謝感謝!!

急登がずっと続く
しかし従姉妹も2回ほど立ち止まっただけで
まだまだ登れている

十二神将には45分掛けて登ってきた
20160116_mizusawayama-008.jpg

「なんだかんだ言って登れちゃった!」
普段なら登山口から1時間でこの十二神将にたどり着くが
今回30分余分に掛かっている
でも、当方も息が全くあがっていないし
従姉妹も脚の痛みがないという

あくせくスピード上げて
ゼイゼイ言って疲れて登ってくるより
ゆっくりゆっくり登れば疲れもない

十二神将にお詣りし

「ここまで来たら山頂行くんだろう?」
「当然!!」

気持ちいい尾根道を進む
南の山並みを見ると
富士山が見える

途中「白蛇弁天」にお詣りする
20160116_mizusawayama-009.jpg

後ろを振り返ると
先ほどの十二神将のピーク
20160116_mizusawayama-010.jpg
赤城もクッキリ見えている

登山口から2時間で
20160116_mizusawayama-011.jpg
水沢山山頂

今日も南西に「北岳」「間ノ岳」が顔を見せている

隣の榛名外輪山も
20160116_mizusawayama-012.jpg
クッキリしてる

やっぱ山はいいねぇ・・・!!

さて山ごはんだが
出発時従姉妹が
「今日はうどんの他に、リゾットも用意したから
おにぎり買ってこなくても良かったのに・・」
そう言ったのに
ザックを広げて
「リゾットが無い・・お父さん積まなかったの?」

結局うどんの他に当方が買ってきた
おにぎりとパンを皆で分けて
腹八分目にはなった
その他非常食のクッキーやら
夏を越したチョコレート
最後にミニ羊羹

この羊羹は結構効く
満腹感を感じられた

従姉妹が「お花摘みしたいんだけど、まだ山頂に人が・・」
Sさんおもむろにシートを広げ
「この後ろですれば?」
さすがに従姉妹は断った
しかし、もう2時を過ぎているのに
次々と登ってくる

従姉妹は山頂での「お花摘み」を諦め
下山開始

当方は下山時に膝が痛むのが常
今回は意識して、下山もゆっくりゆっくり降りた

尾根の途中で前方からも後方からも人が来ないので
従姉妹はようやく「お花摘み」できた

十二神将からお休み石までの急登
この下りが一番危険
ゆっくりペースなので当方も従姉妹も
痛みは出ていない

するとSさんが「脚が痙攣してる・・攣りそう」
途中立ち止まってストレッチすると
何とか治まったようだ
Sさんはあまり水飲まないからなぁ
水分不足と登攀の疲労で攣るみたいだ

お休み石を過ぎると
木立の向こうに
「影水沢山」が現れた
20160116_mizusawayama-013.jpg
何か良いね・・

勢至菩薩ベンチで
男性陣が「キジ撃ち」
すると周りには20枚以上のティッシュが
「まったく、自分で使ったティッシュ持ち帰れよな・・」

「お花摘み」「キジ撃ち」も本来マナー違反だが
それに使ったティッシュは雨で溶けないため
いつまでもそこに有る

登山ブームで色々な人が登ってくるが
マナーは守ってほしいな


今回かなりのゆっくりだったため
当方は疲労が全く無い

何か山登りの本当の登り方が判った気がする

theme : 登山
genre : スポーツ

ワカサギ釣りでキャッチ・アンド・リリース

平成28年1月15日(金)

鳴沢湖

20160115-000.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

年末のドーム船以来ワカサギ釣りに行っていない

丹生湖に行こうと思ったが
先週末丹生湖に行った山の師匠Sさんからの情報では
釣果はイマイチらしい

ならば、形は小さいが釣果は期待でき
なおかつ近場の鳴沢湖にした

職場の先輩Mさんと6時過ぎに現地待ち合わせ

ここはボート1槽に二人乗りだと、入漁料含め
1,535円・・安い

管理事務所の釣果ノートを見ると
4番ロープが、出ているみたいだ

20160115-002.jpg
4番ロープと北側の岬から張られたロープのクロス付近に
ボートを係留した

今回は先月ブランクにガイドを付けた穂先の
実釣確認

壱号機には扁平穂先(1号錘 3.75g)
20160115-004.jpg


弐号機にはクサビ形穂先(1.5号錘 5.63g)
20160115-003.jpg

当方の持っている錘が1号までだったので
壱号機は結構曲がっている
1号以下の錘が適していそうだ

釣り始めると
単点ながらワカサギが掛かる
しかし1年魚で小さい
Mさん曰く「爪楊枝だ!!」

3時間程で50を超えた
Mさんは1束近い

1時を過ぎたら風が出てきた
穂先が柔らかいため
風と波で、アタリなのか解り難い

それと乗ったにも関わらず
上げてみるとワカサギが付いていない

時折ビクの上まで持って行くと
暴れて、勝手に外れるワカサギがいる
多分水中でも、同じ状況で外れているんだろう

しかし外れるワカサギを見ると
口いっぱいでサシを咥えている
サシが大きいせいなのだろうか?

確かにサシの体液保持のため
ハサミを頭の部分の入れ
全体の2/3の大きさだ
半分以下まで小さくしたほうが良いのだろうか

後で皆に聞いてみよう

風が収まらないので
2時半で納竿とした
釣果は110匹(1束を超えた)

さてこのワカサギどうしようか
この所皆口が肥えているものだから
「ワカサギいらない?」と聞くと

「いらない」
「淡水魚食べない」
「天ぷらにするのが面倒」等々
貰い手が居ない

当方の家でも、そう毎回ワカサギは食べきれない

「・・・・そうだ!! リリースしよう」

20160115-005.jpg
ビクで腹を上にした死んでしまったワカサギ(10匹程度)は持ち帰り
元気なワカサギ(100匹程度)はリリースした

他の人に捕まらず
2年魚になったらなた遊んでね!!

theme : 釣り
genre : 趣味・実用

初日の出 榛名富士初登山・・?初下山

平成28年1月1日(金)

榛名富士神社(07:42)-下山口(07:46)-ビジターセンタ(08:31)-駐車場(08:34)

昨年初日の出登山を計画したが
暮れに母が亡くなり
中止となった

今年はどうしよう
従姉妹は登りで股関節に痛みが有るという
では登りはロープウェイでいける榛名富士にしよう
20160101_harunahuji-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

ロープウェイ乗り場の駐車場に到着したのは6時過ぎ
既に長蛇の列
チケット買うにも行列
20160101_harunahuji-002.jpg

20分程並んで
ロープウェイに乗れたのが6時35分
20160101_harunahuji-003.jpg
榛名山からの日の出時刻は
6時49分
15分あれば大丈夫だろう

5分程で山頂駅到着
既にテラスは満員状態

当方たちは榛名富士神社を目指す
途中の階段も人でいっぱい

神社には何とか3分前到着

東の空が赤くなってきている
モヤの間から少し太陽が見えている
20160101_harunahuji-004.jpg

日の出時刻から3分遅れて
20160101_harunahuji-005-2.jpg
ご来光!!

山頂で従姉妹夫婦が持ってきた「甘酒」と「ミニカップヌードル」で
暖まり
40分程山頂を楽したんだ後

いつもの
20160101_harunahuji-006.jpg
パワースポットでパワーを貰い

先ほどはゆっくりお詣りできなかったので
もう一度
20160101_harunahuji-007.jpg
榛名富士神社にお詣り

ロープウェイ駅は下山客の長蛇の列
20160101_harunahuji-008.jpg

当方たちは駅横から下山開始
20160101_harunahuji-009.jpg
登山道は霜に覆われている
土も凍っているが
滑る程ではない

従姉妹はやはり股関節に痛みがあるというので
ゆっくり下山
20160101_harunahuji-010.jpg

45分程で下山
20160101_harunahuji-011.jpg
当方も膝が心配だったが
何とかもった・・・

来年も初日の出見たいね!!

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
12 ≪│2016/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon