フライ3P(ピース)ロッドの簡易キャリングケースの自作


入渓点が道から、かなり下る場合や、藪こぎしなくてはならない場合
両手を空けるため
ロッドはフライベストに入れれば良いのだが、
当方のベストは、6P(ピース)位短くないと入らない

普段使っているカンパネラの
6ft11は3Pのためベストに入らない
そのため使うのを諦める事が多かった

そこで
3Pロッドを背負えるケースを自作してしまえ!!

いざ作ろうとするが、手頃な布がない
ふと部屋を見回すと
以前ケースのないロッド用に作った
ロッドケース
20150927-001.jpg
中のロッドは既に後輩に譲ってしまったので
中は空

そこで
中のパイプを抜いいて
20150927-002.jpg

このケースを改造
20150927-003.jpg
ベルトも付けて完成

20150927-004.jpg
こうやって背負えば、運べる
それに畳めば小さくなるので
ベストに仕舞える

来シーズンはこれ使って
3Pロッドを思う存分渓流で使えそう
スポンサーサイト

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

横田エアベイス(FrendShip Festival)

平成27年9月19日(土)

今回旅行会社のツアーで
横田基地フレンドシップフェスティバルに
行ってきた

しかし当日国会では
おりしも安全保障関連法の本会議審議という状況で
なんとも複雑な思いでバスに乗った

今回本物の輸送機が見たかった
軍用機というよりも
双発プロペラ機が好きで
今回C130ハーキュリがお目当て
20150919_yokota-013.jpg

本来は旅客機ファンで
PCゲームMicrosoft Flight Simulatorの長年の愛好者
旅客機も過去のDC-7等の双発プロペラ機がお気に入り


前橋駅を8:10発
当初2時間で福生に到着予定が
11時を過ぎてしまった
下車した公園から10分ほど歩くと

第5ゲートが見えてきた
20150919_yokota-001.jpg
歩道は人で溢れてる

中に入っても荷物チェックの長い列
20150919_yokota-002.jpg

交差点のおまわりさんのアナウンスは
「現在混雑して中に入れません
このまま歩道で暫く待ってください」

そのアナウンスが丁度、当方荷物チェックの直前だった
横田基地のスタッフが
「1時半まで荷物チェックは10人に1人にして」
そう指示が出た

すると流れは早くなった
当方もスルーしようとしたら
スタッフに呼び止められた
白人のイケメン兵士だ

バックの中を見せると
「OK!!」
冷や汗かいた

中は広い
20150919_yokota-003.jpg

基地内は日陰がない
ジリジリと暑い
当方は山用のキャップを持参したが
かみさんと娘は忘れた

するとブースに、つたない「帽子」の文字が目に入った
ブースに入ってみると
FrendShip Festival記念グッズの帽子、Tシャツ、タンブラー
かみさんと娘はキャップ(1600円)とTシャツ(2000円)購入
白人の可愛い女の子が売っていたので
当方も誘われてTシャツ購入
20150919_yokota-003-1.jpg

時計は12時近い
とりあえずお昼食べよう
テントは兵士の模擬店と、日本の業者
ならば模擬店の方が面白そう
20150919_yokota-004.jpg
ちゃんとパティを網で焼いている

ハンバーガ+ボテトフライ+ドリンクで1000円

「ドレニシマス?」
片言の日本語でオーダーを聞いてくる
「Bセット、スリーね」
変な英語で注文
すると2300円という
「スリーセット」と指3本出したら
納得して3000円

2300円はセット2つとドリンクのみと思ったらしい

そのセットがこれ
20150919_yokota-005.jpg
まぁ文化祭の模擬店と同じ・・・と思ったら
ハンバーガーのパティ(肉)が違う
食べ慣れたマックなどとは、比べ物にならない程旨い
肉の味がしっかりしてる
「あぁこういうのが本物なのね」
普段騙されていたことが判った^^;

昼食済ませ
航空機の展示スペースへ

しかし・・遠い・・遠い

最初は尾翼も見えなかったが
200mほど歩いたら
20150919_yokota-005-2.jpg
ようやく見えてきた

まずはお目当てのC130ハーキュリ
20150919_yokota-006.jpg
記念写真をパチリ

続いて
20150919_yokota-007.jpg
HH-60G

20150919_yokota-008.jpg
こちらは自衛隊のUH-60JA
(先日の常総市の救助のニュースに映ってたような・・・)

20150919_yokota-009.jpg
C-17A グローブマスター輸送機

20150919_yokota-010.jpg
KC-135 ストラトタンカー空中給油機

20150919_yokota-011.jpg
P-8Aポセイドン海上偵察機(ボーイング737-800がベース)

20150919_yokota-012.jpg
日差しが暑く歩き疲れたので
C-17Aの巨大な翼の日陰で休憩

するとアナウンスが
「C130H 2機が編隊を組んで離陸し
滑走路上空でパラシュート降下を行います」
20150919_yokota-013_2015092021321951e.jpg
2機が離陸し

暫くすると
20150919_yokota-014.jpg
おぉパラシュート降下が始まった

20150919_yokota-015.jpg
旋回し着陸してきた

航空ショーも済んだので
再び展示航空機の見学
20150919_yokota-016.jpg
EA-6プラウラー

20150919_yokota-017.jpg
暑いので再びEA-6の翼の日陰で休憩

20150919_yokota-018.jpg
E-3セントリー早期警戒管制機

20150919_yokota-019.jpg
自衛隊のKC-767空中給油機(ボーイング767がベース)

20150919_yokota-020.jpg
MV-22オスプレー(何故かこの機体にだけ、日本のお巡りさんが警備してる・・意味判るが・・)

20150919_yokota-021.jpg
F-15C イーグル

20150919_yokota-022.jpg
自衛隊T-4 中等練習機
すると上空に米軍ヘリコプターが・・・

20150919_yokota-023.jpg
どうもFestivalを撮影しているようだ

20150919_yokota-024.jpg
A-10A サンダーボルト

20150919_yokota-025.jpg
自衛隊F-2B 支援戦闘機

20150919_yokota-026.jpg
自衛隊RF-4 ファントムII 偵察機

20150919_yokota-027.jpg
F-16ファイティングファルコン

20150919_yokota-028.jpg
自衛隊YS-11(民間航空会社では全て廃止となったが、まだまだ残っている)

20150919_yokota-029.jpg
エアロスバル

20150919_yokota-030.jpg
セスナT-41A

米軍機は偵察機や戦闘機以外は中やコックピットを公開していた
(自衛隊機は公開してなかった)
しかし長蛇の列で見られなかったので
次回は中やコックピットを見たいなぁ

戦争は反対だけど、航空機ファンには
機体に触れて嬉しいイベントだった

恒例 お泊り釣行 笠科川

平成25年9月16日(水)

今回恒例のお泊り釣行を
前回と同じく笠科川にした

一週間前の大雨
一週間経てば源流部だから、水は引いているだろう
そう思い早朝笠科川を目指した

津奈木橋から坤六峠に向かい
目的のポイントに到着したが
既に先行者

止む無く小赤沢合流部の下流へ入渓
20150916_kasashina-001.jpg

しかし増水気味でポイントが潰れている
大雨から一週間経つのに・・・・

流れでは出ないので
巻き返しやプールを攻める

小さなポイントの岩の下から
20150916_kasashina-002.jpg
18Cmのイワナ

何とかゲット出来た

続いて増水でできた流れで反応が
再び流すとやはり18Cmクラスのイワナ
しかし、取り込み時にバレてしまった・・・

ゴルジュを巻いて釣り上がったら
目の前に
20150916_kasashina-003.jpg
ダイモンジソウが咲いている
それも群落になって
いやぁ釣果はイマイチだが
この花に出会えて満足

魚の方は反応が薄いので退渓し
更に下流を目指す

しかし入ろうと思ったポイントには
先行者が

更に下流の本流っぽい渓相を始めたが
二人共全く反応無し

何とか退渓できそうな場所から退渓

昼食後
車沢へ移動

やはりここも増水でポイントが潰れている
1時間ほど釣り上がるが二人共全く反応無し
退渓ポイント直前の小さなポイントに流すと
出た!!

しかしフッキングが甘くバレた
20Cm越えの良型だった

この川も水位が安定している時に
もう一度入ってみたい川だ

戸倉に戻り
今日のお宿
20150916_kasashina-004.jpg
旅館はぎわらに到着

天然かけ流しの温泉

さっそく入ってみる
アルカリ性硫黄泉で肌がツルツル
ポカポカ温まり疲れも取れる

食事も十分満足するもの
それで6500円
また良い宿を見つけた

疲れたので20時には就寝

朝目覚めると
戸を叩く雨音
外を見るとザァザァ振り
朝食を食べ
20150916_kasashina-005.jpg
諦めて早々に帰宅した

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

久々に県内の山・相馬山

平成27年9月12日(土)

相馬山(高崎市)

ヤセオネ峠駐車場(10:35)-鳥居(10:53)-相馬山頂(11:21/12:10)-鳥居(12:46)-
ヤセオネ峠駐車場(13:06)

20150912_soumasan-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]
※危険マークは当方が危険と感じた場所

奥穂高縦走、重太郎新道の下りで左足を痛めた
時間経過で痛みは和らいだが
太もも、膝の裏に突っ張り感が残った

マッサージ等行ったが効果が出ない

安静にしていたが、やはり変化はない
動いた方が良いのかな?

ならば、山登ってこよう
ただ、下りがキツイ山は避け
赤城山の鍋割山を姫百合駐車場から登ろうとした

自宅からは赤城山も榛名山も見えない
以前は両山とも見えていたのだが
家が密集してきて見えなくなった

朝コンビニの駐車場で
赤城山方向を仰ぐと
あらぁ赤城山が無い
スッポリと雲に覆われている
片や榛名山はクッキリと姿を見せている

榛名山方面に予定変更

相馬原駐屯地から上に登り
伊香保森林公園へ

二ツ岳やろうか・・
でも今年2回も登ってるし
・・そうだ相馬山は今年登ってないな

通常は松之沢峠のサッカーグランド駐車場から
スルス岩経由で登るが
脚に不安が有るので
行程の短いヤセオネ峠駐車場からピストンにした

時期外れなのか車が少ない
20150912_soumasan-002.jpg

道路を渡り
大鳥居から入山
20150912_soumasan-003.jpg

大鳥居をくぐると
鳥居が連なっている
20150912_soumasan-004.jpg
この緩やかな登山道を
駐車場から20分で
鳥居に到着
20150912_soumasan-005.jpg
昨年はここに「梯子崩壊のため登山禁止」とあったが
注意書きは何もない

鳥居をくぐると昨年は迂回路の表示があったが
それも無い
20150912_soumasan-006.jpg
この岩だらけの急斜面を登る

数十mで梯子
20150912_soumasan-007.jpg
おぉ補修されている

途中伊香保森林公園の管理事務所で
この梯子崩壊の状況を聞くと
「あそこは高崎市になっちゃって、管轄外なんです
申し入れはしてあるが、その後どうだか・・」

ちゃんと直してありましたよ・・

2段目の梯子は
壊れた形跡は無い
20150912_soumasan-008.jpg

梯子の傍に見慣れぬ花
20150912_soumasan-fl004.jpg
高山植物の「クロトウヒレン」に似ているが
花は1つだ

二つ目の梯子を登り終えると
迂回路の合流点があった
リボンもあるので、迂回路も現役ルートになったようだ

二つ目の梯子から急登を登り
20分ほどで最後の鳥居が見えてきた
20150912_soumasan-009.jpg

この鳥居のすぐ先が
20150912_soumasan-010.jpg
山頂の黒髪山神社社殿
(プレハブですが・・・)

駐車場から45分で
山頂到着
20150912_soumasan-012.jpg

まずは黒髪山神社に参拝
20150912_soumasan-011.jpg
無事登ってこられたことに感謝

お参りを済ますと
先行者の方が下山
当方一人になった

じゃぁまったりと昼食
20150912_soumasan-017.jpg
今回はレーズン食パン、マカロニサラダ、トマトスープ

もちろん食パンは
20150912_soumasan-018.jpg
焼き網でトーストに
この焼き網ダイソーで100円
かなり重宝している

トーストした食パンにバターを塗り
マカロニサラダを挟んで食べた
「うぅぅぅむ旨い!!」

そんなことしてたらガスが巻いてきた
こりゃぁ下山時は慎重に降りないと・・
と思ったらすぐに晴れた
下界の高崎市が見える
20150912_soumasan-013.jpg

食後はコーヒーを入れまったり
いやぁこのまったりの時間が最高
これしたくて登って来ようなものだ

山頂で50分まったりし
下山開始

途中2つ目の梯子手前を左に下ると迂回路
20150912_soumasan-014.jpg
どうしようか・・
脚のこと考えると
ザレ場の迂回路より梯子のほうが安心だ

ということで
20150912_soumasan-015.jpg
二つ目の梯子

さらに一つ目の梯子
20150912_soumasan-016.jpg
上から見ると結構度胸がいる
奥穂高の重太郎新道にある長梯子と、同じくらいあるんじゃないかな?

途中花の撮影しながら降りてきたものだから
登りより下りの方が時間掛かった^^;

突っ張っていた左足も痛みなく降りられた
そして突っ張り感も少し治まった気がする

やはり安静ではなく、筋肉動かさないとダメだな

******************
今回出会った花

20150912_soumasan-fl001.jpg
カメバヒキオコシ

20150912_soumasan-fl002.jpg
カラマツソウ

20150912_soumasan-fl003.jpg
ヤマトリカブト

20150912_soumasan-fl004.jpg
コウヤボウキ(お初です)

20150912_soumasan-fl005.jpg
イナカギク

20150912_soumasan-fl006.jpg
アキノキリンソウ

20150912_soumasan-fl007.jpg
ホウチャクソウの実

20150912_soumasan-fl008.jpg
タムラソウ

20150912_soumasan-fl009.jpg
ゲンノショウコ

20150912_soumasan-fl010.jpg
ホタルブクロ

20150912_soumasan-fl011.jpg
ワレモコウ

20150912_soumasan-fl012.jpg
シモツケソウ

20150912_soumasan-fl013.jpg
調査中

20150912_soumasan-fl014.jpg
ヤマアジサイ

20150912_soumasan-fl015.jpg
キノコ(名前不明)これ食べられるのかな?・・旨そうだけど

20150912_soumasan-fl016.jpg
トネアザミ(お初です)

20150912_soumasan-fl017.jpg
ホツツジ

20150912_soumasan-fl018.jpg
調査中

20150912_soumasan-fl019.jpg
サラシナショウマ

20150912_soumasan-fl020.jpg
ナナカマドの実

theme : 登山
genre : スポーツ

ビトンのビジネス手帳を、スマホ手帳型ケースに変身

2年間使っていたAQUOS ZETA SH-06Eの
電池がそろそろヘタリ始めた

24回払いも終了したので
今回AQUOS ZETA SH-03Gに買い替えた
20150906-000.jpg

すると今まで使っていた
自作の革フォルダに入らなかった

そこでケースの改造を考えたが
新しい形にもトライしてみようと
手帳型ケースを作ることにした

さて材料だが・・
数年前まで使っていたビトンのビジネス手帳
20150906-001.jpg
捨てるのももったいなく
職場の机の中に眠っていた

この革を使おう

この他に
ネットで購入したハードケース(599円)
20150906-002.jpg

内張り用にダイソーで購入した「貼れる布」(100円)
20150906-003.jpg
裏がテープになっていて
剥離シートは方眼紙状になっており、裁断しやすい

ビジネス手帳をバラさねば
まずはリング金物を外す
20150906-004.jpg
右側のカバー金物はドライバーでこじると
簡単に外れた
リング部分も同様にドライバーでこじれば
簡単に外れる

最後の土台はストッパーを曲げ
スライドさせれば外れる

リング金物を外したものを
20150906-005-1.jpg
カッターでバラバラに

白いものは芯
これもカットして採用する

カードポケットは使わないが
一番下のロゴの入った部分は採用

ホック部分も採用

まずは型紙を作成
20150906-006.jpg
縦はハードケース+上下2mmの余白
横も同様に計算
型紙にハードケースを当て
くり抜く部分を鉛筆でマーキングし、くり抜く

裁断した革に型紙を基に、くり抜き部分をマーキング
20150906-007.jpg
円部分はダイソーで以前購入した
コンパス式カッターでくり抜く
(これって結構重宝する)

くり抜いた革に
白い芯を型紙より上下左右5mmほど小さくカットし
両面テープで固定
(芯はポケット側のみ)

採用したホック部分の長さを調整し
両面テープで固定

次に型紙と同サイズの内張りを
「貼れる布」から裁断し
芯とホック部分を張った革に貼り付ける

内張りにロゴの付いた革を仮止めし
周囲をミシンがけ
20150906-009-1.jpg
更にストラップ用の穴をポンチで空け
ハトメ金具を付ける

最後にハードケースを両面テープで
内張りの上に付けて完了

20150906-008.jpg
カシメ穴の下の四角い穴は
閉じた状態で充電できるよう空けた

ポケット側の上下の切れ込みは
閉じたまま通話ができるようにした

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
08 ≪│2015/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon