遂に自作アンドロイドアプリが完成

平成27年2月28日(土)

当方が山に登る時
登山口で「山旅ロガー」のスイッチを入れ
PROTRECKに登山口の標高をセットする。

ところが群馬県内の低山では
登山口に標高の表記が無く
「山と高原地図」にも記載が無い

困った・・メモを作ろうか
せっかくスマホを持ち歩いているのだから
独自に登山口情報の
検索用Webページを作ろうか・・
しかし、電波が届かない所ではWebページの検索は不可能

そこで、「何とかアプリを自作できないものだろうか?」
さっそく書店で「アンドロイドアプリ開発の入門編」を購入
初歩的な表示アプリを勉強して
何となくプログラムの構造が判り始めた

しかし作成データが大きいからデータベースにする必要がある
ネットをググルと「SQLite」なるものを活用すると良いらしい
SQL・・これって普段仕事で使ってるな
構文は、判る
じゃぁどうやってPCで作成したデータベースを読み込ませるの?

ネットでサンプルプログラムを探し続け
ようやく形になってきた

中身は登山口の情報の他に
山渓1月号の付録「山の便利帳」から山小屋情報も入れたい
バス、タクシー、ロープウェイなどの料金や
始発時間も入れたい

ではどうやってデータベースにする?
SQLite用に「SqliteBrowser」というツールが出てる
これを使うとCSVデータを取り込んでテーブルにできる

EXCELを使ってデータを作り
CSV形式で保存
さっそくSqliteBrowserでインポート・・
しかし・・文字化けしてる
このSqliteBrowserはUTF-8の文字コードでないと
読み込めない

さてどうする・・
作成したCSVデータをメモ帳で開き
名前を付けて保存で、文字コードをUTF-8を選択して保存
見事に読み込めた・・・

そして・・画面に自分で写した槍ヶ岳の写真を差し込み
20150228-001.jpg
ようやく完成

アプリの名前は
「山の便利帳」をヒントに
そもそもメモを作りたかったから
「山の手帳」にした

群馬県内で登山対象の山は100ほどある
一気に全部表示したのでは探しにくい
そこで群馬北部、群馬中部、群馬南部の3地域に分割
さらに、昨年表銀座縦走した時
山小屋の電話番号探すのに地図引っ張りだして
苦労したので
北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳
それと日本アルプス以外の長野の山を収録した

山域を選択した次のページで
山を指定する
20150228-002.jpg

するとその山の情報が表示される
20150228-003.jpg

長文の場合途中で改行されてしまうのだが
どうも機種にもよるみたいだが・・原因を調査しないと

完成間近だと山の師匠Sさんに話すと
「奥多摩・秩父も作ってクレイ・・それと新潟も・・」
えぇぇやっとデータ作り上げたのにぃ
でも当方もその山域これから使いそうだな
頑張って作ろう・・・
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

2ヶ月ぶり本年初登山(水沢山)+カモシカ遭遇

平成27年2月21日(土)

水沢山(渋川市)

20150222_mizusawayama-008.jpg

駐車場(10:36)-登山口(10:41)-勢至観音ベンチ(11:01/11:06)-お休み石(11:20/11:28)-
十二神将(12:05/12:11)-水沢山山頂(12:32/12:44)-尾根昼食(12:51/13:34)-十二神将(13:46)-
お休み石(14:15/14:19)-勢至観音ベンチ(14:30/14:35)-登山口(14:49)-駐車場(14:54)

20150222_mizusawayama-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

母が暮れに逝ってから
四十九日の忌中の間は
大好きな山も控えていた

やっと忌中が開けたので
従姉妹に「どっか山連れてってくれぃ」と頼んだ

2日前にも山は白く化粧していたが
水沢山なら大丈夫だろうと向かった

駐車場は登山者の車であふれている

当方このところ右膝に痛みを感じていた
大丈夫かな・・・・

登山口までの林道は日陰で
いつも凍っている
20150222_mizusawayama-002.jpg
しかし全く雪もない

5分で
20150222_mizusawayama-003.jpg
登山口到着

さぁここからいきなり急登が始まる
思いの外、膝は大丈夫だ
上りのせいかな・・・

従姉妹もやや不調とみえて
途中水飲み休憩
先日購入した
ペットボトルフォルダをウェストベルトに装着
これが至極良い
正解だった

20分で勢至観音ベンチに到着
20150222_mizusawayama-004.jpg
ベンチで5分休憩し
お休み石目指して出発

2ヶ月ぶりというのに呼吸は乱れていない
ゆっくりペースで登っていく

15分程でお休み石
20150222_mizusawayama-005.jpg
従姉妹がさっそくナッツを取り出し
砕いた
当方は手に乗せてカラ達が来るのを待ったが
なかなか近づいてこない

休憩後手のひらのナッツを石の上に乗せるやいなや
20150222_mizusawayama-006.jpg
ヤマガラとゴジュウカラがさっそくやって来て
ナッツを啄んでいる

お休み石から十二神将までが
最も急登
15分ほどヒィヒィ言いながら登って行くと
「何か黒いものが居る」
「カモシカだぁ」従姉妹の夫Sさんが叫んだ

確かに藪の中に黒いものが、うごめいている
少し登って同じ高さまで行くと
20150222_mizusawayama-007.jpg
確かにカモシカだ
顔中真っ白なヒゲに覆われいる
カメラで写していると
そのうち移動し始めたが
何か気になるのか
振り返って
20150222_mizusawayama-008.jpg
こちらをジィっと見ている
お袋が乗り移っているのかな?
ちょっと感じが似ている^^;

そのうちこちらに
プリプリのお尻を向けて
斜面を降りていった

5分ほどカモシカ撮影会を楽しんだので
出発
最後の急登を越えると
20150222_mizusawayama-009.jpg
十二神将に到着

ここに来たかったんだよ
20150222_mizusawayama-010.jpg
十二神将にお詣り

この十二神将の尾根は何故か癒される
お詣りしていると
体がポカポカ暖かくなる
エネルギーを貰っている感じだ

尾根からは赤城山の不思議な光景
中腹が雲に覆われ
山頂部だけが雲から顔を出している
20150222_mizusawayama-011.jpg

十二神将をあとに
山頂を目指す

途中白蛇弁天の祠にお詣り
20150222_mizusawayama-012.jpg
ここでもお詣りすると
体がポカポカ温かい・・不思議だ
この祠から十二神将の尾根を望む
ここも当方は大好きな光景だ
20150222_mizusawayama-013.jpg

登り始めて2時間で水沢山山頂到着
20150222_mizusawayama-014.jpg
久々の山頂気持ちが良い

北部谷川連峰も雲ひとつ無く
白く輝いている
20150222_mizusawayama-018.jpg
パノラマで
20150222_mizusawayama-p01.jpg

山頂は混んでいたので
十二神将尾根で昼食にした
20150222_mizusawayama-016.jpg
今回は煮込みソバ
これに
20141130_eboshidake-009.jpg
マルちゃんのエビてんぷら
うぅぅむ絶品

従姉妹がトマトソース仕立てのリゾットを作ってきた
温めて食べると・・うぅぅむこれも絶品
山で食べるご飯は何て旨いんだろう・・

食後下山開始
十二神将を15分程下ったところで
Sさんが
「さっきのカモシカだ」
20150222_mizusawayama-017.jpg
藪の中で白い顔がこちらを見つめている

二度もカモシカに会えるなんてラッキー!!

しかし・・ここから地獄が始まった
左膝外側が痛い・・すると内側も
不安のあった右膝をかばったせいか・・

徐々に右膝も痛み出す

止む無くお休み石で休憩

歩き出すが痛みは引いたように感じる
しかし下り階段を折り始めると
痛みが復活

勢至観音ベンチでも休憩を入れ
1時間半かけて降りてきた
駐車場付近の平坦地に着くと
痛みは消える

2ヶ月山どころか何もトレーニングしていなかったから
筋肉が完全に落ちている
内転筋や大腿四頭筋を筋トレしないとダメだな^^;

*************************

2ヶ月ぶりの山行
やはり山は最高だよ

theme : 登山
genre : スポーツ

解禁間近 久々にフライを巻いた

平成27年2月15日(日)

渓流解禁まであと半月

久々にフライを巻いた

昨シーズンの春先に
師匠が爆釣していたイエローサリーを巻いた

20150215-001.jpg

ボディはクリームイエロ
ウィングを先日購入したイエローのエルクヘア
ちょっとテイルが長い・・・
このところ近いものが
かなり見辛い・・老眼進んだなぁ

淡色系のパラシュートも巻いてみた
20150215-002.jpg
ボディはクリームイエロー
ハックルはライトジンジャー

こちらのハックルは
グリズリを自分でイエロに染めたもの
20150215-003.jpg


3つともテール・・ながぁ

老眼鏡買い換えないと・・・・・

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

先日のポシェットをウェッダーに装着

平成27年2月10日(火)

一昨日改造したMAMMUTのポシェット
釣りの師匠にブログ見せたら
「これウェッダーに付けたら便利だよね」と
言われた
確かに、フィッシングベストに色々積み込むと
重くなって釣り上げっている最中に
肩が凝ってくる

ではでは・・

さっそく手芸店に赴き
D管を購入しようとしたら
D管は30mmまでしかなかった
みると角管がある
20150210-001.jpg
これならD管より長さを短くできる

実際にウェッダーに装着
20150210-002.jpg
ウェッダーはチェストハイだから
丁度胸元にポシェットがくる感じだ

**************************

昨シーズンの春先に
師匠と足尾の沢に入った時
師匠は爆釣していたのに
当方は反応すら無かった
見ると、師匠はイエローサリーを使っていた

当方はイエローサリーは無いが
フライボックスを探すと
黄色系はライトケイヒルが有ったので
使ってみると反応が出てきた

そこで今シーズンはイエローサリーを巻かなくては・・

ということで
20150210-003.jpg
イエローのエルクヘアを購入

本来イエローサリーのウィングはCDCらしいが
釣り上がりを考えると
丈夫な方が良い
これでイエローサリーを巻いてみよう(~_~;)

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

新しいザック

平成27年2月8日(日)

今日は当方の誕生日
5●歳になった
あぁぁじじぃだ

先日ヒマラヤ高崎店がフロア拡大に伴う
閉店セールをやっていた(20%OFF)

普段使っている30リットルのMILLETも結構使ったし
色が真っ赤なのもオシャレじゃないので
買い換えようと思った
当初 カリマー・リッジ・30リットルを求めて行ったら
TYPE1(For Women) しかなかった
店員に聞いても「すみませんTYPE2は無いんです」

ふと隣を見ると憧れのMAMMUTが
それも最後の1個
カリマーとほぼ同額(カリマーの方が500円高い)
ここでは扱ってないと思っていたので
ラッキーぃぃぃぃ

20150208-001.jpg

MAMMUT HERON CREST 30

さらにこのザックは30+10
家に戻って確認したら
天蓋がスライドし40リットルになる
驚いた・・・
それに背面長も調整可能な優れもの

このザックと同ブランドの
MAMMUTのポシェットを昨年購入
20140429-001
ストラップ部分を改造したいと思っていた

近くの手芸店から
25mmバックル(123円)と100均で25mmカバンテープを購入し
改造した
20150208-003.jpg
山小屋で動き回る時には
長いストラップもつけられるよう
元々のバックルを外し
今回購入したバックルに付け替えた

ザックへの装着は
20150208-004.jpg
こんな感じ

アップで
20150208-005.jpg

今までのMILLETはサイドポケットが斜めになっていて
歩きながらでもサイドポケットのペットボトルを取出しできたが
MAMMUTは斜めではなく
ザックを降ろさないとサイドポケットのペットボトルを
取り出せない

そこで
20150208-002.jpg
店頭でもネットでも品切れの
ボトルフォルダを何とか購入

ウェストベルトに装着
20150208-006.jpg

これなら歩きながら取り出せるし
邪魔にもならない

あと8日で忌中開け
21日でも今年初登山してこようか・・・・

*********************************
山渓1月号付録の「山の便利帳」
雑誌を購入し
更にネットからPDF版もダウンロードし
スマホに入れた
しかしフィールドで使うには
ページ数が多くて使いづらい

そこで自分用に便利帳の一部分を
データベース化したアプリを開発中

しかし中年にはAndroidのJAVAは難解だわ(~_~;)

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon