再々リベンジ 烏帽子ヶ岳

平成26年12月21日(日)

烏帽子ヶ岳<榛名山>(高崎市)


登山口(10:52)-鬢櫛山分岐(11:13/11:21)-烏帽子ヶ岳山頂(11:52/12:58)-鬢櫛山分岐(13:26)-
登山口(13:40)

20141130_eboshidake-001.jpg

[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]
※危険マークは当方が危険と感じた場所

先月から母親が入院したし
天候もいまいちだったので
山を控えていた

母の様態も回復方向に向かったし
どピーカンの晴天

従姉妹からお誘いあったので
久々に登ることにした
当初伊香保森林公園からツツジヶ峰を通り
二ツ岳を計画したが
県道からスケートセンターへの下りには
結構雪が残っていた
乗って行った従姉妹の車は
以前十二ヶ岳への雪道でスリップして登れなかったので
スケートセンターへは下れるが
帰り登ってこられるか心配だったので
急遽コース変更
「今日なら雲もないから、前回リベンジ失敗した
烏帽子ヶ岳行ってみよう」

車を榛名湖畔に向け出発

ゆうすげ先の路肩に駐車
積雪は5Cm程度だったので寄せられた
20141221_eboshidake-001.jpg
5Cm程度なので
スパッツは付けなかった
雪が深くなったら付けよう

従姉妹が道路を見ている
「リス来ないかな・・」
前回従姉妹だけリスを見ていない
リスが出てこないので出発

いつも通り
加護丸稲荷に参拝し
今日も山に登れる感謝と
安全を祈願
20141221_eboshidake-002.jpg

登山道へ入ると
足跡がない
20141221_eboshidake-003.jpg
この雪で誰も登っていない
あるのは小動物の足跡だけ
新雪をサクサクと踏みしめながら登るのも気持ちいい

その小動物の足跡も無くなって
20141221_eboshidake-004.jpg
道迷いせぬよう
木々に付けられたリボンを確認しながら登る
この辺りでも積雪は10Cm程度

20分程で尾根に到着
20141221_eboshidake-005.jpg
今後のことを考え
スパッツ装着

鳥居脇の「おキツネ様」も雪を被っている
20141221_eboshidake-007.jpg

鳥居をくぐると急登が始まる
20141221_eboshidake-008.jpg
道案内に野うさぎの足跡が続く

積雪は15Cm程度だが
岩のある場所は吹き溜まり
深くなっているので
後ろの2人の安全のため
何度も踏み固めて登る
20141221_eboshidake-009.jpg
尾根から25分程で
加護丸稲荷本宮が見えてきた
この上が頂上だ

本宮へお詣りし
20141221_eboshidake-010.jpg
ここまで安全に登って来られたことに感謝し
母の回復を祈願

本宮脇の難所をクリアし
20141221_eboshidake-011.jpg
笹道を進む

尾根から30分で山頂到着
前回の無雪期と同じタイム
20141221_eboshidake-012.jpg

さっそく南の展望台へ行ってみる
20141221_eboshidake-p001.jpg
久々の絶景が目の前に広がる

遠く西に八ヶ岳も見え
北西に武尊山も見える

従姉妹の夫Sさんは
3度めでやっとこの絶景に会えた

やはりここからのカルデラの絶景
何度見ても良い

今回は人も居ないので
この展望台で「山ごはん」

久々にパスタ
20141221_eboshidake-013.jpg
以前やって好評だったナポリタン

今回は麺を袋で湯煎するのでなく
1Cmほど湯を沸かし
その中へ朝ゆでたパスタを入れ
ほぐした

ソースも湯煎せず鍋に出して温めた
この方が断然早い

Sさんもこのナポリタン「旨い旨い」と
絶賛してくれた


雪山・・従姉妹夫婦と膝までの積雪の天目山をやったが
何故か積雪の山を避けていた
しかし、15Cm程度の積雪なら
無雪期と左程変わらない

榛名や赤城でまたやりたいな・・^^;
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
11 ≪│2014/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon