至仏山(紅葉の尾瀬ヶ原で酒宴)

平成26年10月10日(金)~11日(土)

アヤメ平・尾瀬ヶ原・至仏山

20141010_oze-035.jpg

1日目
鳩待峠(9:47)-横田代(10:50/10:58)-アヤメ平(11:36)-富士見田代(11:50/12:48)-
竜宮十字路(14:10)-竜宮小屋(14:12/14:25)-牛首分岐(14:58)-尾瀬ロッジ<山ノ鼻>(15:28)

2日目
尾瀬ロッジ<山ノ鼻>(06:46)-至仏山登山口(06:50)-森林限界眺望ベンチ(08:12/08:17)-
高天ヶ原(08:52)-至仏山山頂(09:11/09:22)-展望スペース(09:52/10:08)-小至仏山(10:27)-
オヤマ沢田代(10:46/11:00)-鳩待峠(11:58)

20141010_oze-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]


今回一緒に登ったサトケン、くりりんに
「山小屋での生ビールは旨い」と話すと
「是非登りたい」というので
昨年紅葉の尾瀬に一泊山行を計画したが
山小屋の予約が一杯で
尾瀬を断念し、北アルプス唐松岳山行となった

「今年こそ尾瀬で飲みたい」というので計画
今回は金曜日の宿泊のため
予約できた

******************1日目******************

高崎駅に7時到着したくりりんを乗せ
戸倉の「尾瀬ロッジ駐車場」に着いたのが8:50
駐車場にタクシー会社のスタッフがいて
タクシーを手配してくれた

この駐車場は「尾瀬ロッジ」宿泊者のための無料駐車場だ

鳩待峠に到着したのが9:30
20141010_oze-002.jpg

今回は鳩待山荘裏にある
アヤメ平方面登山口から入山
20141010_oze-003.jpg
ちゃんと登山届も出して・・

最初は傾斜の強い坂を登る
30分ほど歩くと
20141010_oze-004.jpg
富士見峠まで5.1Kmの道標
「これから5Kmも歩くのぉ」

次第に登山道はフラットな木道になる
20141010_oze-005.jpg
カラマツとシラビソに覆われた道
フィトンチッドが香る
「いい匂いだよね」と
前を歩いていたくりりんに話しかけるが
「えっ匂いって・・どの?」
とうも当方しか感じないのかもしれない

登り始めて1時間程で
20141010_oze-006.jpg
横田代到着
一面が黄金色の絨毯

振り返ると
20141010_oze-007.jpg
木道の先に至仏山

広々として気持ちがいい
20141010_oze-p001.jpg

横田代を過ぎると
木道に佇んでいる人がいる
20141010_oze-008.jpg
何をしてるんだろう?
よく見ると「尾瀬保護財団」の腕章をしている
壊れた木道を調査しているようだ
ありがたいことだ
こうした裏方の仕事のお陰で
安全に歩ける

この先登りになる
20141010_oze-052.jpg
山肌は葉を落とした白樺で
ファンタジックな情景となっている
この時期しか見られないだろう

登り切ると
20141010_oze-009.jpg
中原山山頂だ
富士見峠まであと2Km

中原山を過ぎると
20141010_oze-010.jpg
視界が開け
木道の先に燧ヶ岳が見える

アヤメ平に到着だ
20141010_oze-011.jpg
登り始めて1時間50分

アヤメ平は広い
20141010_oze-p002.jpg

尾瀬ヶ原と違い尾根上に広がっているので
ものすごく気持ちがいい

アヤメ平を過ぎると
富士見小屋が見えてきた
20141010_oze-012.jpg
ここも葉の落ちた白樺でファンタジックな情景となっている
「いい!いい!いい!最高」
サトケンは盛んに感動している

アヤメ平から15分程で
20141010_oze-013.jpg
富士見田代到着
先ほどまで山頂を雲で隠していた燧ヶ岳も
勇ましい山容を見せている
20141010_oze-p003.jpg

ここで山ごはん
今回は当方が「うどん」「麺つゆ」「具」を担ぎあげたので
20141010_oze-014.jpg
煮込みうどんを作った
20141010_oze-053.jpg
サトケンは
「山の上でこの出汁の香り・・最高」と言っていた

煮込みうどんで身体も温まり
いざ竜宮に向け
距離4.2Km標高差500mを下る
20141010_oze-015.jpg

下り始めて30分程で
長沢頭
20141010_oze-016.jpg
半分降りてきた

しかしこの先が急坂
20141010_oze-017.jpg
結構膝に負担を感じながら降りる

すると若い女子2名男子1名が登ってきた
ザックも背負わず身軽な状況
「この先の富士見で車拾えますか?」
時計は1時過ぎ
「富士見峠を越え、富士見下に15時代のバスがあると思う
富士見小屋行って相談した方がいいよ」
どうも尾瀬ヶ原の延長で
ハイキング気分で登ってきたみたいだ
「大丈夫だろうか・・・?」

徐々に沢の音が近づき
橋をわたると
20141010_oze-018.jpg
尾瀬ヶ原が見えてきた

富士見田代から1時間20分程で竜宮十字路到着
20141010_oze-019.jpg

一端竜宮小屋へ向う
20141010_oze-020.jpg
トイレ休憩を済ませ

山ノ鼻に向け出発
20141010_oze-021.jpg

振り返ると燧ヶ岳
20141010_oze-p004.jpg

尾瀬ヶ原の紅葉はもう終盤に近づいていた
20141010_oze-022.jpg
紅のカエデやナナカマドはもう葉を落としている

竜宮から30分程で牛首分岐
20141010_oze-023.jpg
時計は15時になろうとしている
平日でこの時間帯のせいか
殆ど登山客は居ない
ゆったりと歩ける

逆さ燧の池塘では
20141010_oze-p005.jpg
残念ながら風で波打ってしまい
映らなかった

本日の総行程14Km
そろそろ足にも来始め
バテバテ
20141010_oze-024.jpg

すると目の前に
20141010_oze-025.jpg
尾瀬ロッジが見えてきた

今夜はここにお世話になる
宿泊手続きをし部屋へ
20141010_oze-026.jpg
おおおおおぉ
何と10畳間
そこに4人
こりゃ天国だ

そもそも尾瀬の山小屋は個室制
自然保護のため
入山制限をこういった形で行っている

さらに5人まで入れる風呂
石鹸、シャンプーは使えないが
シャワーで充分汗を落とせる

ひとっ風呂浴びて、サッパリしたところで

お待ちかね
20141010_oze-027.jpg
酒宴の始まり

もう10月だというのに生ビールがあった
それも700円
北アルプスより安い

するとリーダのSさん
「俺ウーロン茶」
7月の穂高縦走の直前
十二指腸潰瘍で入院したため
11月末までは酒を休んでるという
「えぇぇ!本当に飲まないの?」
「飲まない!!」

3人に生ビール
リーダーにウーロン茶で乾杯

更に日本酒5合とワインを
くりりんに担がせて持ってきた

17時夕食の時間
20141010_oze-028.jpg
なっなんと「岩魚の塩焼き」
当方は可哀想にと思いながら
供養のため全部食べた
岩魚なんて何十匹と釣りながら
お友達だからリリースしているのに
選りに選って山小屋で出されるとは思わなかった(;_;)

食後酒宴は再開し
3人で生ビール、缶ビールロング3本、日本酒5合、ワイン1本飲み干して
19時半には爆睡

******************2日目******************

朝サトケンに起こされた
5時15分
今日は6時の朝食のあと
6時半には出発するので
朝食前に準備終えないと

窓から外を見ると
幻想的な朝靄に包まれていた
20141010_oze-030.jpg
これが見たかったのだ
20141010_oze-p006.jpg

朝食は
20141010_oze-029.jpg
塩鮭、納豆、焼き海苔、温泉卵
今回は高山病になっていないので
3杯飯食べた^^;

朝靄の撮影をしていたものだから
時計は6:46
「まぁ今日は帰るだけだから、ゆっくりでも・・」

山ノ鼻から植物自然園に入る
20141010_oze-031.jpg

木道を直進し
至仏山登山口に向かう
20141010_oze-032.jpg
昨年夏はここで何種類もの花を見つけたが
既にみな枯れている

5分程で登山口
20141010_oze-033.jpg
結構登る人がいる

登山口から急登が始まる
20分程登った樹林帯の中のベンチで休憩
皆厚着したもので暑くて脱いだ

樹林帯を抜けると
蛇紋岩の岩場に変わる
この蛇紋岩・・凄く滑る

最初の鎖場
20141010_oze-034.jpg
滑るので気をつけながら登る

登り始めて1時間20分程で展望ベンチ
20141010_oze-035.jpg
尾瀬ヶ原を俯瞰できる
20141010_oze-p007.jpg

その後は急な木道階段が続く
20141010_oze-036.jpg
かなり膝にくる

2つ目の鎖場
20141010_oze-037.jpg
右端を登れば滑ることはない

木道階段が緩やかになると
高天ヶ原到着
20141010_oze-038.jpg
ようやく至仏山山頂が見えてきた

登り始めから2時間20分で
20141010_oze-039.jpg
至仏山山頂
山頂は強風が吹いて寒い

山頂から尾瀬ヶ原を俯瞰
20141010_oze-040.jpg

20141010_oze-p008.jpg

上越国境の山並みも
今日はクッキリ見える
かの谷川岳にも雲が全くない
20141010_oze-p009.jpg

コーヒーを飲もうとするが
風が強すぎるので
山頂では諦め
下山途中でコーヒータイムとし下山開始
20141010_oze-041.jpg
笠ヶ岳までの尾根が美しい
是非登りたいと思ったら
「最後の山頂直下が急登だよ」とリーダー

ツルツル滑る蛇紋岩の岩稜帯を進む
結構スリリング

小至仏山の手前に
少し広い眺望ポイントがあった
ここでコーヒータイム
昼食は下山後のため
山ほどの昨晩のおつまみの残りを
配給
ほどほどに腹は満足

15分ほど休憩し
小至仏山を目指し出発

20分で小至仏山
20141010_oze-042.jpg

小至仏山を過ぎると
木道階段になる
途中休憩ベンチを過ぎ
笠ヶ岳分岐
20141010_oze-043.jpg
ちょっと休憩

その後
20141010_oze-044.jpg
オヤマ沢田代を過ぎ
道は樹林帯へ入っていく

オヤマ沢田代から20分程歩くと
20141010_oze-045.jpg
鳩待峠まで2Kmの標識

更に20分
20141010_oze-046.jpg
鳩待峠まで1Kmの標識
「おかしい・・もっと歩いているはずだ」
でも山道だから20分で1Km・・
正確なんじゃないの・・^^;

そしてやっと
20141010_oze-047.jpg
ゴールの鳩待峠が見えてきた

11:58
20141010_oze-048.jpg
鳩待峠に到着

早速帰りのタクシー券を購入すると同時に
20141010_oze-049.jpg
恒例「花豆ソフト」400円
甘くて冷たくて下山後には最高!!

戸倉へ下山後
「尾瀬ぷらり館」で、ひとっ風呂浴びて
「昼飯どうする?」

「永井食堂のモツ煮定食が食べたい」
1時間ほど車に揺られ
永井食堂に14:30到着
20141010_oze-050.jpg
土曜日は15:00までの営業だから間に合った
しかし・・20人以上並んでいる
「どうする?」
「並ぶっきゃないでしょ」
20分程待って
20141010_oze-051.jpg
半ライスモツ煮定食(560円)
これで半ライス
普通盛りだよなぁ・・・
以前誤って大盛り注文した奴が居た
マンガのごはんのように山盛りだった

やっぱモツ煮定食旨かったなぁ

******************
今回出会った花
20141010_oze-fl001.jpg
ゴゼンタチバナの実

他は全部枯れてた・・・

スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2014/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon