表銀座、東鎌尾根からの槍ヶ岳縦走

平成26年9月2日(火)~4日(木)

表銀座・東鎌尾根から槍ヶ岳

20140902_yarigatake-035.jpg

1日目
穂高駅(06:40)-中房温泉(07:35)バス

中房温泉(07:47)-第一ベンチ(08:16/08:21)-第二ベンチ(08:40/08:53)-
第三ベンチ(09:19/09:23)-富士見ベンチ(09:49/09:57)-合戦小屋(10:21/10:48)-
合戦沢の頭(11:07)-燕山荘(11:48/12:40)-蛙岩(13:08)-大下りの頭(13:27/13:33)-
喜作レリーフ(14:56)-大天荘分岐(15:02)-大天井ヒュッテ(15:48)

2日目
大天井ヒュッテ(05:35)-ビックリ平(06:02)-赤岩岳(07:02)-ヒュッテ西岳(07:47/08:21)-
水俣乗越(09:15/09:25)-ヒュッテ大槍(11:11/11:29)-槍ヶ岳山荘(12:13/13:00)-
殺生ヒュッテ(13:25)

3日目
殺生ヒュッテ(06:35)-播隆屈(06:51)-天狗原分岐(07:29)-雪渓(07:44)-大曲(08:02)-
ババ平(08:21)-槍沢ロッジ(08:40/08:59)-ニノ俣(09:19)-一ノ俣(09:24)-
横尾山荘(09:59/10:23)-新村橋(11:05)-徳沢園(11:16/11:40)-明神(12:25/12:32)-
上高地<かっぱ橋>(13:12)

上高地バスターミナル(14:05)-新島々駅(15:10/15:25)-松本駅(15:54/16:00)-穂高駅(16:27)

20140902_yarigatake-map1.jpg

1日目コース
20140902_yarigatake-map2.jpg
2日目コース
20140902_yarigatake-map3.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]
※危険マークは当方が危険と感じた場所

7月22日(火)~24日(木)に奥穂高岳を縦走し
「来月末に表銀座・東鎌尾根から槍ヶ岳をやろう」と
一緒に登ったKさんと約束した
しかし8月末は天候不順、各地で甚大な水害を引き起こすほどの雨

8月山行は諦め
週間天気予報と首ったけになり
何とか9月2日からの山行であれば
雨は免れそうだと計画

**************1日目**************
前橋ICを朝4時に出て
穂高駅無料駐車場に到着したのが6:20
中房温泉行きのバスは出た後だった
しかし穂高駅までは300m程
バスは穂高駅で下り電車に合わせ
6:40発
装備を整え穂高駅まで歩いた
20140902_yarigatake-001.jpg

バスはまだ発車前
しかし電車からの乗客を載せ満車
運転手さんは直ぐ連絡し増便を手配
3分もすると増便到着

55分バスに揺られて
中房温泉に到着
下車して早速、登山口にある祠を参拝
(昨年祠の存在を知らずに登ってしまった・・)

登山口で準備し
20140902_yarigatake-002.jpg

3日間の縦走開始
(1日目の燕山荘までの行程がキツければ4日間)
20140902_yarigatake-003.jpg
合戦尾根は北アルプス3大急登
いきなり急登が始まる

7月に奥穂高岳縦走のトレーニングのため
日本3大急登の谷川岳西黒尾根をこなしてきたので
多分大丈夫だろう

第1ベンチには30分程で到着
20140902_yarigatake-004.jpg

呼吸の乱れもなく順調
その後第2ベンチ、第3ベンチと進み
富士見ベンチへの急登はさすがにキツクなってきた
各ベンチで休憩を取りながら
合戦小屋にはスタートから2時間半程で到着
20140902_yarigatake-005.jpg

合戦小屋名物のスイカを、昨年は各自1切れずつ食べたが
さすがに多かったので
今年はそれを2つに切ってもらい
20140902_yarigatake-006.jpg
パクリ
汗の水分補給と糖分補給
最高だよスイカ!!

合戦小屋で30分程休憩し出発
合戦沢の頭に来ると
森林限界が始まる

燕山荘手前の斜面は、青紫のトリカブトのお花畑が広がっている
20140902_yarigatake-007.jpg

スタートから4時間で燕山荘到着
20140902_yarigatake-008.jpg

北には北アルプスの女王の名に相応しい
美しい燕岳が見える
20140902_yarigatake-009.jpg

南はこれから目指す槍ヶ岳も見えている
20140902_yarigatake-010.jpg
しかし安曇野側からのガスはどんどん広がってくる

昼食を食べながら
お互いの体調を確認
キツければ1日目はこの燕山荘泊にしなければならない

バテてはいるがまだ歩けそうだ
しかし稜線歩きは雷が心配
スマホで天気予報を確認
安曇野周辺には「雷注意報」は出ていない

そこで大天井ヒュッテに電話を入れた

大天井ヒュッテは予約不要というが
泊まれるか確認した
「燕山荘からどのくらいかかりますか?」
「コースタイムは3時間ですが、皆さんそれより掛かってます」

「何とか16時頃には着けそうだ」ということで
昼食休憩後
大天井ヒュッテに向け出発
20140902_yarigatake-011.jpg

昨年燕岳ピストン山行で
「この稜線を歩いてみたい」と思い
蛙岩(ゲーロ岩)手前まで行った

今回はその先まで表銀座縦走だ

燕山荘から30分程で蛙岩(ゲーロ岩)
20140902_yarigatake-013.jpg

蛙岩の先で女の子2人に抜かれた

その場所の道標には
20140902_yarigatake-014.jpg
大天井まで5.6Kmとある
「ゲゲ」

しばらく行くと、先ほど追い抜いていった女の子2人がしゃがみこんでいる
「どうしたの?」と聞くと
「雷鳥が居るんです」
「どこどこ?」
20140902_yarigatake-015.jpg
ハイマツの間から頭だけ出している

ラッキー!!

昨年10月から北アルプス登ると
雷鳥にお会いできる
結構凄いことだと思う^^;

しかし雷鳥が出てくるのは天候悪化の印ともいう・・・

女の子達はしばらく雷鳥を観察しているので
こちらは先に出発

蛙岩から20分程で大下りの頭
20140902_yarigatake-016.jpg

休憩していると女の子たちが
「お先に」と追い抜いていった

大下りの先は気持ちのいい稜線歩き
20140902_yarigatake-017.jpg
ガスが巻かなければ最高なんだけど

振り返ると
20140902_yarigatake-018.jpg
燕岳が見える

気持ちのいい稜線だよね・・

大下りから1時間半程で切通し岩(喜作レリーフ)
20140902_yarigatake-019.jpg
まずは鎖がありその先に3mほどのハシゴ

降りた先の大天井岳側に
20140902_yarigatake-020.jpg
岩にはめ込まれた「喜作のレリーフ」と木のハシゴが見える


20140902_yarigatake-090.jpg
(Kさん撮影)
振り返ると大した難所ではなかった

大天井側のハシゴを登り
振り返ると今まで歩いてきた稜線が見える
20140902_yarigatake-022.jpg

5分程で
20140902_yarigatake-023.jpg
常念岳への分岐となる
今回は大天井岳には登らず
大天井ヒュッテを目指す

直ぐに岩壁のトラバースルート
20140902_yarigatake-024.jpg

大天井ヒュッテまで30分の看板
20140902_yarigatake-025.jpg

さらに道は狭く滑落の危険が出てくる
20140902_yarigatake-026.jpg

幾度も幾度も尾根を巻けど、大天井ヒュッテは見えてこない

分岐から45分で
20140902_yarigatake-027.jpg
ようやく大天井ヒュッテ到着

小じんまりとした山小屋だ
当方はこういう小さめの山小屋のほうが好きだ

寝室は6畳間に今日は4人
広々と寝られる
20140902_yarigatake-028.jpg
番号が壁に張ってあるように
最大12名となる
同室となったのは熊本から着たシニアの2人組

部屋でKさんに足をマッサージしてもらう
このマッサージで足の痛みが翌日無い

マッサージが済んだら
到着祝い
ここは残念ながら生ビールは無い
缶ビールロング800円とレギュラー500円
缶ビールで乾杯

飲んでいると17時には夕食
20140902_yarigatake-029.jpg
ボリューム満点のトンカツ
旨かったぁ

ガスが巻いていて
夜空も楽しめないので
さっさと就寝

**************2日目**************
大天井ヒュッテの朝食は4時半
これは5時頃ヒュッテ隣の牛首展望台から
槍ヶ岳のモルゲンロートを楽しんでもらうためだという
20140902_yarigatake-030.jpg
疲労のせいか普段山小屋の朝食は3杯飯を平らげるのだが
やっと2杯

食後、同室の方たちは牛首展望台に登った
当方達は早出したかったので
モルゲンロートは小屋から見える穂高連峰で満足した
20140902_yarigatake-p0.jpg
前穂・奥穂・北穂が薄っすらピンクに染まっている

5時半に小屋を出発 まずはヒュッテ西岳を目指す
20140902_yarigatake-031.jpg

30分程でビックリ平に到着
20140902_yarigatake-032.jpg
本来はここから壮大な槍ヶ岳の姿を望めるのだが
ガスで何も見えない

暫く歩いていると、いきなりガスが切れた
20140902_yarigatake-033.jpg
うぉぉぉぉ槍ヶ岳が姿を見せた

今日はあの穂先まで
結構遠いなぁ

ヒュッテ西岳までの道は
昨日の尾根歩きと違い
アップダウンが多い
20140902_yarigatake-034.jpg
ガスで半分姿を見せている、赤岩岳を越えていかなければならない

赤岩岳山頂付近まで来ると
20140902_yarigatake-035.jpg
さっきより槍ヶ岳が迫ってくる

パノラマで
20140902_yarigatake-p1.jpg

これから挑む東鎌尾根も姿を見せている
20140902_yarigatake-037.jpg

南に目を移すと
20140902_yarigatake-036.jpg
北穂高岳
大キレットの大きな切れ込みが手に取るように判る

西岳に向け歩みを進める
20140902_yarigatake-038.jpg

下の方から奇声が聞こえる
見ると
20140902_yarigatake-039.jpg

猿がハイマツの実を食べている
こんな標高まで猿が登ってくるとは驚きだ

西岳の斜面をトラバースすると
20140902_yarigatake-040.jpg
ようやくヒュッテ西岳が見えてきた

20140902_yarigatake-041.jpg
ヒュッテ西岳に到着
出発から2時間10分
結構ハイペースだ

槍ヶ岳をバックにパシャ
20140902_yarigatake-042.jpg

喉の乾きを癒やすため
ソフトクリームを探したが
残念ながら扱ってない
有ったのが
20140902_yarigatake-043.jpg
ハーゲンダッツ
冷たくて甘くて山行の休憩時には最適なおやつ

アイスクリームをパクツイていると
同室だった熊本の方々が追い付いてきた

皆この後は東鎌尾根を攻め
槍の穂先までと行程は同じ
4人でまずは水俣乗越へ下る
鎖場が始まる
20140902_yarigatake-044.jpg
ヒュッテ西岳から200m一気に下る
せっかく登ってきたのにもったいない^^;

水俣乗越への難所到着
20140902_yarigatake-045.jpg
3点支持を怠らなければ怖くは無い

20140902_yarigatake-046.jpg
見上げるとほぼ垂直

槍ヶ岳が段々近づいてくる
20140902_yarigatake-047.jpg
しかし穂先にガスが巻き始めた
大丈夫かな
当方たちが到着するまで天気もって欲しいのだが

ヒュッテ西岳から1時間ほどで水俣乗越到着
20140902_yarigatake-048.jpg
かなりバテている
まじでこのまま槍沢方向に降りようか悩んだ
足が上がらなくなり始めている
心拍数も異常に高い

しかしここまで来たんだ
後2時間登ればヒュッテ大槍
がんばろう

ここから東鎌尾根がスタート
かなり急登が始まる
20140902_yarigatake-049.jpg

急登を登り痩せ尾根の先には
連続ハシゴが見えてきた
20140902_yarigatake-050.jpg

連続ハシゴをクリアし
小ピークから下るが藪状態
すかさずスマホの山旅ロガーで現在地確認
「ルートを外れてる」
慌ててきた道を戻る
そんな道迷いの先に
痩せ尾根が続く
20140902_yarigatake-051.jpg

ここからが東鎌尾根最大の難所
20140902_yarigatake-052.jpg
3連ハシゴの下り
疲労で手に力が入らないのでは
不安を取り除くため
1段1段ハシゴのコマを握る度
声を掛けながら握った
20140902_yarigatake-089.jpg
(Kさん撮影)

やっと3連を下るが
足元が狭い
ゆっくりユーターン

振り返って見るとやっぱ怖いわ^^;

痩せ尾根を進むと
岩場の登り
20140902_yarigatake-054.jpg
こんな岩場が延々と続く

暫くすると
20140902_yarigatake-055.jpg
1.6Kmの表示
何処まで1.6Kmなのかな?
丸い看板には
「ヒュッテ大槍まであと40分」とある
取りあえず40分歩けば一息つける
しかし呼吸は激しく、心拍数も激しい
段差を乗り越えるとふらつく
大丈夫かな?
所々で立ち止まり
呼吸を整えながら進む

横には雪渓が見える
20140902_yarigatake-056.jpg

ヘトヘトになりながら
やっと看板
後どれくらいなんだろう
20140902_yarigatake-057.jpg
「あと3分」
おいおいもっと手前に、「あと10分」くらいの看板、有ってもいいんじゃないのぉ?

看板を過ぎると雷鳥平
その隣に
20140902_yarigatake-058.jpg
ヒュッテ大槍

槍ヶ岳山荘まで50分掛かるので
ここで20分程休憩し体力を回復させる

いざ槍ヶ岳山荘に向け出発
20140902_yarigatake-059.jpg
正面に槍の穂先が見えているはずなのに
ガスで何も見えない

それに
20140902_yarigatake-060.jpg
道は狭く強風が吹いたら滑落しそうだ

ヒュッテ大槍から45分で
20140902_yarigatake-061.jpg
槍ヶ岳山荘到着

ベンチに倒れこむように座った
ベンチから槍の穂先は見えない
すぐそこなのに
しかも小雨交じりになってきている

先に到着していた熊本の方々は、このガスと小雨
危険なので穂先の登頂を諦め
明日のために降りられるとこまで
今日のうちに降りるという

まずは昼食
小屋に入って山菜ソバを頼んだが
全く食欲が無い
中に入っていた、ゆで卵も食べられない始末
疲労のせいかな・・?
Kさんはカレーをモリモリ食べている
羨ましい

当方達も危険なので穂先登頂は諦め
槍沢ロッジまでの下山を考えた

槍沢ロッジへ電話を入れると
「今からでは17時になってしまいます
ここまで降りるのは諦めたほうが・・・」

Kさんとどうする?
「明日の行程考えると、少しでも下に降りたいけど
この下の殺生ヒュッテの先は、さっきの槍沢ロッジしかないし・・・」
「殺生ヒュッテに降ろう」

未練はあるが、ガスと更に小雨
滑落の危険もある・・

すると、昨日抜きつ抜かれつした女の子2人が
これから穂先に挑むという
「気をつけて」と言葉を交わし
下山開始
20140902_yarigatake-062.jpg
小雨交じりのガスのガレ場を降りる

20分程で
20140902_yarigatake-063.jpg
殺生ヒュッテへの分岐

その先に
20140902_yarigatake-064.jpg
殺生ヒュッテだ

今夜の寝床
20140902_yarigatake-065.jpg

かなり早い到着なので
お互いをじっくりマッサージし合い

その後到着祝の乾杯
ここも生ビール無いので
レギュラー缶500円

飲み終えて
疲れも溜まっているので
寝床でゴロゴロ

17時夕食だ
20140902_yarigatake-066.jpg
煮魚にミートボール
しかし相変わらず食欲が無い
何とか飯2杯無理やり腹に入れた

食後は直ぐに寝床に入ってダウン

**************3日目**************
起きると雨

今朝は朝食が6時と遅い
今日の行程は一番の長丁場
食事済ませたら、さっさと下山しないと

レインウエアーも着て準備万端

朝食は
20140902_yarigatake-067.jpg
鮭と玉子焼き、焼き海苔
当方の大好きな朝食メニュー
しかし・・全く食欲なし
昨日同様、何とか飯2杯を無理やり腹に入れた

6時半雨の中を出発

20分程で坊主岩小屋(播隆屈)
20140902_yarigatake-068.jpg

少しづつガスが取れ始め
20140902_yarigatake-069.jpg
昨日苦労した東鎌尾根が姿を見せた

天狗原分岐に殺生ヒュッテから55分で到着
20140902_yarigatake-070.jpg
コースタイムより20分早い
これなら何とか14時のバスに乗れそうだ

天狗原分岐から15分で雪渓
20140902_yarigatake-071.jpg
雪渓を歩けると思わなかったので
大はしゃぎ

次のポイント大曲にはスタートから1時間半
コースタイムより40分早い
20140902_yarigatake-072.jpg

大曲を過ぎると
ガレ場から歩きやすい道になる
20140902_yarigatake-073.jpg

ババ平(槍沢キャンプ場)
20140902_yarigatake-074.jpg
槍沢ロッジまで0.9Km

ようやく槍沢ロッジ
20140902_yarigatake-075.jpg
ここで休憩
何と2時間で降りてきた
昨日ここまで降りて来られたじゃんと思ったら
「今日は疲労回復してるからスピードアップできたけど
昨日じゃ無理だったんじゃないの?」
確かにそうだ・・^^;

槍沢ロッジを出ると
20140902_yarigatake-076.jpg
梓川の清流が横を流れる
うぅぅむ  イワナがいそうだ^^;

ニノ俣・一ノ俣を過ぎ
20140902_yarigatake-077.jpg

20140902_yarigatake-078.jpg

ようやく横尾に到着
20140902_yarigatake-079.jpg
ここでソフトクリーム探したが扱ってない
市販のアイスで我慢

ここまでで今日の行程の半分11Kmを歩いた
あと11Km

7月にはこの横尾大橋を渡って、涸沢から奥穂を目指したんだっけ
20140902_yarigatake-080.jpg

新村橋を経て
20140902_yarigatake-081.jpg

徳沢園に到着
20140902_yarigatake-082.jpg
時計は11時過ぎ
「ここでお昼食べよう」

ここに来たら食欲出てきた
カレーを注文
20140902_yarigatake-083.jpg
厚切りチャーシューのような肉が旨い
ペロリと食べた

昨日の朝から食欲なかったのに
何故食べられるんだ・・・

元気になってスピードアップ
明神を経て
上高地かっぱ橋にゴォォォォル
20140902_yarigatake-091.jpg

二人して「お疲れ様」

バスターミナルに移動し
20140902_yarigatake-085.jpg

前回同様
20140902_yarigatake-086.jpg
牛乳ソフトクリームをペロ!!

甘くて冷たくて旨い

14:05発のバスに乗り
新島々で松本電鉄に乗り換え
20140902_yarigatake-088.jpg

松本で大糸線に乗り換えて、穂高駅に到着したのが
16:27

駅前左手に立ち食いソバ屋があった
腹も減ったので2人して飛び込んだ
そこに「わさびソバ」なるものが
麺の上にたっぷり「わさび」の茎と
新鮮な下ろしわさび
わさびのいい香りで絶品だった

******************

念願の表銀座から槍ヶ岳・・
穂先の登頂は断念したけど
満足でした(^^)」

雷鳥にも会えたしね

******************

自宅に戻り、食欲不振や心拍数の症状から、
高山病をネットで検索すると

「2500m以上の高所に登った時点から、6時間~数日以内に頭痛、めまい、食欲不振、
脱力、呼吸困難などを示す・・・・・。
高地へ登るまでの速さ、 労作の程度、紫外線や寒冷、乾燥の程度などが高山病の
発生を助長・・・。」

症状は当てはまる
食欲不振・めまい・激しい呼吸

原因も
今回の縦走は通常のコースタイムより早く
7時間近い山行時間

標高1600mまで降りてきたら
症状が改善された

やはり高山病だったのかぁ
今後はコースタイムより早い山行はよそう
だって、命が危ないから・・・・・

******************
今回出会った花

20140902_yarigatake-fl001.jpg
ミヤマアキノキリンソウ

20140902_yarigatake-fl002.jpg
カニコウモリ

20140902_yarigatake-fl003.jpg
ナナカマド(実)

20140902_yarigatake-fl004.jpg
ミヤマシシウド

20140902_yarigatake-fl005.jpg
ゴマナ

20140902_yarigatake-fl006.jpg
ヤマハハコ

20140902_yarigatake-fl007.jpg
オヤマリンドウ

20140902_yarigatake-fl008.jpg
クロトウヒレン

20140902_yarigatake-fl009.jpg
ゴゼンタチバナ

20140902_yarigatake-fl010.jpg
ミヤマリンドウ

20140902_yarigatake-fl011.jpg
ハクサンフウロ

20140902_yarigatake-fl012.jpg
ミヤマトリカブト

20140902_yarigatake-fl013.jpg
ヨツバシオガマ

20140902_yarigatake-fl014.jpg
ウメバチソウ

20140902_yarigatake-fl015.jpg
トウヤクリンドウ

20140902_yarigatake-fl016.jpg
コバノコゴメグサ

20140902_yarigatake-fl017.jpg
イワツメグサ

20140902_yarigatake-fl018.jpg
コマクサ・・枯れ始めている

20140902_yarigatake-fl019.jpg
ミヤマホツツジ

20140902_yarigatake-fl020.jpg
チングルマ(羽毛状)

20140902_yarigatake-fl021.jpg
ウサギギク

20140902_yarigatake-fl022.jpg
オンタデ

20140902_yarigatake-fl023.jpg
エゾシオガマ

20140902_yarigatake-fl024.jpg
イブキトラノオ

20140902_yarigatake-fl025.jpg
ミヤマママコナ

20140902_yarigatake-fl026.jpg
カンチコウゾリナ

20140902_yarigatake-fl027.jpg
イワギキョウ

20140902_yarigatake-fl028.jpg
イワオトギリ

20140902_yarigatake-fl029.jpg
サラシナショウマ

20140902_yarigatake-fl030.jpg
ツリガネニンジン

20140902_yarigatake-fl031.jpg
シオン

20140902_yarigatake-fl032.jpg
キツリフネ

******************
上高地の花
20140902_yarigatake-087.jpg
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索