つつじが咲いているかなと二ツ岳に登ってみたが・・・

平成26年4月19日(土)

二ツ岳(榛名山)(渋川市)

つつじヶ峰登山口(10:05)-オンマ谷分岐(10:35)-七合目避難小屋(10:52/10:57)-
雌岳山頂(11:08/11:15)-七合目避難小屋(11:24)-オンマ谷駐車場分岐(11:33)-
雄岳山頂(11:43/12:37)-七合目避難小屋(12:55)-むし湯跡分岐(13:21)-
むし湯跡(13:33/13:38)-つつじヶ峰登山口(13:58)

春物のトレッキングパンツ(マムート)を
ICI石井スポーツで購入したら
マムートフェアをやっていて
「ミニマンモスマスコット」をもらった
マムートくんだ

可愛いので愛車に乗せた
20140419_futatudake-001

************************

花の咲いている山に登ろうと思い
2月に新雪の山行を行った二ツ岳に
つつじヶ峰があるのを思い出した
ヤシオツツジがあれば、咲いているかもしれない

伊香保温泉を通り過ぎ
くねくね坂を登って行くと
道路脇をヨンピョン跳ねながら
走る小動物が
オコジョ?と思ったが
色が金色(黄色)・・
テンだ!!
昔志賀高原で見たことはあったが
お久しぶりです・・・

その先
スケートセンター方面へ左に曲がり
伊香保森林公園管理棟を過ぎ
水沢山電波塔ルートにある
駐車場に到着
20140419_futatudake-002
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

駐車場には2台、先行者の車があっただけ

装備を整え
駐車場脇の
つつじヶ峰登山口から入山
20140419_futatudake-003

ちなみに2月のこの道路は、こんな状態だった
mizusawayama-008

登り始めは緩やかな登山道
この方がいい
水沢山のように
身体が温まらいうちに
急登は辛い!!
20140419_futatudake-004

2分もしないうちに「むし湯跡」の分岐となる
20140419_futatudake-005
20140419_futatudake-006

登山道には全く花は咲いていない
すると
20140419_futatudake-007
ヤシャブシ・・花期4月とある
今日は4月なんだけど・・
芽は固く花が咲く気配など、みじんも感じられない
残念・・・

つつじヶ峰を進む
登山道というより
ハイキングコースという感じだ
20140419_futatudake-008

暫くして
つつじヶ峰休憩所
20140419_futatudake-009
ほうきも置いてあり
綺麗になっている

後ろからパーティの声がする
「ここから二ツ岳まで何分だ・・
標高差を出して計算しなさい・・」
聞いていると単なる登山パーティではなさそうだ

ここから今日登る雌岳が見える
結構急斜だな
20140419_futatudake-010

緩やかな尾根を歩く
20140419_futatudake-011

相馬山への旧分岐だ
以前はここから相馬山へ登れたが
滑落事故があってから
この登山道は閉鎖された
20140419_futatudake-012

その先に
相馬山が見えてきた
20140419_futatudake-013
オンマ谷分岐は目と鼻の先

ここを右に曲がる
直進するとオンマ谷だ
20140419_futatudake-014
20140419_futatudake-015

二ツ岳方面に進んでいくと
なにやらチョロチョロ動くものが
何だろうと目を向けると
20140419_futatudake-016
シマリスだ
かわいい!!
こちらを警戒しているのか
ジットして動かない
当方が歩き出したら
上の方へ逃げていった

ここから岩場が始まる
20140419_futatudake-017
つつじヶ峰は天国だった^^;

20140419_futatudake-018
岩場を登り切ると屏風岩

すぐ先に
20140419_futatudake-019
七合目避難小屋

ここで一休み
すると先ほどのパーティが
女子高校生らしき4人と引率の先生
聞くと高校の登山部
今年の高校総体がこの二ツ岳で行われるのだという
その下見に来たそうだ

七合目避難小屋の目の前が
雌岳分岐
20140419_futatudake-020

以前二ツ岳は雄岳しか登っていないので
今回は雌岳にも登ろう

登り始めから
20140419_futatudake-021
いきなり木道階段

更にもっと急な階段
20140419_futatudake-022
この階段と10分ほど格闘したら
緩やかな登山道に変わる
20140419_futatudake-023

そして雌岳山頂
20140419_futatudake-024

東に水沢山が見える
20140419_futatudake-025

この山頂は北方面の展望がいい
小野子山、子持山の後ろに
三国、谷川連峰が
20140419_p1

次は雄岳を目指す
階段を降りて
七合目避難小屋前を右に曲がる
20140419_futatudake-026

ここにも分岐があり
ここから森林公園管理棟へ降りられる
帰りはここを通って降りようか・・・

雄岳に取り掛かると
20140419_futatudake-027
落石注意の看板

登って行くと
20140419_futatudake-028

浮石が多い
落石注意がうなづけた

10分ほどでオンマ谷駐車場からの登山道と合流する
20140419_futatudake-029
ここを右に曲がって山頂を目指す

10分ほどで
20140419_futatudake-030
山頂の電波塔が見えてきた

この電波塔は
20140419_futatudake-031
前橋方面へテレビの中継を行っている
我が家も、ここからの電波で、テレビが見られているって訳だ

ここで先ほどの高校生登山部とすれ違った
山頂は当方独りだ

電波塔の先の小高い丘を登ると
20140419_futatudake-032
雄岳山頂

山頂の祠にお詣りし
榛名山カルデラ方面を望むと
20140419_p2


昼食をどこで食べようかと
見回し電波塔の南に
岩の丘がある
結構クライミングな感じで登ると
かなりスリリング
ここで昼食を取りながら
展望すると
20140419_p3
東側は手前に雌岳、その先に水沢山
北は谷川岳から高崎方面まで一望

20140419_p4
榛名山カルデラ方面も
手前に相馬山、榛名富士

岩山の頂上でのんびりコーヒータイムしながら
照りつける日差しの暖かさに感謝
気温は12℃だが風もないため
暑いのでフリースを脱ぎ
長袖Tシャツの上に半袖Tシャツの
初夏の服装で居られた

昼食を終え下山開始
すると女子高生10数名と引率の先生
こちらも登山部かな?
さらにオンマ谷駐車場分岐で
男子高校生登山部のパーティ

皆高校総体の下見に登ってきたようだ

七合目避難小屋のコルで管理棟へ曲がろうか
地図を確認したら
駐車場まで2Km近く戻らなくてはならない
仕方なく往路を戻り
途中むし湯跡へ寄り道することにした
20140419_futatudake-034

分岐を曲がろうとすると
「チョツイツイツイツーペチルル」と
大きな綺麗な声で鳥が鳴いている
なかなか姿見えなかったが
その声を追ったら
20140419_futatudake-033
ミソサザイだ
体長10Cmと小さく
木の上で鳴いているのは初めて見た
今鳥達は恋の季節だからね・・・

ミソサザイを撮した後
むし湯跡への道を見ると
20140419_futatudake-035
あらぁ~
大嫌いな木道階段の下り
どうしようかな~?
でも同じルート戻ってもつまらないので
覚悟して下ると

20140419_futatudake-036
祠があった
何の神様を祀っているのか確認しようとしたが
石に彫られた字がかすれて見えない
ただ江戸時代の年号は確認できた

お詣りして先を急ぐ

またまた長い木道階段を下って行くと
休憩所が見える
20140419_futatudake-037

降りてみると
休憩所の横に
20140419_futatudake-038
むし湯跡

今は単に折り重なった岩だが
大正初期まではここから湯気が出て
今で言う「スチームサウナ」を
4軒の旅館で営んでいたという

休憩所の横に
大きな枝が折れた木
今年の大雪のせいだろうか
20140419_futatudake-039
その折れた枝の先には
20140419_futatudake-040
赤い花が間もなく咲こうとしている

生命の強さを感じた瞬間だった

むし湯跡を後につつじヶ峰方面へ向かおうとすると
20140419_futatudake-041
炭焼窯跡の先に
嫌なものが見える

木道階段の登りだ

むし湯跡までかなり降りてきたから
駐車場まで登りかな・・?という予想はあったが
予想が的中してゲンナリ

またまた嫌いな木道階段を登って
後ろを振り返ると
20140419_futatudake-042
二ツ岳が雄雌並んで見える
二ツ岳の名の由来だな

20分程歩き
朝の分岐
20140419_futatudake-043
20140419_futatudake-044

そしてゴールが見えてきた
20140419_futatudake-045

延べ5Km
昼食入れて4時間の山行

花は見られなかったが
テンやシマリス
動物に会えました

GW過ぎれば
花見られるかな・・・・・
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon