子持山

平成25年5月12日(日)

子持山(渋川市)<群馬100名山>

7号橋駐車場(9:14)-登山口(9:15)-屏風岩(9:17)-しし岩手前尾根(9:58)-巻き道分岐(10:07)-
しし岩分岐(10:14)-しし岩(10:16/10:32)-柳木ヶ嶺(11:10)-子持山頂(11:30/12:07)-
柳木ヶ嶺(12:21)-大タルミ(12:47)-8号橋(13:32)-7号橋駐車場(13:36)

昨年から登ろう登ろうと思っていて
昨年は登ろうと思ったら雪が積もっちゃって
春になって登ろうとすると車が故障しちゃって
今回やっと登ることにした

9時前に7号橋駐車場に着いた
5号橋、6号橋の駐車場も結構停まっていたので
7号橋には停められないかな?と不安になりながらも
7号橋駐車場はまだまだ空いていた。

隣に停めた「とちぎ」ナンバーのカップルに
「わざわざ栃木から来るなんて、この山そんなに有名なんですか?」と
尋ねると
「本になったし、岩場があって面白いから・・これで2回目なんです」
ほぉ・・?
どうもフリークライミングとして、しし岩(大黒岩)が
「日本マルチピッチフリークライミングルート図集(菊池敏之著・山と渓谷社・2011年)」に
紹介されたみたいだ。

登山口下にある子持神社奥の院に参拝
登山の無事と今日も登山できることに感謝!!
登山口から木道(板の階段状)を2分ほど歩くと
そそり立つ屏風岩
2013-komochiyama-01

ここから沢沿いに登坂
2013-komochiyama-02

尾根手前で急登になる
2013-komochiyama-03

途中にこんな道標
2013-komochiyama-47
「この先危険」の方へ行くと
フリークライミングの壁があるそうだ

急登を終えて尾根
2013-komochiyama-04
展望岩まで行こうか迷ったが
先があるので
途中に咲いてた「ミツバツツジ」をパシャ!!
2013-komochiyama-05

しし岩方面に進むと
巻き道との分岐
2013-komochiyama-06

分岐からは岩場の急登
2013-komochiyama-07

登り終えると
子持山方面としし岩への分岐になる
2013-komochiyama-08

分岐後すぐにしし岩
2013-komochiyama-09

ファミリーのパーティの写真を撮ってあげたら
「あなたも・・」とパシャ!!
2013-komochiyama-10

さてこれからしし岩に登るのだが
おぉぉぉぉっぉ
すげぇ鎖梯子
2013-komochiyama-11

登るとしし岩の上
2013-komochiyama-14
御嶽山の碑がある

岩の先端は
2013-komochiyama-13
こんな感じ

眺望は最高で
2013-komochiyama-12
さすがに山ガールの真似は、おじさんにはできませんでした
高所恐怖症なもので^^;

なら何で山登んだろう・・?自己疑問

さて岩からの下りは先程の
鎖梯子
2013-komochiyama-15
ひぇぇぇぇ
登るより怖いけど
慎重に三点確保すれば、すんなり降りられる

先ほどの子持山方面への分岐に戻り
子持山頂を目指す
2013-komochiyama-16
すごい急坂
でも岩が階段上になっているから・・・

ここが巻き道との合流点
2013-komochiyama-17
「滑落注意」の看板が怖い

振り返ると
しし岩・・誰か岩の上に登ってる
ひぇぇぇ
2013-komochiyama-18

目指す子持山頂が見えてきた
2013-komochiyama-19

アップダウンで疲れてきたら
2013-komochiyama-21
「はい!!がんばって歩きます」

ようやく柳木ヶ嶺
2013-komochiyama-22
下山ルートはこの「大タルミ 8号橋方面」になる

石の祠にお参り
2013-komochiyama-23

この後は暫く尾根歩きとなる

聞きなれない鳥の声に振り向くと
シジュウカラではないか
聞いたこと無い声だと思ったら
ペアリングの最中
彼女への甘い囁きだったのね
他にも巣の材料と思われる
モコモコの草を咥えたシジュウカラもいた

鳥を見ていたら
途中出会ったファミリー(小1と小3くらいの娘さん二人連れたファミリ)に
道を譲った
2013-komochiyama-24
しし岩で降りようとした時
登ってきた女の子だ
子供は「つおい!!」

2013-komochiyama-25
山頂に向け急登が始まる

岩場にはロープが
2013-komochiyama-26

この後さすがに小1の女の子には難儀な登りで
追いついてしまったので
先を譲って頂いた

女の子怒っているそうだ
何でこんな急なんだと・・かな?

見上げると山頂の岸壁
2013-komochiyama-27

太いロープ場
2013-komochiyama-28
これをクリアすると

子持山頂への尾根
2013-komochiyama-29

おじさんも登ってきたぞ
2013-komochiyama-30

山頂には「十二山神」の碑がある
2013-komochiyama-36

お昼にしようとしたら
あのファミリーも来た
小1の女の子も登ってこられたんだね
2013-komochiyama-31

山ごはんを食べて
食後の楽しみ
2013-komochiyama-32

コーヒーにタバコ吸いたいので
皆の場所から遠ざかって・・一服

山頂からの展望も最高で

武尊山
2013-komochiyama-33

皇海山
2013-komochiyama-34

そして谷川連峰
2013-komochiyama-35

6月になれば雪融けて
2000m級の山にチャレンジだ

下山を開始
先ほど登った岩場の急斜面
降りるのに手こずる
2013-komochiyama-37

柳木ヶ嶺の分岐を大タルミ(8号橋)方面に下る
すると
2013-komochiyama-38
「事故発生 下山注意」の看板
ひぇぇ

さらに
急遽作られたらしい迂回ルート
2013-komochiyama-39

しかし「事故発生 下山注意」がどんな感じか見たくて
迂回ルートを選ばなかった
しかしそれが誤りだったと
気づくのに時間はかからなかった
急坂の下りで
子持山に多い軽石のザレ場
滑るっ滑る
踏ん張りすぎて・・疲れた
皆さんこうならないように
迂回ルートを使いましょう

こんな下り
2013-komochiyama-40
をしながら

左にしし岩
2013-komochiyama-41

ようやく大タルミ
2013-komochiyama-42
直進すれば午十二の石祠のある十二

ただ先ほど下りでバテたおじさんは
8号橋へショートカット
ここに書いてある8号橋までの距離
1.8Kmとあります

このあとこの1.8Kmが問題に

左折して杉林を下って行くと
水のない沢に出た

ふと見ると足元の朽ちた道標が木に寄りかかっている
2013-komochiyama-43
最初はこの通り
「あと900m」と信じていた

しかしかなり下った時
2013-komochiyama-44
「えっ100mしか降りてない?」

よくよく考えると
朽ちた道標は「大タルミ0.4Km 8号橋0.9Km」とある
つまり大タルミ~8号橋=1.3Km
しかし大タルミの道標は8号橋まで1.8Km
算数の苦手なおじさんにもよく分かる

500mはどこに消えたの?

こんな杉林を下りながらぶつぶつ言ってたら
2013-komochiyama-45

8号橋上のポイント
2013-komochiyama-46

あぁやっと降りてきた

しかしこの山
何故県外からも登山者が耐えないのか登って判った
本に載ったからじゃない
バリエーションに富んでいて飽きさせない山だ

また子持山登るゾォ

今回出会った鳥

シジュウカラ
shijuukara
(山野の鳥 日本野鳥の会版)より転載


声を確認した鳥

ツツドリ
tutudori

(山野の鳥 日本野鳥の会版)より転載

オオルリ
ooruri
(山野の鳥 日本野鳥の会版)より転載

スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2013/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索