実家での釣行と赤城山(鍋割山)

平成25年3月9日(土)

実家付近の薄根川支流H川(水温:6℃)、SK川(水温:6℃)
そして利根川支流YD川(水温:4℃)
2013-yd-kawa
川岸には雪が残り

残念ながら3河川とも無反応だった

途中
雪の武尊山
hotaka

そして谷川岳
tanigawa

今年は登るぞぉ・・

************************

平成25年3月10日(日)

赤城山系鍋割山(日本百名山)

朝一作業終えた所で外は暖かい
これは家にいてはもったいないと
そそくさと装備を整え
赤城へ

姫百合駐車場に着くと
50台停められる駐車場がほぼ満車
何とか2台分空いていた
当方が停めたすぐ後もう一台入って満車
2013-nabewari1-01

時計は11時
2013-nabewari1-02
今回荒山に登るか、鍋割山にするか
迷っていたため
地図の茶色太線の途中から点線になる
見晴広場を目指すことにした

すぐ登り始めよう
登山口に来ると
2013-nabewari1-03
あらら
凍ってら
さっそくスパイクを装着

途中荒山高原と見晴広場の分岐を
見晴広場方向へ

40分ほど行くと
お姉さま方3人が立ち止まっている
聞くとこの先足跡が消えて
岩場になると考え込んでいた

一度100m程戻り道標を確認するが
道は間違っていない

暫く行くとパウチでカバーした案内の紙が
半分破れている
破けた部分を戻すと右方向だ

どうもお姉さま方は左に行ってしまったらしい

お姉さま方を先導し
見晴広場へ登っていく
暑いと思ったら
ミニ温度計は12℃

尾根が近づくにつれ風が強くなってきた

途中戻ったことで
見晴広場へ到着したのは12:15
ここから荒山まで45分
鍋割山は荒山高原経由で1時間10分

やはり当初予定通り鍋割山に決定

お姉さま方は荒山へ行くそうで
ここで別れた

荒山高原まで10分下る
2013-nabewari1-04
木々の間から鍋割山が見えている

風は増々強くなってきた

荒山高原には下りのため10分で着いた
2013-nabewari1-05
2013-nabewari1-06
さて小休止の後鍋割山を目指そうとすると
顔に何か当たって痛い
ビシバシ当たる・・・?

ヒョウだ!!

風は暴風
アウターのフードをかぶっても
顔面に正面から当たってくる
痛てぇ!!

ミニ温度計を見ると
氷点下になってる

鍋割山からは続々と降りてくる

この状態でこれから上るなんていうのは
アホだよな・・・

それに痛い!!

登頂断念しそそくさと下山

なんと25分で駐車場に降りてきてしまった^^;

駐車場は吹雪

下界を見ると
黄色い煙の層に覆われている

ニュースを見ると各地で煙霧に覆われたとあった


スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2013/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索