増水の釣

平成23年8月27日(土)
利根川支流SK川

連日のゲリラ豪雨で
どの川も通常より増水
なるべくフラットなポイントがあるSK川に入った

平水期より15Cm多い水位で
入渓してみるが激流で・・・流されそう

大石のあるポイントで
緩い流れの肩に流すと
バシャ!っと反応しフッキング
しかし速い流れに呑み込まれ
ばれてしまった

次の段の流芯を流すと
yamame2011-37
15Cmのヤマメだ

しばらく釣りあがるが反応は無い

退渓点付近の川岸の緩い流れから
yamame2011-38
16Cmのヤマメだ

退渓後川場スキー場付近の
桜川を視察
なかなか良さそうな渓相なので
試そうと思ったが
霧が巻き始め
「熊さん」が怖いので諦めた


薄根川支流M川

前回娘と入渓したポイントの上流に入ってみた
道路に沿った川だから
かなり荒らされていると思うわれる
m-kawa2

ここも増水しているが
そもそも細渓なので
釣りあがるには支障なかった

釣り始めて
最初に出たのが
iwana2011-38
16Cmのイワナ

その後
小プールに低木の枝が張り出したポイントを
ロールキャストしたら
iwana2011-39
7寸(21Cm)のイワナだ

増水して流せるポイントが限られていたが
もう少し水位が落ちれば
もう少し釣果が期待できるのかな・・・?

今シーズンも残すところあと3週間
あと何回竿を出せるだろうか
今週末は台風が接近しているので
無理かも・・・・(>_<)
スポンサーサイト

いつもの魚が又遊んでくれた

平成23年8月13日(土)
薄根川支流H川

「お盆には殺生しちゃなんねぇ」と言われている
でも当方はキャッチ&リリースで殺生じゃない
「でもいじめてるじゃん」そう言われると・・・
鉤掛かると痛いだろうね・・

で・・迎え盆の墓参り前なら良いだろう・・と
勝手な解釈をして

H川下流部
堰堤下の橋~管理釣り場の橋を釣ろうと入渓
やはり、H川は増水気味
多分上流のダムで放水しているんだろう

7・8m程の川幅
平瀬が多くポイントを絞りにくい
川底にブロックを敷き詰めた区間で
反応はあったが乗らない
そのまま管理釣り場が視界に入る地点まで釣りあがったが
魚影すら無い

やむなく退渓し

上流へ車で移動し、いつものポイントへ
入渓して戸惑った
「すげぇ増水・・激流!!」
一歩間違うと流されてしまう

先日の大水で葦がことごとくなぎ倒され
何とか残った葦につかまりウェーディング
手を離したら確実に流される

所々小さな流れの緩いポイントに
フライを流してみる
やはり小さすぎて魚は付いていない

やや長い緩みに流すと
下から食いつく姿が見えた
フッキングし手繰り寄せるが
足元が流れで不安定
結局ネットイン前にバレタ
18Cm程度のヤマメだ

何度が流されそうになりながら
絶好ポイントにようやくたどり着いた
なんとそこには数匹固まっている
激流をかわす場所は限られているためだな
このポイントで
iwana2011-36
綺麗な7寸(21Cm)イワナ

yamame2011-36
そして精悍な面構えの7寸超(23Cm)のヤマメ

iwana2011-37
さらにはやはり綺麗な7寸超(22Cm)のイワナ

結構型の良いのが釣れた

これ以上は激流も更に激しさを増すし
お墓参りもあるので退渓

-----------------------
実家に戻ると
師匠からのメール
朝お父さんが亡くなったそうだ

ご冥福を祈ります

3年前当方も親父を亡くしている
鮎釣の好きな親父だった
子供のころ
渓流釣を教えてくれと頼んだが
子供には危険だからと
連れて行ってくれなかった

でもあのころ餌釣の渓流を覚えてしまえば
今FlyFishingはしてないかもな・・・・

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

娘との釣行2

前回の娘との釣行はあいにく小雨の釣行となってしまった
雨を気にせず釣りたいというので
今回の釣行となった

さらに娘は「イワナ釣ってみたい」
たしかに先シーズンはヤマメしか釣っていない
前回釣ったがネットイン前にバレテしまい
手に取ったことが無かった

イワナだと以前会社の先輩と入った
H川源流を思い出した

さっそく向かったのだが
現地に着くと既に先行者の車
丁度車から歩き出したところ
数分の差で先行されてしまった

やむなく前回入渓したM川を目指した

平成23年8月9日(火)
薄根川支流M川(水温:16.5℃)

前回の入渓ポイントより下った橋から入渓し
前回退渓した橋までの750mを予定した
M川は細渓で岸を杉林に覆われているが
下枝がキチンと落とされているので
キャストに支障は無い
m-kawa
高低差があまり無いので
フライを流すにはベストな流速

今回も当方は娘のアシスト
入渓ポイントで娘はチビッコを宙に飛ばした
さらに次の段で
小さいが娘念願の「イワナ」ゲット
iwana2011-33
「イワナだ・・イワナだ」とキャッキャ喜んでいた

その後20Cmクラスのイワナ2匹釣り上げるが
ネットインするとき娘がティペットを持ったため
暴れてバレタ
2匹目はラインを早くリトリーブしすぎてバレタ
せっかくなかなかのサイズだったのに・・・

当方は娘がキャストできない
枝が張り出したポイントを流すと
yamame2011-34
18Cmのヤマメ

こんな浅い平瀬居ないだろうけど・・って流したら
iwana2011-34
15Cmのイワナ

更に落ち込み脇の巻き返し
娘に「こういう場所にイワナがいるんだよ」と
レクチャーして流したら
yamame2011-35
15Cmのヤマメ・・イワナじゃなかった(^_^;)

娘は「お父さんばかり釣らないで」と怒っていた

退渓点付近で
やっと娘にもきた
iwana2011-35
15Cmのイワナだ

娘はこれで満足した様子

川を釣りあがっているときは
汗かくことも無かったが
退渓したら
どっと汗
この日群馬は猛暑日だった
いかに川は涼しいか実感した

それと今回はGRAYのFLYを試した
当方が釣った最初の2匹はGRAY
最後のはGRAYをロストしたので
BROWN
これでOLIBE、BROWN、GRAYを試したが
すべて同様の釣果
あとはYELLOWを残すのみ

娘はずっとOLIBEだった

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

ブラウンFLYの実践

お盆を前に
実家のお墓掃除を終わらせて
そそくさとROD片手に車を走らせた

赤倉川の橋に工事も終わった事だろうと
向かった。
橋は工事が終わって渡れるのだが
渡れるのは橋まで
林道は相変わらず「通行止め」

赤倉川が合流する薄根川を見ると
綺麗に澄んでいる
こんな透明度の高い川で
FLYを流してみたいと思い

入渓可能な合流地点下流部へ移動した
小住温泉下流部に車を寄せられるスペースがあったので
そこから入渓

平成23年8月6日(土)
薄根川上流部(水温:15.5℃)

渓相は最高
水は澄んでいるしRODを振り回すには
充分なスペース
低木も少ない・・・
しかし・・・魚が居ない
反応が無い
ようやく1匹ゲットしたのが
yamame2011-32
10Cmのかわいいやつ

小住温泉入り口付近にのみ
擁壁が無く退渓可能

このまま釣りあがっても釣果が期待できないので
退渓

先日無くした水温計の変わりに購入した
赤外線水温計を使ってみたが
これは優れもの、水面に近づけ
ボタン押すだけで水温が即時表示される
買ってよかった

退渓後いつものH川を目指したが
久々に桜川の富士山ビレッジ付近で遊ぼうと右折

魚影は薄いが一応居る
流すと追いかけながら
すぅーっと咥えるのが見えた
見えたものだから
早合わせ
バレタ
そのまま堰堤まで釣りあがるがチビッコの反応のみ

そそくさと退渓しH川へ移動
しかし途中M川を思い出した
林道を左折し渓相を見ると
水量もそこそこ
自治体が樹木管理しているので
川沿いに生える杉も
低い部分は「下枝」を切ってあるので
RODも振り回せそうなので入渓

薄根川支流M川(水温:16.5℃)
道路沿いの川だが擁壁が続き
50m程下流から入渓

入渓ポイントで魚が走った
魚影はそこそこ
1匹目は
yamame2011-33
18Cmの綺麗なヤマメ

そういえばOlibe以外のFlyを試そうとしたのを思い出した
水辺に茶色の羽をばたつかせている甲虫類が居る
前回巻いたBROWNを取り出し
流した
反応は結構良いのだが2匹ばらしてしまった
やや緩めな流れからイワナをゲットしたが
写真撮影に手こずっていたら
ネットから飛び出し
ナチュラルリリース

これもFLYが外れていた
バラシも多いのでフックを確認すると
何回か木や石に引っ掛けたせいか
フックの先のポイントが甘くなっていた

BROWNもOLIBE同様の反応が見られた

次回はYELLOWとGRAYを試してみよう

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2011/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト