ついに!!

平成23年5月21日(土)

実家近くでまだ足を踏み入れていない
薄根川上流部の支流赤倉川を目指した
しかし現地まで着てみると
薄根川を渡る橋が工事中で
赤倉川に入れない

諦めて中流部に入るが増水で反応がない

薄根川支流H川(水温:10℃)

いつもの入渓点から入る
そこはプール状になっていて
落ち込みの白泡のサイドで
いつも反応はあるが
フッキングしたことがない

そんなことを思いながら
フライを2度3度流すと
小さくライズしながらフッキング

「15Cm程度かな?」とロッドを煽ると
魚が顔を出さない
重くて顔が出ない
右サイドの弛みに寄せてネットインすると

大きい!!
iwana2011-06
ついに「尺!!」と喜んだが
計ったら28Cm・・・泣き尺だ

しかし当方には今までの最大のサイズ

鰭を見ると片方無い
養殖後の放流魚だ

しかし丸々として重い奴だ

川は増水していてポイントがすべて潰れ
釣り上がるもその激流で流されそうになるので
途中退渓した

しかし何回か激流の筋から反応はあった
もう少し水が落ちたら楽しみだ

川をS川に移動した
田植えが始まり途中農業用水にとられているせいか
水位はベスト状態に下がっているが
先行者が2名いて
ちょっと竿を出しただけで退渓

この日は泣き尺の1匹のみ・・・・
スポンサーサイト

不漁続き

このところ釣れない

H23年4月24日(日)
利根川支流 阪東漁協管内 NO川

yamame2011-08
15Cmのヤマメのみネットイン
バラシ4匹

H23年4月29日(金)
師匠と足尾のM沢に向かった
魚影は確認できるが水温が5℃と低く
バラシ2匹で
ボ・・・・

群馬に戻りY川上流部をやるが
y-kawa


iwana2011-03
15Cmのイワナのみ

連休で釣り人が多いが
H23年5月6日(金)
阪東漁協管内 NO川下流部

放流された7寸のヤマメが出たが
yamame2011-09

その後は
yamame2011-10
yamame2011-11
1匹バラシと10Cm強のチビッコヤマメのみ

H23年5月7日(土)
実家近くの白沢川や薄根川を攻めるが
1匹バラシでまたもや
ボ・・・・

H23年5月14日(土)
阪東漁協管内 NO川最下流部

増水のせいでニンフで攻めるが
2匹バラシで
ボ・・・・

H23年5月16日(月)
渡良瀬川支流OSD川(水温:9.2℃)

osd-kawa

以前から師匠と入渓を計画していた部分
師匠は橋から下流
当方は橋から前回入渓した第1堰堤まで

水が異常にクリアで
川底が白い砂だから余計クリア
入渓した上流の橋の下で
yamame2011-12
20Cmのヤマメ
流れが緩やかだったせいか
バラシ病は出なかった

しかしそのすぐ上の段で
肩に出たヤマメはバラシてしまった

その後堰堤まで釣り上がるが反応なし

続いて半月ほど前師匠と入渓した
渡良瀬川支流Y川(水温:10.5℃)
上流は落差が少ないので入ってみた
y-kawa2

釣り始めてすぐに
iwana2011-04
15Cmのイワナ

続いて
iwana2011-05
20Cmのイワナ

バラシ病克服か・・(^_^;)

落ち込み脇の泡の溜まった場所に
イワナ狙いで落とすと
yamame2011-12
なぜか18Cmのヤマメ

今回流れが穏やかだったせいか
バラシは1匹のみ

それと
fly top
FlyTopというフロータント
通常のジェルタイプに比べ粘性が高く持続性が良いので
リーダに塗ったところ
通常であれば沈んだリーダにティペットが引っ張られ
すぐにドラッグがかかってしまうが
以前よりは長くナチュラルドリフトできた

今回のバラシ克服はこのフロータントも一役担っていたかもしれない
FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト