今年の足尾は終わりだな

平成29年8月26日(土)

足尾漁協管内M沢(水温:16.8℃)

週末は
ずっと雨
いつも雨

今日の天気予報は
まちまちで

でもきっと晴れる

三週間ぶりに師匠と釣行

行くなら足尾でしょ!!
行くっきゃ無いでしょ


現地に着いたのは7時
ある天気予報は7時から雨

でも降ってない

さっそく装備整え入渓

増水が気になっていたが
20170826-001.jpg
平水時よりチョット多いだけ

雨は10分ほどポツポツっとあっただけ


いつも居るけど釣れないプールに
魚は居ない

ずっとずっと釣り上がるが
魚は居ない

いつも反応のあるプール
20170826-002.jpg
やっぱり居ない

後半に
20170826-003.jpg

20170826-004.jpg
やっと1匹
18Cmのヤマメ

だが当方は退渓ポイントまで結局この一匹

師匠は退渓ポイント直前の
二股に分かれた流れから
20170826-005.jpg
8寸ヤマメ

更に退渓ポイントで
20170826-006.jpg
7寸イワナ

退渓ポイントの橋まで来たが
時計は11時
いつもより1時間早い
それだけ釣れなかったって事だ

時計を見ながら
「あと1時間釣り上がるか?」

ということでそのまま
橋の上流部に入った

しかしこの区間当方はボォズ
師匠はイワナ一匹

「おかしい・・ここはキャッチアンドリリース区間なのに
魚が居ない・・皆釣り上げてお持ち帰りしてる」
困ったことだ

車に戻り昼食
天気予報通り晴れてきた


******************


今回師匠が面白いものを持ってきた
20170826-007.jpg
「近頃このカレーメシにハマっている」という
中を見ると「アルファ米」のような感じ
熱湯を230ml入れ5分待つと
カレーの出来上がり

「これ中身をジップロックに入れたら
がさバラなくなるから山に持っていけそう」
そう思ったら

帰宅後にネットを見ると
カレーメシが超優秀!ジップロックで出来る裏ワザ書いてあった

ふと
「麻婆豆腐丼もできるんじゃないかな?」って言ったら

カレー以外に
20170826-008.jpg
チキンラーメンぶっこみ飯
20170826-009.jpg
カップヌードルぶっこみ飯
なるものまで作られている

ならば「麻婆豆腐丼」作って下さい日清さん

******************

追記

8/29
師匠はリベンジで
この橋の上流部に独りで入り
つ抜け(10匹以上)たという

つい3日前前述の通り、当方はぼぉず
師匠も1匹という散々な状況だったのに・・

川は良くわからん
スポンサーサイト

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

再び もの凄いボサの阪東漁協管内N川

平成29年8月19日(土)

阪東漁協管内N川(水温:17.6℃)

20170819-001.jpg
(手前は水路、本流は葦のボサで見えない)


連休も雨、その後もずっと雨
そのため今週末はいつもの足尾、根利は増水気味
師匠との釣行は諦めた

2週間以上釣りしていない・・

しかし・・朝から晴れている

うずうずしてきて

家から一番近いN川へ

******************

先日
20170803-012.jpg
やっと1個だけ売っていた「FLY TOP」を購入したが
使い切ったら困る

何とか代わりになる商品は無いものか?
ネットで調べたら
これをフロータントとして使っている人が居た
20170819-002-2.jpg

20170819-003.jpg
「ラナパー レザートリートメント」 革のお手入れクリームだ

スミスからラナパーフライライン フロータントが売られているんだから
20170819-008.jpg

「ラナパー レザートリートメント」もフライに使えるだろう
どちらも成分は同じく、密ロウとホホバ油の天然成分のみ

******************

さて入渓すると
前回(7月上旬)よりも更に葦が伸びている
それに増水
今回は河川水位情報で0.28mと有った
前回よりやや多いが平気だろうと思ったが大間違い

フライにラナパーを塗ってみた
さほどベタベタせずサラっと塗れる

釣り始めると反応が良い

ただしチビッコ

こんなのや
20170819-004.jpg
こんなのが
20170819-005.jpg
お出迎えしてくれた

ラナパーは「FLY TOP」同様に
水を切ってやれば、また浮いてくれる

フロータントの持ちは「FLY TOP」並に良い

これは成功だ!!

その後何匹もチビッコを宙に飛ばし
増水の肩が緩やかな鏡状になったポイントに落とすと
20170819-006.jpg
おぉ!!チビッコではなく
7寸ヤマメが出た

その後フライからテンカラに変更するが
ロッドが長くて激流のピンポイントには入れづらい

フライに戻そうかと思ったが
面倒なのでティペット部を2ft短くして継続

すると流れから
20170819-007.jpg
18Cmのヤマメ

うむうむ
やはりテンカラはナチュラルドリフトさせやすいので
釣れる

しかしその後チビッコの反応も無くなり退渓
だが背丈を越える葦を掻き分け進むのは難儀
5m進むのに1分以上掛かった^^;


さてラナパー
かなり良いフロータントとして使えるので
今後は中瓶を買ってみよう
本来の革の仕上材にも使えるから・・・

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

リベンジ足尾釣行

平成29年8月3日(木)

足尾漁協管内M沢(水温:16℃)

前回惨敗となった足尾釣行


今回リベンジ
さて結果はいかに・・・

入渓すると
20170803-001.jpg
水位は平水より若干少ない

入渓して直ぐの
いつもフライをプイっとされるプールで
魚影の頭にフライを落としたら
波に揉まれたのか
フライを喰ったのか判らないでいたら
師匠が「喰った」と叫んだので
合わせた
フッキングしたがタイミングがズレたためバレてしまった

気を取り直して
その直ぐ上の段
流れにフライを乗せたら
20170803-002.jpg

20170803-003.jpg
7寸強のイワナだ

その後反応が無くなり

中盤を過ぎる頃から
反応が出始めた

段差の激しい落ち込み脇から
20170803-004.jpg
18Cmのイワナだ

前回唯一釣れたプール
「前回ここで釣れたんだよな」と
落ち込み脇の岩陰にフライを落とすと
20170803-005.jpg

20170803-006.jpg
何と20Cmのヤマメ
綺麗だ

ここまで連続バラしの師匠も
20170803-007.jpg
釣果が出始めた


退渓ポイントに近づき
20170803-008.jpg

20170803-009.jpg
18Cmのヤマメ

師匠は
20170803-010.jpg
9寸イワナだ
ロッドが大きくしなっていた

退渓ポイント直前のプールから
20170803-011.jpg
真っ黒なイワナが出た

退渓し車に戻ると
「この後どうする?」
「明日仕事だから、ここまでにしない?」

土曜日なら続きをやりたいところだ

師匠は入渓ポイントの下流側をやるつもりだったらしい

しかし昼食を取っていると
当方達が入渓したポイントから
エサ釣り師が退渓してきた
下からずっと釣り上がってきたようだ

「入らなくて正解だったね」
顔を見合わせて苦笑した


******************

今回フロータントを変えた

AQUASEALのFLYTOP
(今はGEAR AIDというブランドになっているようだ)
以前使ったことがあり
その性能には惚れ込んでいたのだが
ショップにも入らなくなり
ネットでも探したが無かった

ところが先日
何気なく検索していたら
扱っているネットショップが有った
商品は450円(もっと高かったと思うが在庫処分?)
ただ送料が540円
何と送料の方が高いが
何しろ欲しかったので購入
20170803-012.jpg
ケースの中に
皮膚科で出される軟膏の様に
ペースト状のものが入っている

指先にほんの少し取り
フライに塗るだけ

結構粘度が高く
そう簡単には落ちない

今回久々に使ってみると
最初にフライに塗っただけで
その後は自作のフライドライヤーを水を吸わせるだけで
再塗布やドライシェークスプレーを使わずとも
ずっと浮いていた
20170729-008.jpg

やはりすごい性能だ

この自作のフライドライヤーもかなり水を吸ってくれる

何故売らなくなっちゃったんだろう
いいフロータントなのに・・・

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

渋かった根利釣行

平成29年7月6日(木)

根利川支流S川(水温:13.6℃)

先週末は仕事で釣行に行けなかった
今週末も家の用事で行けない

そこで師匠誘って休みを取って釣行

「どこ行こうか?」
「根利の牧場の上流やったことある?」と師匠
「無い」
「俺も途中までしかやってないから
今回は牧場の上やろう」

ということで根利へ

牧場付近は結構激戦区
いつも先行者の車がある

入渓してみると
結構ボサ

しばらく釣り上がったら開けてきた
20170706-001.jpg

まずは師匠がヒット
20170706-002.jpg
ヤマメだ
この川はイワナ主体の川と思っていたが

その後当方もヒット
20170706-003.jpg
16Cmほどのヤマメだ
やはりヤマメが出る
それも小振りだ

川はボサと開きを繰り返す

すると師匠にヒット
20170706-004-2.jpg

イワナだ
やっとイワナの顔を観た
でもイワナはこの一匹だけだった

3時間ほど釣上がり

当方やっと2匹め
20170706-005.jpg
やはりヤマメだ

師匠もヤマメを2匹追加している

うぅむやはりヤマメばかりだ

ボサが激しくなり
ふと川岸の土手を見ると
釣り人が入退渓した跡がある

師匠が登ってみると
細い小道になっているという

魚影は少ないし
ボサが激しくなったので
退渓

小道を進むと
国土地理院の地図に有る
点線道に出た
下っていくと牧場の中を通る

当方達が鈴をチリンチリンさせるものだから
牛が一斉にこちらを観てる
20170706-006.jpg


車に戻り
まだ早いので次の渓を探す
「K川の大堰堤の上やろうよ」
車を走らせ堰堤上に繋がるスループを下っていくと
「あらら先行者がいる」

「じゃぁ下流やるか」

3月の解禁の雪だらけの時にやって
ボォズだったので
リベンジだ

根利川支流K川(水温:14.5℃)

入渓すると増水気味

ポイントが潰れて難しい
「やはり今回もこの下流はボォズかな?」と思っていたら
20170706-007-2.jpg

20170706-008.jpg
7寸のヤマメだ
良い型が出た

しかし釣果は続かない

少しでも緩やかな流れにフライを流していたら
20170706-009.jpg
師匠にも7寸ヤマメがヒット

しかし退渓点まで来たのに
お互い1匹づつのみ

あと10mで退渓というポイントの
岸際の緩みに流したら
20170706-010-2.jpg

20170706-011.jpg
8寸イワナだ
最後の最後に出てくれて嬉しい!!

林道をテクテク歩いて降りる
やはり若干右膝周りに軽い痛みが
以前よりは帰りの林道下りの痛みは減ったが
夏のアルプス山行中止して正解だったかな

******************
今回フライベストの代わりに
リバーピークのフライフィッシング スリングバックを使った
20170706-012.jpg

前回師匠がこれを使ったら
釣行後の腰の痛みが無いという

さっそく購入し(Amazonで5112円だった)
カスタム改造
まずはネットのカールコードを接続するD管と
鈴2つ付けるD管を縫い付けた
20170706-013.jpg

更に背中のバックの中が広いので
小物収容のポーチを縫い付けた
20170706-014.jpg

スリングバッグで釣行した感想は

確かに腰の痛みが少ない
結構収納できるので
今までのフライベストのものを殆ど収納した

欲を言えばドライシェークスプレイを入れるポケットが欲しい
うぅむ次回改造だ

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

念願のCampanella C6693XCロッドの入魂(根利釣行)

平成29年5月27日(土)
根利川支流S川(水温:11.5℃)

先日念願のカムパネラ(Campanella)の6ピース6ft9inロッドを手に入れた
20170527-001.jpg
結構お値段良いので
懐が痛い

カスタムメイドできるので
ネームを入れてもらった
20170527-002.jpg


******************

さて入魂はどこでしようか?

先週お泊り釣行の帰り
根利川を覗くと
水位が下がっていたので
根利釣行に決定

根利は結構激戦区なので
いつもより早めに家を出た

根利川支流のK川中流部には
7時前に到着
し・・しかし先行者の車が
止む無く下流側に降りてきて
中流部と下流の中間点に入った
し・・しかし又も先行者の車
そこで下流部に到着
先行者の車の無いことを確認し
ウエッダ-に着替え入渓点へ
すると・・・・
こんなとこまで車入れてる先行者

あぁぁぁぁなんてこったい!!

結局K川を諦めS川へ移動
S川の堰堤へ降りるゲート前には
先行者の車は無い
良かった!!

堰堤上から入渓

そしてCampanellaの第一投
20170527-003.jpg
残念ながら反応なし

川は昨晩の雨で笹濁り
20170527-004.jpg

濁っているので川底の石が見づらく
すり足での釣行
このせいで、えらく疲れた

釣り始めて間もなくヒット
20170527-005.jpg

20170527-006.jpg
20Cmの岩魚だ

これでCampanellaに入魂できた
ロッドも一緒にパチッ!!

その後本流脇のタルミプールと
落ち込み脇からヒットしたのだが
両方共引き寄せている間にバレた

師匠もようやくヒット
20170527-009.jpg
型の良いのが出た

川岸には
20170527-008.jpg
ヤマツツジが満開だ

退渓点の橋の下で
20170527-010.jpg
師匠再びヒット!!

そこで当方も
その上のプールを流したが
反応無いのでピックアップしようとしたら
追いかけて来た魚が
当方に気づき
慌てて逃げた・・・^^;

橋で退渓

川の中で石が見づらく
踏ん張ったので
結構足に来てる
疲労感もある

しかし時計はまだ11時

「どうする?」
「O沢行こう」

******************
根利川支流O沢(水温:13℃)

入渓点へ到着し
立ちショ○しながら
フト、川を覗き込むと
落ち込み脇の反転流に魚影が

師匠を呼んで確認する
「でけぇ~、尺有るんじゃない?」

当方はまずその反転流を攻める
フライが真上に落ちた

しかし反応が無い

こちらから魚影は確認できる
何度流しても喰いついてこない

師匠を呼んでバトンタッチ
師匠も上手く反転流にフライを乗せるが
喰ってこない

しばらく格闘するが反応無いので諦めた

「釣りたかったなぁ」と
ボヤきながらその上のプールを流すと
20170527-011.jpg

20170527-012.jpg
20Cmの岩魚だ

そのプールの流れ込み脇の弛みに
フライを落としたら
20170527-013.jpg
16Cmの岩魚

師匠は少し離れたとこに居たので
お写真は無し

快調な滑り出し

川辺には
20170527-014.jpg
ゲンノショウコの群生が咲いている

しばらく釣り上がり
師匠も負けじと
20170527-015.jpg
7寸クラスをゲット

中盤を過ぎ師匠は数匹追加した
しかし疲労が溜まってきたので
師匠のお写真撮りに駆け寄る元気が無い

退渓点の橋で退渓

二人共ヘトヘト

「O沢は疲れたイメージしかない」
確かにいつも他の川をやった後来ているから
O沢はいつも疲労の釣り

「今度いきなりO沢で滝までやろうよ!!」


******************
Campanellaを使った感想

軽い、Campanella3ピースの6ft9inを以前から使っているが
それより軽く感じる

キャストの正確性は、ねじれが無いためか
狙った所に結構落とせる

グリップの形状はハーフウェル
初めて握ったグリップだが
非常に握りやすい
ピンポイントを攻めるのに
人差し指伸ばし、グリップの反り返しに当てると
安定しやすい

ショートキャストもティップが素早く帰りキャストしやすく
セミロングキャストも安定している

手に入れて正解だった

しばらくはこのロッドメインだな^^;

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

ラッキーだったけど寂しかった出来事

今日行きつけのチェーン店の床屋に行った
平日顔そり無しは1980円のリーズナブルな床屋

担当した女の子がメニュー表見せて
「お客様は顔そり無しなので1980円になります」と案内してから
カットを始めた

カットが終わって会計のパソコンで
女の子が手こずっている
どうしたのかと思ったら
「お客様はシニア割引になりまして、1404円です」

ラッキー500円引きだぁ・・・・

そう今日が誕生日で還暦

だが・・シニアって言われて何か寂しくなった(;_;)

悲惨だった鳴沢湖初釣り

平成28年10月23日(日)

鳴沢湖(アカムシ、白サシ)

20161023-001.jpg

今回会社のKさんとお孫さん(小学校3年生)と
鳴沢湖の桟橋釣りに行った
20161023-002.jpg

昨年からワカサギ釣りを始めたが
桟橋釣りは初めて

座り疲れたら立ち上がって伸びる事もできるが
魚を追って移動はボートのようにはできない

桟橋釣りはトイレにも困らないし・・

今回は先日完成した
魚探の電源システムの確認も目的に有った
20161023-003.jpg

今回試したかったのが
2泊3日の縦走登山用に数年前に買った
モバイルバッテリーが
この魚探システムでどれだけもつのか・・
20161023-004.jpg

当方が魚探の設定に手こずっている間に
Kさんのお孫さんは6匹ほど釣り上げていた

やっとセッティングも終わって
釣り始めると
全く反応が無くなってしまった

その後1時間に数回のアタリ
周りに居た常連さんや
プロの方も
今日は出ないと
9時を過ぎる頃には
納竿して帰っていった

テストしたモバイルバッテリーは3時間で終わってしまった
その後今回購入した
Anker PowerCore 10000に交換
20161023-005.jpg
1時に納竿した時
LEDの残量は全て点いていた
次回はAnker PowerCore 10000の使用時間のテストだ

管理所の方がゴミ集めに来ながら
「今日はどなたにも、どの位釣れましたか」って聞けないんですよ
周りの皆同じように釣れなかったようだ

******************

今まで0.3号の幹糸に
同じく0.3号で、5Cmの枝スのシステムを使っていた
今回、0.6号の幹糸と同じく0.6号の2Cm枝スを勧められたものを
作って使ってみたが
残念ながらこの魚影では効果は確認できなかった

途中今までの仕掛けと
0.3号の幹糸と同じく0.3号の2Cm枝ス
それで何とか11匹で納竿した

theme : ワカサギ釣
genre : 趣味・実用

4度目の赤谷湖

平成28年10月15日(土)

赤谷湖(アカムシ、紅サシ、白サシ)

20161015-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

前々回ビクを流され
保冷バックで作ってみたが
ワカサギ外しを使うため
仕掛けをビクの中に入れたら
想定外に針が引っかかった
20161010-004.jpg

そこでEVA素材の
水くみバケツに目が行った
しかし高さは20Cmしかない
少なくも30Cm以上は必要だ

ではこのバケツ2つを縦に繋いだら
20161015-002.jpg
さっそく上州屋で2つ購入

まず上となるバケツの底を切り抜き
20161015-003.jpg

下となるバケツの
補強の針金と錘を外す
20161015-004.jpg

上下をミシンで縫おうと思ったが
ツルツル滑ってミシンでは縫えない

そこで2mmのハトメ抜きパンチで
2cm間隔に穴を開け
結束バンドで接続

しかし素材がピンとしないので
波売っている

何とか接続できた
20161015-005.jpg

そのビクを持って4度目の赤谷湖に
山とワカサギ釣りの師匠Sさんと釣行
20161015-006.jpg

当初桟橋横のロープで釣るが
25匹釣ったとこで
アタリが止まった

そこで「まんてん星の湯」下へ移動
しかし・・30分経ってもアタリ無し

後から合流した名人Mさんが
「流れ込みも駄目」だというので
桟橋に引き返した

桟橋の先端に係留
20161015-007.jpg
しかしその後15匹釣れただけだ

Sさんも同程度だという

今回は皆シブかったようだ


theme : ワカサギ釣
genre : 趣味・実用

恒例 お泊り釣行 笠科川・片品川

平成28年5月27日~28日(金・土)

***27日***
笠科川(水温:11℃)

師匠と恒例のお泊り釣行

桐生を5時に出発
現地には7時に着けた

下流部には既に2台の先行者の車
我々が目指す津奈木橋上流のポイントには
先行者は居るのだろうか?

実は津奈木橋~水上側は5/27(当日)の10時に
開通予定だったが
今年は雪が少ないので
1周間前の20日に開通していた

現地に到着するが先行者は居ない
装備を整え入渓
20160527-001.jpg
少し霧雨が振っているので
レインウェアを着た

入渓してすぐのポイントで師匠は8寸イワナをゲット

当方は30分ほど釣り上がって初ヒット
20160527-002.jpg
18Cmのイワナだ

釣り上がっていると
川岸の崖に
20160527-003.jpg
シラネアオイが咲いている
2年前尾瀬の山ノ鼻へ下る登山道で出会ったきりだ

その後
20160527-004.jpg
7寸イワナ

20160527-005.jpg
8寸イワナをゲット

退渓ポイントの橋に来ると
これから釣り上がる餌釣り師に遭遇したが
当方たちはここで退渓

下流部に入渓するが
異常に水位が低い

それでも何とか
20160527-006.jpg
16Cmイワナをゲット

ゴルジュを高巻きするが行けど行けどゴルジュが続く
そのうち滝が見えたので
最初の高巻きまで戻り退渓

すると道路脇に
20160527-007.jpg
クリンソウが咲いていた

途中昼食を済ませ
午後はどこに入ろうか?

予定通りに車沢へ入ろうか?

すると師匠が
「片品川本流の学校裏で、尺が出たとネットに有った」
笠科川下流部の高巻きで、結構疲労が溜まった
平地で釣りたいので
片品川本流を目指した

片品川(水温:13℃)
20160527-008.jpg

魚道の落ち込みから
20160527-009.jpg
8寸ヤマメ

更にゴロゴロした石の流れから
20160527-010.jpg
18Cmイワナ

そして
石の間の流れから
フライを追いかけ大口を開けて喰いに来た
しかしタイミングが合わずフッキングしなかった
かなり大きな口だった
針に触れてないから
再び流すと
今度はしっかり喰い付いてきた

引きが激しく、走り、潜る
何とか引き寄せネットイン
20160527-011.jpg
9寸イワナだ

時計は4時近い

退渓しようとするが
護岸で退渓できない
何とか橋の下をよじ登り退渓

何か歩きにくい
そう思ってウェッダーを脱いだ時
靴を見ると
フェルトの上の層が剥げている
それも両足
誤って古い靴を持ってきてしまった

4時に旅館へ到着
20160527-012.jpg
今回も旅館はぎわら

6時の食事まで時間有るので
天然かけ流し温泉
20160527-013.jpg
硫黄アルカリ泉だ
ツルツルして気持ちいい

***28日***

さぁ2日目はどこ入る?

「昨日の片品川の下流をやりたい
先行者居たら車沢にしよう」

下流部に8時前に到着
20160527-014.jpg

靴が剥げているのが心配
何とかもってくれるだろうか?

小さな流れから
20160527-015.jpg
チビッコが出た

しかし流れが緩く
石も小さいのでポイントが無い

直ぐに退渓し
昨日のポイントに入った

昨日釣れなかったポイントは
竿を出さずに進む

師匠は8寸ヤマメ
18Cmイワナを釣った

当方は無反応

昨日の退渓点の先まで釣り上がる
しかし師匠も当方もアタリが無かった

見ると道を下ってきて
橋を渡る先行者を見た

あぁ先行者が居たならアタリ無いのも判る

護岸に唯一有る階段から退渓

戻り道の脇に
20160527-016.jpg
オドリコソウが咲いている
お初です

2日目はチビッコ1匹だったが
今回の釣行満足の行くものだった

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

秋色の古都鎌倉と横浜中華街フリータイム(バス旅行)

平成27年11月21日(土)

鎌倉

20151121_kamakura-001.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]

鶴岡八幡宮横駐車場(11:30)-<小町通り経由>-寿福寺(11:50)-仮粧坂(12:10)-
源氏山公園(12:15)-銭洗弁天(12:22/12:50)-佐助稲荷(12:57/13:08)-昼食(13:15/13:40)-
佐助トンネル(13:47)-鳩サブレ(14:00/14:05)-<小町通り経由>-鶴岡八幡宮(14:34/15:08)-
鶴岡八幡宮横駐車場(15:10)

今回読売旅行のバスツアーに、KさんとMと3人で参加した

前橋駅を6:10に出発し鎌倉10:00着予定
圏央道八王子JCで若干渋滞したが
結構スムーズに進んでいる
ところが厚木付近で事故渋滞
結局鎌倉到着は1時間半遅れの11:30

到着後Kさんが昔食べた「露西亜亭」のボルシチ食べたいと
小町通りを探した
しかし「露西亜亭」はピロシキの売店しか無い
レストランを探すが敷地内は別のレストラン
聞くと「11年前父が他界し、レストランは閉じました」という
仕方ないのでピロシキを買って、頬張りながら
銭洗弁天を目指した

小町通りを右折し踏切を渡ると直ぐに
寿福寺
20151121_kamakura-002.jpg
本院までの参道が長く、カエデの紅葉で有名だが
まだカエデは色づき始め

隣の英勝寺は覗き見ただけで
先を急ぐ

英勝寺の先に小さなお稲荷様
20151121_kamakura-003.jpg
英勝寺が管理しているようだが(お稲荷様由来の看板に英勝寺とある)
お寺さんでお稲荷様管理しているの・・・?

お稲荷様の先は線路のガード
20151121_kamakura-004.jpg
昭和を感じさせる風景だ
ここを左折し
すぐ先を再び左折
すると
20151121_kamakura-005.jpg
仮粧坂(けわいざか)の碑がある
この仮粧坂はガイドブックには化粧坂とある
何故「仮」が「化」に変わってしまったんだろう?

この仮粧坂が難所
当方にとっては、いつもの登山道
20151121_kamakura-006.jpg
しかし濡れているので滑る・・ちょっと危険

普段アスファルトの上しか歩いていないKさんとMは難儀

5分ほどで源氏山公園到着
しかし・・全く紅葉していない
所々カエデの赤が見えるだけ
日野俊基墓の分岐から下りに変わる

「せっかく登ったのにぃ」

7分程で銭洗弁天(宇賀福神社)到着
20151121_kamakura-007.jpg
入口は洞窟だ

洞窟を抜けると
20151121_kamakura-008.jpg
数本の鳥居が連なっている
稲荷様では無いので無色

境内には昔ながらの出店
20151121_kamakura-009.jpg
あぁここでも昭和を感じる

社務所で線香とロウソクとザルのセット(100円)を支払う
弁天様にお詣りし
横のロウソク立てにロウソクに火を付け刺す
そのロウソクで線香に火を付け
大きな線香立てに刺す
(しかし・・神社で何故線香・・・?)

弁天様横の洞窟内に湧き水がある
その湧き水でザルに入れたお金を洗い
お金を清める
20151121_kamakura-010.jpg
清めたお金はさっさと使ったほうが良いらしい

銭洗弁天の境内から佐助稲荷に通じる道がある
ただ人しか通れない階段だ
20151121_kamakura-011.jpg
住宅地の中にある階段なので
静かに通ってね・

住宅地を通りすぎるとT字路に
ここを右折すると佐助稲荷だ
佐助稲荷の手前に
佐助稲荷下社がある
なんでこんな近くで下社があるのか不思議だ

だたここには
20151121_kamakura-012.jpg
縁結びの十一面観音がある
もちろんMはお詣り

下社のすぐ先に佐助稲荷への階段が始まる
20151121_kamakura-013.jpg
ここはお稲荷様なので
連なる鳥居は赤い

数十本の鳥居をくぐると
最後に急階段
20151121_kamakura-014.jpg
登り切ると佐助稲荷だ

お詣りした後拝殿の裏に行くと
20151121_kamakura-015.jpg
お狐様がいっぱい
多分願かけてお礼参りに1体づつお狐さまを奉納しているんだろう

拝殿の横を上がると
20151121_kamakura-016.jpg
苔むした石祠がいっぱい
箱庭のような感じ
凄くここが気に入った

佐助稲荷を降りてくるともう13時
小町通りでは混んでいて
ランチするには時間がかかる
途中で食べていこうということで
佐助稲荷下社傍の
20151121_kamakura-017.jpg
LILAS
ここはチキンカレーとミートソーススパケティだけだが
チキンカレーがスパイシーで美味しいとガイドブックに有ったので
20151121_kamakura-018.jpg
頼みました

確かにスパイシー・・辛味も強い
当方には丁度良いがKさんには辛いという

ランチを済ませたら先を急ぐ
もう時計は13:40
集合時間は15:15
あと1時間半しかない

佐助トンネルへ向かう途中
20151121_kamakura-019.jpg
おぉ当方が絵の題材にしたいお店が・・
何枚か撮影し
先を急ぐ
途中左折するとすぐ先が
20151121_kamakura-020.jpg
佐助トンネル

考えてみたら徒歩でトンネルくぐるって・・・凄く久々なような・・・

Mが「鳩サブレ」買って帰りたいというので
小町通リを横断し
若宮大路へ
20151121_kamakura-021.jpg
若宮大路の真ん中の道は工事中で通れなかった

直ぐに鳩サブレの豊島屋に到着
20151121_kamakura-022.jpg
Mは「鳩サブレ」買ってご満悦
まだ1時間ちょっとあるので
小町通リへ

すげぇ人だらけ・・・

かまぼこ屋さんで買って
小物やさんで買って
・・・当方は何も買ってない・・・

再び若宮大路に戻り
鶴岡八幡宮へ
20151121_kamakura-023.jpg

八幡宮入って右の池にある
弁天様へお詣り
ここは縁結びで有名
もちろんMはお詣り
その裏に
20151121_kamakura-025.jpg
政子石
これはパワースポットだという

本殿に向かう途中
舞台で
20151121_kamakura-026.jpg
おぉ結婚式挙げてる
ちゃんと「笙、横笛、太鼓」の雅楽も
教会の結婚式より神々しくていいなぁ・・・

本殿への階段がかなりの急登
あぁ山よりキツイわ・・・^^;

本殿の八幡宮の文字に
20151121_kamakura-028.jpg
なるほどぉ~・・だから鳩サブレなのね・・納得

本殿右側に学業成就の神様「白旗神社」があるので向かった
すると
20151121_kamakura-029-2.jpg
リスだぁ!!

結構デカイ!!

何とか集合時間の5分前に駐車場到着
しかし3時間45分では大して見られないなぁ・・・

バスは当初予定から1時間15分遅れで出発
朝比奈ICから横浜中華街へ
予定通り1時間で到着
20151121_kamakura-030.jpg

しかし出発は1時間後
これじゃぁ中に入って食事できないよおぉ

まずは崎陽軒の「昔ながらの焼売」
これは当方が食べたいので、自分のおみあげに購入

さて小腹減ったけど時間ないので
仕方なく
20151121_kamakura-031.jpg
ネットで豚マンが美味しいと有った「江戸清」で
豚まん(500円)とフカヒレスープ(360円・・だったと記憶)
このフカヒレスープ結構旨い
豚まんもネットに載るほどで、そこそこ旨い

駐車場へ帰る途中
食材屋さんでフレッシュザーサイなるものを買ってきた
しかし・・家に帰って食べてみたら・・旨い・・ラー油入ってなく
辛くなく旨い
ビールのつまみに最高!!
ということで、食材買って

最後に甘栗買って
駐車場へ・・1時間じゃキツイよぉ

出発すると添乗員さんが
「外環道は大泉JCでクレーン車が横転し通行止め、
東北道に乗って、圏央道から関越道に乗り戻ります」って

えっ?東北道と圏央道ってつながってるんだっけ?
東北道の蓮田SAのトイレに10月31日開通と書いてあった
いつのまにか繋がったのね・・

駐車場を出てランドマークタワーの横を通ると
20151121_kamakura-032.jpg
観覧車のイルミネーションが綺麗・・

ただ・・結局横浜から4時間掛かって前橋駅に到着
家ついたら10時近く・・
明日は又4時半起きで、鳴沢湖にワカサギ釣り
さっさと夕飯済ませて・・寝た!!!!





横田エアベイス(FrendShip Festival)

平成27年9月19日(土)

今回旅行会社のツアーで
横田基地フレンドシップフェスティバルに
行ってきた

しかし当日国会では
おりしも安全保障関連法の本会議審議という状況で
なんとも複雑な思いでバスに乗った

今回本物の輸送機が見たかった
軍用機というよりも
双発プロペラ機が好きで
今回C130ハーキュリがお目当て
20150919_yokota-013.jpg

本来は旅客機ファンで
PCゲームMicrosoft Flight Simulatorの長年の愛好者
旅客機も過去のDC-7等の双発プロペラ機がお気に入り


前橋駅を8:10発
当初2時間で福生に到着予定が
11時を過ぎてしまった
下車した公園から10分ほど歩くと

第5ゲートが見えてきた
20150919_yokota-001.jpg
歩道は人で溢れてる

中に入っても荷物チェックの長い列
20150919_yokota-002.jpg

交差点のおまわりさんのアナウンスは
「現在混雑して中に入れません
このまま歩道で暫く待ってください」

そのアナウンスが丁度、当方荷物チェックの直前だった
横田基地のスタッフが
「1時半まで荷物チェックは10人に1人にして」
そう指示が出た

すると流れは早くなった
当方もスルーしようとしたら
スタッフに呼び止められた
白人のイケメン兵士だ

バックの中を見せると
「OK!!」
冷や汗かいた

中は広い
20150919_yokota-003.jpg

基地内は日陰がない
ジリジリと暑い
当方は山用のキャップを持参したが
かみさんと娘は忘れた

するとブースに、つたない「帽子」の文字が目に入った
ブースに入ってみると
FrendShip Festival記念グッズの帽子、Tシャツ、タンブラー
かみさんと娘はキャップ(1600円)とTシャツ(2000円)購入
白人の可愛い女の子が売っていたので
当方も誘われてTシャツ購入
20150919_yokota-003-1.jpg

時計は12時近い
とりあえずお昼食べよう
テントは兵士の模擬店と、日本の業者
ならば模擬店の方が面白そう
20150919_yokota-004.jpg
ちゃんとパティを網で焼いている

ハンバーガ+ボテトフライ+ドリンクで1000円

「ドレニシマス?」
片言の日本語でオーダーを聞いてくる
「Bセット、スリーね」
変な英語で注文
すると2300円という
「スリーセット」と指3本出したら
納得して3000円

2300円はセット2つとドリンクのみと思ったらしい

そのセットがこれ
20150919_yokota-005.jpg
まぁ文化祭の模擬店と同じ・・・と思ったら
ハンバーガーのパティ(肉)が違う
食べ慣れたマックなどとは、比べ物にならない程旨い
肉の味がしっかりしてる
「あぁこういうのが本物なのね」
普段騙されていたことが判った^^;

昼食済ませ
航空機の展示スペースへ

しかし・・遠い・・遠い

最初は尾翼も見えなかったが
200mほど歩いたら
20150919_yokota-005-2.jpg
ようやく見えてきた

まずはお目当てのC130ハーキュリ
20150919_yokota-006.jpg
記念写真をパチリ

続いて
20150919_yokota-007.jpg
HH-60G

20150919_yokota-008.jpg
こちらは自衛隊のUH-60JA
(先日の常総市の救助のニュースに映ってたような・・・)

20150919_yokota-009.jpg
C-17A グローブマスター輸送機

20150919_yokota-010.jpg
KC-135 ストラトタンカー空中給油機

20150919_yokota-011.jpg
P-8Aポセイドン海上偵察機(ボーイング737-800がベース)

20150919_yokota-012.jpg
日差しが暑く歩き疲れたので
C-17Aの巨大な翼の日陰で休憩

するとアナウンスが
「C130H 2機が編隊を組んで離陸し
滑走路上空でパラシュート降下を行います」
20150919_yokota-013_2015092021321951e.jpg
2機が離陸し

暫くすると
20150919_yokota-014.jpg
おぉパラシュート降下が始まった

20150919_yokota-015.jpg
旋回し着陸してきた

航空ショーも済んだので
再び展示航空機の見学
20150919_yokota-016.jpg
EA-6プラウラー

20150919_yokota-017.jpg
暑いので再びEA-6の翼の日陰で休憩

20150919_yokota-018.jpg
E-3セントリー早期警戒管制機

20150919_yokota-019.jpg
自衛隊のKC-767空中給油機(ボーイング767がベース)

20150919_yokota-020.jpg
MV-22オスプレー(何故かこの機体にだけ、日本のお巡りさんが警備してる・・意味判るが・・)

20150919_yokota-021.jpg
F-15C イーグル

20150919_yokota-022.jpg
自衛隊T-4 中等練習機
すると上空に米軍ヘリコプターが・・・

20150919_yokota-023.jpg
どうもFestivalを撮影しているようだ

20150919_yokota-024.jpg
A-10A サンダーボルト

20150919_yokota-025.jpg
自衛隊F-2B 支援戦闘機

20150919_yokota-026.jpg
自衛隊RF-4 ファントムII 偵察機

20150919_yokota-027.jpg
F-16ファイティングファルコン

20150919_yokota-028.jpg
自衛隊YS-11(民間航空会社では全て廃止となったが、まだまだ残っている)

20150919_yokota-029.jpg
エアロスバル

20150919_yokota-030.jpg
セスナT-41A

米軍機は偵察機や戦闘機以外は中やコックピットを公開していた
(自衛隊機は公開してなかった)
しかし長蛇の列で見られなかったので
次回は中やコックピットを見たいなぁ

戦争は反対だけど、航空機ファンには
機体に触れて嬉しいイベントだった

2回目釣行(桐生川支流)はぼぉず

平成27年3月14日(土)

桐生川支流忍山川(水温:5℃)
桐生川支流穴切沢

今週末は何とか天気は持ちそうだ
しかし源流部は雪シロが始まり
FLYには不適
そこで山に雪のない桐生川流域を攻めた

今回買ってから3度くらいしか使っていなかった
4ft9inchの超ショートロッド
それと早春に効果あるという
イエローサリー

忍山川は上流を師匠、下流に当方が入った
入渓してすぐにヒット
しかしリーダー8ftにティペット4ftと長かったため
取り込みに苦戦してバレた

その後は退渓点まで生体反応なし
上流を攻めた師匠も
「12Cmくらいのが2つ」だそうだ

川を変え穴切沢へ
渇水気味だが
フライを流せないことはない
ここも下流部に当方は入った
退渓点までボサで4ft9inchのロッドで何とかしのいだが
さすがにポイントを覆う低木には閉口した

上流を攻めた師匠も結局1匹で納竿

お昼は前回同様に煮込みうどん
やはり山でも川でも、煮込みうどんは最高だ

途中左下腹部に痛みが出始めた
自宅に戻った時は夕方だったので
掛かり付けの病院は休み

朝を待って日曜当番医へ
5年前にもかかった腸炎
直腸手前に空膣が出来
そこに便が貯まり、乾燥してカチカチになると
周囲の腸が炎症を起こす

病院から戻ると
裏の家の「サクランボ」が満開だ
20150315-001.jpg
昨年は3/21
一昨年は3/17に満開
昨年より一週間早い
先週まで寒かったのに、これから暖かくなるのだろう

ふと足元を見ると
20150315-002.jpg
小さなホトケノザ

それに
20150315-003.jpg
オオイヌノフグリ

その横には
20150315-004.jpg
フキノトウが芽を出した

いよいよ春だな

ことしの冬は心にも寒かったから
温かい春がありがたい

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

カーナビが壊れた

年末に車を走らせていると
いきなりナビの画面が消えた

車を停止しイグニッションを入れ直したら
治った

翌日も走行中いきなり消えた
HDDに保存している音楽や画像を疑い
全て消去した

しかし再度画面が消えた
それも自動リセットがかかっても
画面が復活するときと、そのまま
消えたままの状態となり
ナビとしての機能を果たさなくなった

ナビは今の車を購入1年後に
購入し自分で取り付けた
だから・・愛着もある
わずか5年で寿命となった
電子機器は6年が耐用年数だから
いたしかたないのかな?

仕方なく初買いで購入することにした
車も年限経っているから
安いのでいいかと考えたが
5万円台で購入できるナビは
やはりそれなりの機能しか持ち合わせていない
結果
KENWOODの MDV-626DTを8万9千円で購入
価格.comの最安値が8万3千円代だったが
今回の状況からメンテを考え近くの
ショップで購入した
navi

16GSSD内臓でレスポンスは
今までのHDDとの遜色はあまりない

USBメモリとSDHC対応で
MP3等のオーディオデータ以外にも
WMVやMPEG4、AVIの動画再生可能という点が
気に入った

地デジもフルセグで綺麗

取付は今回も自分でした
というか今までのナビを外して付けるだけだが
アナログのプリントアンテナの除去にてこずり
結局半日かかった(^_^;)

AV環境が充実して満足のいくナビだ
しかし前の登録地点データが反映できないので
釣り場のポイントを入れなおしだぁ(>_<)

シャロムの森釣行4(L3)

平成23年10月29日(土)

シャロムの森(L3、L4)(水温:9℃)

前回Rが渇水気味だったので
Lに入った
当方は前日まで体調不良だったので
傾斜のきつくないL3から入った
(師匠きついL4やらせてごめんなさい)

オーナの話ではM区間は既に産卵が終了しているという
L3に入ってやっぱりまだペアリングの最中だ
平瀬に出ているが2匹一緒
フライを流しても見向きもしない
#18のミッジ系を流しても同様で
魚によってはフライを見ると逃げる始末

L3とL4の中間点付近から反応し始めて
yamame2011-52

yamame2011-53

yamame2011-54

yamame2011-55

15~18Cmの産卵に参加しないヤマメがヒットした
ただもうサビが出始め
黒くなってきている

L4の入り口で退渓すると
師匠も道を下ってきた
L4は高巻きが多く
途中までで退渓したそうな

午後は当方は師匠が退渓したL4の途中から
L4とL5の中間点まで
師匠はL5の中間点から上流を目指した

L4は100mも残っていなく
魚の反応は無かった
L5に入って
iwana2011-44
ぷくぷくに太って腹に卵を抱いたイワナがヒット
イワナはまだペアリングが始まっていないようだ

L4とL5の中間点付近で
iwana2011-45
8寸イワナが出たが
2匹並んでフライを追いかけてきたから
ペアリングが始まっているようだ

退渓し車で師匠を迎えに行くが
まだ釣りの最中

当方L6(らしき橋)から入ってみたが
ちょろちょろの水量で釣りにならず
ここで納竿とした

師匠も傾斜のきついL5に閉口
やはりL5は中年にはきつい!!!

久々の足尾

平成23年6月8日(水)

足尾M沢(水温:10.5℃)
GWの4月29日に師匠と来たが、その時は水温5℃と低く
ドライでは釣りにならなかった

今回リベンジでM沢へ

師匠は下流部から当方は前回同様上流部から

車を停め橋下から入渓
すると橋の橋脚でいきなりゲット!!
yamame2011-16
20Cmの型のいいヤマメだ

なんと続けざまに次の段で
yamame2011-17
16Cmのヤマメ

更にその上で
肩でフッキングしたがバレタ

その後しばらくは反応が無く
退渓点の中間まできた

小さなバイトでフッキングしたがバレタ
するとその場でヤマメらしき魚体がクネクネし
銀色に光ってる
鉤は外れているのに何の動作なんだろう?
結構こういう状況を何度か目にしている

その後久々に
yamame2011-18
18Cmのヤマメ

川の傾斜が強くなり山岳渓流の趣きになり始め
落ち込みの淀みを漂わせると
iwana2011-08
18Cmのイワナだ

時計を見ると
師匠との集合時間が近い

やむなく竿を出さずに
退渓点へ向かった

すると小プールや落ち込みで
魚影が走る

こんなに居るなら竿出そうかとも考えたが
師匠を待たせるのも悪い

ざっと10匹ほどの魚影を確認した
次回また入りたいな・・・・

--------------------------
昼食後川を移動

内篭川(水温:11.0℃)
いつもの入渓点から上流を目指した
uchinokomorigawa
しかし殆ど反応がない

唯一ゲットしたのが
yamame2011-19
20Cmのヤマメ

その後チビッコがチョッカイを出しただけで
全く反応無く退渓

今日はかなりの距離を釣り上がって腰が痛い・・・

今回のバラシ率は5(ネットイン):2(バラシ)で
バラシ病も治ったかな・・・?

防水デジカメ

先日防水デジカメを衝動買いしてしまった。

以前釣行に持ち歩いていたカメラが
防水ではないので
川に入るたび不安で・・
(昨年川で滑ったら、水しぶきを浴びた程度なのに
携帯電話が壊れてしまった)

そのため防水デジカメを物色していた
Amazonと家電量販店とで価格を確認したが
Amazonの方が安い
初売りで店頭を見ても
目玉商品には防水カメラはならないので
価格に変化は無かった
そこで衝動買い
camera1
OLYMPUS μTough6010

取説を見て驚いた
使用後のお手入れの項目に
水道の蛇口の下でバシャバシャしている
イラストがあった
防水だから当然だろうけど
その取説のおかげで安心した

デジカメもこれで4代目

camera4
初代 OLYMPUS C-900(10ん年前購入)

camera3
2代目 OLYMPUS X2(6年前購入)

camera2
3代目 OLYMPUS μ7000(昨年購入)

X2は露出優先やシャッター優先など
一眼レフなみの機能を持っているのだが
やや重いのと、ズーム時少々ハレーションが
出るようになったので、昨年μ7000を購入した

でもμ7000を川に持って行くのは怖いし
携帯のカメラではいい写真撮れないし
で・・防水となった次第


風邪でダウン

金曜日から風邪でダウン

インフルエンザでは無かったものの
微熱がなかなか下がらない

今日師匠はシャロムの森へ独りで行った

病床の当方を置いてきぼりにして・・・

何と山女15匹 岩魚1匹だってさ

嗚呼早く治して行きたいよぉ

-----------------
今日少し調子良くなったので
ブログをリニューアルした

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

やっぱり増水(矢寄川)

平成21年8月7日(金)
矢寄川(水温:計り忘れ)

まだまだ、増水引きいらない
田沢上流に釣行したが全く反応が無く
以前良い思いをしたポイントに下ってみたが
やはり反応が無い

そこで以前より考えていた矢寄川に入った
ここも増水気味だったが
何とか釣行はできた

しかし全く反応が無く
唯一手にしたのは18Cmの山女1匹のみ
yamame26

ノロウィルス

日曜日絵の講座の最中
吐き気がしてきた
急ぎ家に戻って横になった
吐き気は何とか我慢できたが
激しい寒気に襲われた
布団にもぐり2時間ほど意識が遠のいた

吐き気は収まったが胃がピクピク怯えている感じ
夕食など口にできない
更に寒気が・・計ると38℃
平熱が36.1℃の自分には2℃も高い

頭くらくら意識遠のく

胃が怯えている状態では薬も飲めず
布団を1枚余分に掛けて
待つこと2時間・・
汗だくになり、下着を取り替え、体を拭いて

そのまま朝まで意識遠のく

朝計ったら36.6℃  やや微熱
朝一で病院に駆け込む
「金曜日頃牡蠣とか貝食べました?」
一瞬考えた
「・・・食べました」
「ミル貝を殻付きのまま買ってきて裁いて刺身で・・」
「ノロウィルスですね 潜伏期間は2日・・ぴったりですね」

もう2度と貝は食わん

来生は良かった

来生たかおアコースティックコンサートに行ってきた
kisugi


髪は白髪になったけど
あの美声は健在だった
年輪を経て歌にも更に味わいが増した感じだった
第1部のピアノ弾き語りのバラードは
背筋に稲妻が走るほど良かった

またまた来生サウンドに惚れ込んでしまった

禁煙日記8日目

いつのまにか1週間経っていた
仕事していると忙しくてタバコのことなど
全く忘れてしまっている
でも帰宅してほっとして夕飯までの時間に
悪魔は囁いてくる
でも今日も乗り越えた

昨日トレーニングジムで汗をかいた
滝のような汗をかくとタバコなんぞ
全く頭にない
体を常に動かしていれば禁煙って簡単かも

禁煙日記5日目

今日はいろいろあって
タバコが無性に欲しかった
まだイライラ解消しないけど
ニコレットかんで我慢した

禁煙日記4日目

吸いたい衝動に酒のんだらかられてるけど
なんとか・・・我慢・・・じゃない・・
タバコは体に悪いもので、それをもう体内に
入れずにすむことはすばらしいことなんだ
(・・と本あった・・)

禁煙日記2日目

禁煙も2日目
昨日より今日の方が辛い
やたら頭にタバコがよぎる

病院で処方された禁煙パッチについて
今回30mmのニコチン含有量の直径6Cmのパッチ
これを2週間分処方された
2週間後診察を受け同じものをさらに2週間処方される
2週間たつと20mmのものを4週間処方され
その後10mmのものを4週間処方されるものだ

患者の状態によって保険対象からはずれる場合がある
最初に問診10問を行い5問以上に該当する場合は
保険対象となる
(今回診察料込みで3300円ほどだった)

今まで失敗したけど今回保険適用とはいえ
医療費という金を支払っているから
安易に吸って元に戻ったら
支払った医療費がもったいないので
安易に喫煙に戻れないだろうという打算的な
発想もあって禁煙治療にのぞんだという本音もある

問診後血中二酸化炭素濃度を測定した
(30秒間機械に息を吹き込み続けるんだけど結構きつい)
濃度の高いレッドゾーンだった

医師の言うには軽いタバコの方が深く吸うため
二酸化炭素濃度は高くなりがちだという
さらに、軽いタバコはフィルターから空気が入りやすくなっていて
薄まっているからニコチン・タールの含有量は低いのであって
ニコチン・タールを体内に吸い込む量は
軽いタバコでもピースでも変わらないのだという

さらに発ガン性物質はニコチンやタールではなく
タバコの香料だという
軽いタバコでも香料の量は変わらないのだから
発ガン性物質の摂取量は同じだという

**********************

不思議な状況がある
空腹だとやたらタバコがちらつくが
食事をした後はタバコの存在を忘れてる

今日は空腹時昨日購入したダイエットビスケットを
口にしたら気持ちが収まった

禁煙日記1日目

しばらく禁煙日記をつける

昨日病院に行って禁煙治療を受けてきた
何と体内二酸化炭素量が凄く高い
軽いタバコにしていたのに・・・・

病院で禁煙パッチ2週間分を処方され
今朝から禁煙実行

イメージに喫煙してリラックスしている自分が
見えたけど
禁断症状は現れなかった

口寂しさを補うため
仕事中外出時に薬局へ行き
ダイエットビスケットを購入
胃に何か入っているとタバコの発想がない

スタートしてちょうど24時間
今回は達成するぞ

高崎祭りの花火

呑み仲間の一人が、花火打ち上げ場所の真ん前のマンションに
独り暮らししているので、姫と押しかけ
ビール片手に目の前に繰り広げられる
花火のイリュージョンを満喫した

スターマインが上がるたび、あの大きな音が
前立腺に響く感じが堪らなかった
皆は「変な奴」と白い目で見ていたけど
そう感じたんだもん

連発で上げられる花火は、まさに万華鏡
煌びやかな輝きに、思わず吸い込まれそうで
マンションの屋上から落ちそうになった(ウソ)

最後の締めくくりは白い光で
あたり一面を昼間のように照らす輝きは
圧巻だった

また来年も彼のマンションへ押しかけよう
だから結婚しないようにね

岩盤浴

このところ日帰り温泉の岩盤浴にはまっている
熱い岩盤の床に寝そべるものだが
サウナと違って骨の髄から暖まる
当方は前立腺がやや病んでいるため
この岩盤浴をすると
前立腺の痛みが瞬時に消える

左足の捻挫の後も
普段じゅくじゅく痛むのだが
これも全く消え去る

汗は滝のように流れ
今日入浴前と入浴後では0.5Kg体重が
減っていた

浜省のチケットとれなかった・・・

10時から2台の携帯を駆使して
チケットセンターにかけたけど
全くつながらず
最後つながったかと思ったら
「本日予定数を完売いたしました」だとさ
絶対とれないのかなぁ

せっかくの海の日なのに

20060717095915
せっかくの休日がこの雨でどこにも出られない。
絵の題材探しに行こうと思ったのに~

初めてのブログ

初めてブログなるものを立ち上げてみたが
日頃感じた絵に関すること徒然なる事を
書きつづるのかなぁ~
FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索