恒例お泊り釣行 in 片品 & 薄根

平成29年5月18日~19日(木・金)

***18日***
片品川支流笠科川(水温:4℃)

師匠と恒例のお泊り釣行

目指す笠科川は5/26迄坤六峠が通行止めがのため
津奈木橋迄しか行けない

7時半過ぎ津奈木橋に到着して驚いた
道路には雪はないが
川辺は雪だらけ

橋から津奈木沢を見ると
20170518-001.jpg
ミズバショウが咲いている

笠科川へ降りるルートも雪
「じゃぁ津奈木沢をやってみる?」
二人して雪道をウェーディングシュズで
トレッキングを始める
1つ目の堰堤を過ぎ川に近づくと
直ぐ上にも堰堤が見える
歩きながら3つ目の堰堤も確認できたので
3つ目の堰堤上の川岸に近づくと
更にその上にも堰堤
「疲れるから止めよう」
「賛成」

県道に戻り
笠科川へ降りた
20170518-002.jpg
案の定川岸は雪で閉ざされ
川は激流
「これじゃぁ入ったら流されちゃう」
生命の危機を感じたので
入渓は諦めた
一応水温を測ると4℃
こりゃぁ厳しい温度だ

さてどうする
来る時下流部も激流で
入ったら流される勢い

すると師匠が
「ネットにO沢の事が書いてあったから
行ってみよう」

******************
片品川支流O沢(水温:9℃)

国道を南下し途中を左折
地図では途中までしか道路は書いてない

すると地図にない道が川方向に降りている
師匠のパワフルなジムニーで未舗装の道を進むと
川に着いた
降りてみると目の前に堰堤

しかし雨が強くなってきた
やむなくレインウェアを着た
するとランディングネットが邪魔
仕方なくランディングネットは置いていくことに

堰堤は簡単に高巻きできた

入渓してみると
20170518-003.jpg
いい感じの渓相だ

最初のポイントで走られた
「魚影は確認できたね」と照れ笑い
でも確かに生体反応は有ったわけだから
このまま釣り上がることに

すると師匠が
20170518-004.jpg
8寸岩魚をゲット

その先で
当方も20Cmの岩魚をゲット
しかしネットが無いので
師匠のお写真を待っていたら
ポトっと落ちてしまった

250m程釣り上がり
20170518-005.jpg
16Cmヤマメ
先ほど写真が撮れなかったので
写真を撮る前にリリースされないよう
水から少し離れた砂地にランディング

フックが外れてしまったので
師匠のお写真は
20170518-006.jpg
手の平で

すると何か臭い
以前の畜舎の臭いではなく
ドブ臭い

するとみるみるうちに
白く濁ってきた
20170518-007.jpg
どこぞの雑排水が流れ込んだのか・・・

臭くてたまらない

上流の橋まで100mほどだが退渓

橋へ通じる道が直ぐ上に見えているが
その道を行くと大きく迂回することになるので
川をそのまま下った

1時間半ほどの釣行だったので
時計はまだ11時

「どうする・・雨はまだ止まないし」
当方がスマホで雨雲レーダーを確認
「川場側は雨雲掛かってないよ」

今夜のお泊りは花咲なので
花咲からトンネル越えれば川場だ
川場に向かった

******************

薄根川上流部(水温:8℃)

峠を降りて来ると
いつも先行者の車がある避難帯に車が無い

さっそく車を駐め
川を覗いてみる

笠科川ほどではないが
やはり増水している
「生命の危険はそこそこだね」
「やってみる?」
「ポイントは完全には潰れていないから
緩い場所狙えば釣りになるかも」

さっそく入渓
川に入ろうとすると
目の前の岸側に緩い流れ
一応流しておこう

第一投のフライを流すと
いきなりヒット
20170518-009.jpg

20170518-010.jpg
20Cmの岩魚だ

ここから釣り上がる
20170518-008.jpg

30分ほど釣り上がり
岩のエグレから
20170518-011.jpg
8寸岩魚を師匠がゲット


岸には
20170518-012.jpg
タチツボスミレが咲いている
まだ春が遅い

すると師匠が
20170518-013.jpg
15Cmほどのヤマメをゲット

当方もセオリー通りのヤマメの流れから
20170518-014.jpg

20170518-015.jpg
18Cmのヤマメをゲット

ここはやや平坦になり流れが穏やか

すると再び師匠がゲット
20170518-016.jpg

当方も負けじと
20170518-017.jpg
18Cmのヤマメ

ネットに入れて撮ろうとしたら
ポロ・・・
師匠にお写真撮ってもらって良かった^^;

川場谷合流部まで釣り上がる
本流は水量が落ち着いているので
やりたかったが渡渉したら生命が危険

川場谷方面へ進むが
更に激しい状況なので
ここで退渓

時計は3時

このままキチンと昼食取ると
夕食が食べられなくなるので
オニギリ1個ほおばって
トンネルに引き返した

今夜のお宿
20170518-018.jpg
山喜荘
外装がきれいになってる

ここは2年ぶり
昨年も予約を入れたが
「農業体験の生徒さんたちで貸し切りです」と
断られてしまった

直ぐに源泉かけ流しの風呂に飛び込む

早朝に津奈木沢をやろうと
トレッキングしたのが
足にきている
20分ほど浸かると
もう汗が

部屋から野菜の仕分けをしている
女将さんが見えた

夕食の時
「夕方野菜の仕分けしてたみたいだけど
今は何が採れるんですか?」
「野菜じゃないよ
山菜採ってきたんだ
コゴミとアエゴ(当方にはそう聞こえた)
朝食に出してあげるよ」

***19日***
薄根川支流H川(水温:8℃)

いつも朝食は7時だが
今回は少し早めの6時半にしてもらった
20170519-001.jpg

20170519-002.jpg
左からアエゴの漬物、葉わさび、アエゴ炒め
ネットで調べたら秋田で「アイコ」
「ミヤマイラクサ」のことらしい
群馬では「アエゴ」で良いのかな?

20170519-003.jpg
こちらはコゴミの胡麻和え

実は昨晩
フキの味噌漬けを出してもらった
地味噌で漬けてあるので
何とも美味しかった

7時に宿を出発

ネットで国土交通省の「雨量水位情報」を確認
すると平水時より低め
おかしい・・この時期減水は無いはず

走っているとそこら中で田んぼの準備
観測所上流部に農業用水取水口があるので
観測所付近は減水

取水口の上流部は結構流れが強い

1時間ほどで入渓ポイントに到着

川を覗き込むと
20170519-004.jpg
昨日の薄根川に匹敵する増水状態
しかし川幅が狭いので
生命の危機はギリギリ

釣り始めて直ぐに
師匠が
20170519-005.jpg
良型をゲット
8寸あるかな?

流れが速すぎて
瀬には到底流せない
落ち込みの巻き返しや
岸の岩のタルミを攻めると
20170519-006.jpg

20170519-007.jpg
18Cmの岩魚

師匠にお写真撮ってもらった後
直ぐ横のタルミに落としたら
20170519-009.jpg

20170519-010.jpg
20Cmの岩魚

師匠は当方のお写真撮った後
直ぐ横のタルミで
20170519-008.jpg
7寸

ここは魚影が濃い

その上の段でも
20170519-011.jpg

20170519-012.jpg
20Cmの岩魚

休憩していると
足元に
20170519-013.jpg
ヤマエンゴグサ

20170519-014.jpg
ネコノメソウ

休憩後
師匠は快調
20170519-015.jpg

当方は
20170519-016.jpg
チビッコ

終盤に来て
20170519-017.jpg
20Cm岩魚

ネットに入れて撮ろうと思ったら
ポトリ・・・

ラストも師匠が
20170519-018.jpg

3時間ほど釣り上がり
堰堤で退渓



帰り道に酒蔵の永井酒造がある
近所で仲々入手できない酒
「水芭蕉 純米吟醸」が欲しく
20170519-020.jpg

ここなら製造元だから
確実においてあるはず

師匠に寄ってもらってゲット
店の女の子に
「置いてある酒屋教えて」と言ったら
特約店リストをくれた
何と家のそばの駅前に有るではないか

「水芭蕉」をゲットできたので
るんるん気分で帰路に

帰りには当然
どさんこラーメンで
20170519-019.jpg
味噌ラーメンと餃子でした

今回の釣行初日の午前が雨だったが
その後はレインウェア無しの釣行が出来た
新たなO沢も体験

仲々充実した釣行でした
スポンサーサイト

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

増水してベスト水位の足尾

平成29年5月14日(日)

足尾漁協管内M沢(水温:10℃)

前日の土曜日は一日雨だったので
日曜日に釣行した

当初根利釣行を計画したが
前日の雨で増水しているだろう

そこで前回減水気味だったM沢上流部を目指した
ここなら増水して丁度良いだろうと

20170514-001.jpg
現地に到着してみると
案の定増水して、水位はベスト

入渓して直ぐに
20170514-002.jpg
20Cmの岩魚

残念ながら師匠はやや下流に居たので
お写真は撮ってもらえなかった

増水して深さが増し
魚の警戒心は薄らいでいる

師匠も
20170514-003.jpg
20Cm岩魚

20170514-004.jpg
25Cmヤマメと快調だ

いつも師匠が釣り上げる
プールの真ん中に倒木のあるポイント
「ここやってみたら」と言われ
まずプールの肩から攻めた
すると第一投で肩から50Cmほどの水面から
20170514-005.jpg

20170514-006.jpg
20Cmの岩魚

川が二股に分かれ
段差のあるエリアに
すると師匠にヒット
20170514-007.jpg
快調にヤマメだ

当方ヤマメ釣れてない^^;

すると
久々にヒット!!
ヤマメか?
20170514-008.jpg

20170514-009.jpg
またまた20Cmの岩魚

写真を取ろうとしたら
「あっネットが無い」
「落としたの?」
「イヤ、フックが有るから落としたんじゃない
多分さっき釣った場所に忘れてきたんだ」

退渓ポイントまで100mほどあったが
師匠も付き合って林道ではなく
川沿いを下ってくれた

するとプールの真ん中に倒木のあるポイントの傍らに
ネットが有った

良かった!!

翌日は仕事なので
まだ11時だったが昼食食べて帰路に着いた


******************
早めに帰宅したので

Clorets MINT TABを携帯灰皿にするので
師匠とお揃いに革ケースを作った
20170514-010.jpg
まぁまぁの出来かな?^^;

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

GW 若葉芽吹いた足尾釣行

平成29年5月5日(金)

足尾漁協管内M沢(水温:8℃)

GWも終盤
前日西上州の烏帽子岳に登り
大腿四頭筋が痛むので
師匠に段差の少ない川が良いとお願いした
「じゃぁM沢上流部にしよう」

ところがM沢を横目に車で登っていると
先週よりも更に減水気味
「前にやった時結構減水していたから
上流部は釣りにならないんじゃないかな」

そこで当方は大きな段差を巻く事にし
いつもの中流部に入った
20170505-001.jpg
やはり先週よりも水が少ない

そんな状況なので
瀬に魚影は確認できない

いつも魚影は確認できるが
釣れたことのないプール
やはり魚影も確認できない

するとその上の淀みで
師匠に出たがバレた
いつもの魚か?


当方が極小の落ち込みの泡にフライを落とすと
20170505-002.jpg

20170505-003.jpg

20Cmの岩魚だ

師匠もヒット
20170505-004.jpg
可愛いけど

その後当方も可愛いのが
20170505-005.jpg

大きな段差では師匠に任せ
当方は大きく巻きながら釣り上がった

山と違い内ももが少し痛む

師匠は次々と釣果を上げる
20170505-006.jpg

20170505-007-2.jpg

やはり極小の落ち込みから
20170505-008.jpg
16Cm

その上の段も連続して
20170505-010.jpg
18Cmの岩魚


前回退渓した中盤で
20170505-009.jpg

20170505-011.jpg
20Cmの岩魚

今回7寸越えが出ない
先週は結構出たのに
ここはC&R区間なのに
GWに餌釣り師が入って
抜かれたんだろう

釣り上がって4時間を過ぎた
当方昨日の疲れが出て
集中力が欠け始めた

しかし師匠は快調に釣果を伸ばす
20170505-012.jpg

20170505-013.jpg

最後にやっと7寸越えが出た
20170505-014.jpg


退渓ポイントまで100m地点で
先行者の姿が

途中割り込んだみたいだ

疲れもあるし
大きさは小振りだが
そこそこ釣れたので
途中退渓した

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

何とかアカヤシオに間に合った 西上州 烏帽子岳~シラケ山

平成29年5月4日(木)

烏帽子岳・シラケ山(南牧村・上野村)
20170504-055.jpg

烏帽子岳駐車場(7:53)-奥の二股(8:45)-烏帽子岳コル(9:07)-烏帽子岳山頂(9:15/9:34)-
烏帽子岳コル(9:39)-マル分岐(9:46)-岩稜ルート分岐(9:51)-<岩稜ルート>-
シラケ山(10:56/11:00)-<巻道ルート>-岩稜ルート分岐(11:30)-マル分岐(11:33)-
マル山頂(11:38/12:25)-奥の二股への降下点(12:31)-奥の二股(12:43)-烏帽子岳駐車場(13:29)

20170504-001-2.jpg
[この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである]
※危険マークは当方が危険と感じたところ

GWに入って山の師匠Sさんから
「烏帽子岳でアカヤシオ見頃だって言うから登ろう」と
お誘いを受けた

ただネットを調べると
4月29日の山行でアカヤシオが見頃とあった
「えっ大丈夫かな?」

師匠の家を6時半に出発
一般道を走り続け
1時間15分で到着
ただ・・・・駐車場には当方の車だけ

装備を整えていると
大仁田ダムから単独で登ってきた女性が
追い抜いていった

10分ほどで装備整え出発
20170504-002.jpg

登り始めは沢沿い
20170504-003.jpg

二人して
「ここ岩魚居そうだな」
「居てもおかしくない渓相だね」

しかし魚影は確認できない
居たとしてもこの落差は
さすがの岩魚も遡上できないだろう

沢沿いのルートを登り30分ほどで
最初のロープ場に到着
20170504-004.jpg
3mほどの高さなので
ロープ無しでも登れる

途中見上げると
斜面にアカヤシオが咲いている
20170504-004-2.jpg
「ここで咲いているんだから、山頂はもう終わっているのでは」

ブツブツ言いながら
水無川のがれ場を更に20分ほど登ると
ザレ場の斜面に奥の二股がある
直進するとマルのコルになる
しかしここには道標が無い
注意してみると左側にリボンがある
ここを左折
すると下山時には見える方向に道標が・・
反対側に付いていたほうが良いんだけど
20170504-005.jpg

ここから更にザレ場の傾斜がキツくなる
10分ほどで
多連ロープ場のお出ましだ
20170504-006.jpg
最初のロープをクリアし登り続ける

更に傾斜はキツくなる
足元も滑るので
ロープが無いと登れない
20170504-007-2.jpg

コルが見えてきたが
まだまだロープのお世話にならないと登れない
20170504-008.jpg

最後のロープのお世話になって
20170504-009.jpg

登り始めて1時間15分ほどで
20170504-010.jpg
烏帽子岳のコルに到着

まだアカヤシオは咲いている!!
20170504-011.jpg
散り始めてはいるけれど
充分楽しめる
「良かったね咲いてて」
「嘘にならずに済んだ」

アカヤシオが咲いているのを確認した後
登ってきた道を覗き込む
昨年マルから奥の二股への下りが
ザレ場の急斜面で難儀したため
今回は往路と同じこの烏帽子岳コルから下る計画をしたのだが
「やめよ、ここ下るのは、まだマル側のジグザクザレ場の方がまし」
師匠が提案した
「マル側の下り嫌だって言ったのに」

当初はこのままマルの巻道に向かう予定だったが
復路はここを通らないので
予定変更し
往路で烏帽子岳山頂を目指す

山頂までの標高差は大してないのだが
ザレ場の垂直な急登なので
20170504-012.jpg
ロープのお世話にならないと登れない

3つほどロープのお世話になり

20170504-013.jpg
烏帽子岳登頂
登り始めて1時間20分ほど

すると朝駐車場で追い抜いていった
単独の女性が登頂していた

女性は朝三ツ岩登ってここに来たので
今日はこのまま下山だという

挨拶すませ、まずは
烏帽子岳の神様にお参りする
今日も無事に山に登れたことの感謝を祈る
20170504-014.jpg

山頂からの展望
20170504-015.jpg
以前購入した
スマホカメラへの広角レンズのアタッチメントを装着し撮影

こちらはコンデジでのパノラマ
20170504-p001.jpg

北西に視線を移すと
20170504-016.jpg
白馬から鹿島槍までが見える
(山並みの後ろの白い峰が北アルプス)

この後岩稜ルートの山行が待っているので
山頂での展望をそこそこにコルへ下山
20170504-017.jpg
下りは結構怖い

マルの巻道を通って
20170504-018.jpg

7分ほどでマル分岐
20170504-019.jpg

ここから痩せ尾根を通って
20170504-020.jpg
巻道ルート(横道ルート)と岩稜ルートとの分岐
20170504-021.jpg

昨年は直進したが
今回は左折し下る
20170504-022.jpg

下るとピーク7への取り付き
20170504-023.jpg
しかしピークへの道とそのまま進む踏み跡がある
ピークやったら戻って踏み跡を行くんだなと思った

岩場を登りピーク手前で
「次のピーク目指そう」と降りたら
後ろから来た登山者が
「もうシラケ山から岩稜ルート終わったの?早いね」と言われた
「イエここ降りて次のピーク6目指すんです」というと
「ピーク6はピーク7の先だよ」
「でもそこに踏み跡が」
「こんなの行ったら遭難しちゃうよ」
あやうく迷うところだった

ちゃんとピークまで行っていれば判ったのに

降りてきた岩場を再度登って
20170504-024.jpg
最初のピーク7
左にマルと右に烏帽子岳が見える

ここからだと烏帽子岳の山頂にいる人が見える
20170504-025.jpg

この先あと6つのピークを越え
シラケ山まで進む
20170504-026.jpg

結構アップダウンが続く
「山と高原地図」でシラケ山まで
巻道は25分
岩稜ルートは1時間50分というのが
頷ける

この岩稜ルートは整備されていないので
岩場で踏み外せば100m近く滑落する
20170504-028.jpg

ピーク6を目指し下山
20170504-027.jpg

ピーク6ピーク5と続く
20170504-029.jpg

途中迷ったせいも有るが分岐から
30分でピーク5に到着
20170504-030.jpg

ピーク6と7とその先にマルが見える
20170504-031.jpg

岩稜ルートは登りも下りも
未整備の岩場が立ちはだかる
20170504-032.jpg

ピーク1の手前に道標
真っ直ぐ行けば天狗岩とあるが・・・・?
20170504-033.jpg

まだピーク1をやっていないので
斜面を登る

シラケ山山頂手前で後ろを振り返ると
20170504-034.jpg
ピーク7の向こうに烏帽子岳が見える

岩稜ルート分岐から
1時間5分でシラケ山到着
20170504-035.jpg
山頂は狭く
既に昼食を食べている人もいるので
「下山してマル分岐辺りで昼食にしよう」

シラケ山から下山開始
20170504-036.jpg

降りてくると
昨年巻道から登った分岐だ
20170504-037.jpg

このまま巻道を歩く
シラケ山からだと
緩やかな下りになるので
楽々歩ける
20170504-038.jpg

30分ほどで
岩稜ルート分岐に戻ってきた
20170504-039.jpg

その後痩せ尾根を通って
マル分岐
20170504-040.jpg

ただ目の前にマルの斜面がある
「昼食後いきなり登るのは嫌だから
このままマルの山頂まで行って昼食にしよう」

重い足を引きずり
5分で山頂
20170504-042.jpg
もうヘトヘト

山頂の木々の間から
烏帽子岳山頂で昼食食べている人が見える
20170504-041.jpg

昼食時足を伸ばしてストレッチ
当方だけが大腿四頭筋痛いのかと思いきや
師匠のSさんも痛いという

結構岩稜ルートはヘビーだった

昼食を済ませ
下山開始
5分ほどで
奥の二股への降下点
20170504-043.jpg

覗き込むと急傾斜
20170504-045.jpg
ただ昨年このザレ場を降りているので
経験有るが、心して下山開始

ザレ場の降下は痛い大腿四頭筋に
更なる追い打ちをかける
師匠も踏ん張りきれずザレ場で滑る

何処かで休憩しないと転倒しそうだ
丁度標高的に半分で、沢を渡渉した場所で休憩
流れる清水で顔を洗い
足を伸ばしてストレッチ
10分ほど休憩し下山開始

マルから1時間で登山口に帰還
20170504-046.jpg

当方も師匠もヘトヘト
20170504-047.jpg

いやぁ無事下山できて良かった!!

昨年はシラケ山往復を巻道でやったので
ハイキング気分で
下山時も全くダメージ無かったのが記憶にあり
ちょっと岩稜ルートを甘く見ていた


******************
今回出会った花
20170504-048.jpg
ハシリドコロ(ピンぼけ)

20170504-049.jpg
コガネネコノメソウ

20170504-050.jpg
ニッコウネコノメソウ(お初です)
ネコノメソウに似てるけど何の花か、なかなか判らなかった

20170504-052.jpg
エイザンスミレ

20170504-053.jpg
ワチガイソウ

20170504-054.jpg
ミヤマハコベ

theme : 登山
genre : スポーツ

GWスタート 足尾釣行

平成29年4月29日(土)

足尾漁協管内M沢(水温:7℃)

いよいよGWがスタート
まずは師匠と足尾釣行を計画

しかし天気予報では
足尾地域は午後1時から雨となっていた

いつもより1時間早出し
雨が降る前に早上がりとした

いつもの車を駐めた場所から下流へ移動し
滝の上から入った

入渓してみると
やや減水気味

増水と違いポイントは潰されていないが
魚がシビアになる
20170429-001.jpg

釣り始めて広めのプール
魚影が確認できた
フライを落とすと
す~っと寄ってきてパク!!
20170429-002.jpg

20170429-003.jpg
7寸岩魚だ

師匠は2度バラしている
出方からみると
20Cm越えな感じ

続いて
淀みの泡の中をしつこく攻めていたら
20170429-004-2.jpg

20170429-005.jpg
8寸岩魚が出た!!

師匠にも反応が
20170429-006.jpg
8寸岩魚だ

下流域を半道中過ぎた
落ち込みで
表面は荒れているが
深さも有るので
フライを入れてみると
20170429-007.jpg

20170429-008.jpg
20Cmのヤマメだ

師匠もヤマメを釣った
20170429-009.jpg
ちょっと可愛いが・・・^^;

いつもの入渓ポイントが近づいてきた
小プールの開きから
20170429-010.jpg

20170429-011.jpg
7寸ヤマメが出た

もういつもの入渓ポイントが見える地点

小プールに18Cmほどの魚影が見える
しかし当方に気づいたか流れの中に消えた
それでも・・と思い
フライを流してみる
20170429-012.jpg

20170429-013.jpg
8寸ヤマメだ
先ほど走った魚影ではなかった

この下流域は良いサイズが多い


いつもの入渓ポイント付近は
相変わらず無反応

いつも魚影は確認できるが
釣れたことのないプールに
今回も魚影が確認できた

しかしフライを落としただけで走った!!
かなりシビアだ

釣り上がり
大場所のプール
かなりの深さがあるが
当方魚影も確認したことが無い
師匠は過去に16Cmほどの岩魚を
岸際で釣ったことがあるが
その1回だけという

師匠が「ちょうちん釣りで底やってみて」
そこで
20170422-011.jpg
リーダーに矢羽根目印
今回は2号とBのガン玉持っていったので
2号のガン玉
先端はプラスチックビーズのニンフ

暗く深くなっているポイントを何度も攻めるが
全く反応なし
やはり居ないんだ

大プールを越え流れの縁を流す
手前の石でフライが見えなくなった
流し直そうとピックアップすると
20170429-014.jpg

20170429-015.jpg
20Cmの岩魚が釣れていた^^;

プールに魚影が見える
フライを流す
しかしリーダーが左側の倒木の枝に掛かり
あと1Cmでヤマメが咥えるとこで
フライが止まってしまった
案の定ヤマメはプイっと走って逃げた

師匠はここに来て順調だ
20170429-016.jpg
7寸ヤマメ

20170429-017.jpg
8寸岩魚と釣果を伸ばした

当方は手前に岩のあるポイントで
岩陰でフライに出たものだから
慌てて合わせバラしてしまった

その次もやはり岩陰で出てバラしてしまった

疲れてくると集中力を欠き
立ち位置も考えずフライを流してしまう

修行が足らん!!

時計は12時近い5時間釣っている
空を見上げると黒雲が広がり始めている

いつもの釣行フィールドの中間点
「上がろう」と空を指差すと
黒雲を見た師匠は「了解」

昼食を終え車で沢を下っていると
ウィンドウにポツポツと雨粒が
「天気予報当たったね」
「もっと釣り上がったら前回のように
雨に追われて帰るとこだった」


そう言えば
今回師匠が変わった携帯灰皿を使っていた
20170429-018-2.jpg
クロレッツの缶だ
蓋はカチっと閉まるし
大きさも5X7Cmくらい
「欲しい!!」
帰りにセブンイレブン寄ったが置いてない
師匠に聞くと「ローソンだったかな?」
後でローソン行ってみよう

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

FC2カウンター
プロフィール

影丸

Author:影丸
中年オヤジがTrekkingとFlyFishingに没頭し
たまに水彩画を描いてます

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
Amazon